保育士の超基本!身だしなみについて

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s

みだしなみはどんな職業でも気をつけないといけないポイントです。特に人と接する機会が多い職業であれば好感がもてるみだしなみを心掛けなければいけませんね。「保育士は小さな子供相手の仕事だから、みだしなみはどうだっていい」なんて思っていませんか?小さな子供と接する時間が長いからこそ気をつけなければいけないみだしなみもあります。

そして、保護者が抱く保育士のイメージは、みだしなみの良し悪しによって左右されます。それでは、これだけは気をつけたいみだしなみのポイントについて御紹介しましょう。

顔まわりはスッキリ!

人の印象ってまずは顔ですよね。美人や美人ではないといった話ではなく、印象の良し悪しが大きなポイントなのです。保育士の場合、好感がもてる印象を心掛ける必要がありますので、まずは真っ先に目がいく顔まわりの印象を良くしたいものです。

前髪が顔に垂れている髪型はあまり良いイメージではありませんね。顔の半分が髪で隠れていると子供たちは怖いイメージをもってしまい、不安になります。顔まわりはできるだけスッキリとすることを心掛け、長い前髪の場合にはピンを留めましょう。前髪だけでなく、サイドの髪や後ろ髪も束ねておくのがよいですね。

保育士って髪を二つ分けにしてサイドでくくったり、三つ編みのおさげにすることが多いですよね。そこには園児をおんぶをした場合、髪が園児の顔にかからないようにといった配慮があります。束ねた髪にも園児への細やかな心遣いが感じられますね。

髪の色はナチュラル系

保育士は髪の色も気をつけたいところです。当たり前ですが金髪やパープル系の派手なカラーリングは避けるべきです。カラーリングがNGといった訳ではありませんので、色目に注意をする必要があります。できれば自然な髪の色に近いナチュラル系が好ましいですね。奇抜な色合いは園児を不安にさせたりする心配がありますので避けるべきです。

ネイルはNG

今やお洒落アイテムに欠かせないネイルですが、保育士は残念ながらNGです。長い爪をしていては保育に支障がありますし、何よりも園児にケガをさせてしまう危険があります。若い保育士さんならネイルに憧れる気持ちもわかりますが、ネイルをするなら休日だけと決め、仕事に取り組む姿勢が必要です。

服装には細心の注意を

保育士さんってよくジャージを着てますよね。子供と走りまわることも多く、保育士にとって動きやすい服装がベストであると思われます。そうなるとやはりジャージが最も適していますね。保育園によっては指定のポロシャツやエプロンがあり、保育士の服装が統一されている園も少なくありません。

服装は自由といった保育園も多く、その場合には毎日の服装には細心の注意を払わなければなりません。保育士の服装で気をつけたいポイントは、露出を控えることです。前が大きくあいたTシャツや極端に丈が短いTシャツはNGです。前かがみになったりすると胸元や背中が露出することになりますから、好ましくありません。子供相手の仕事だからと軽く考えるのではなく、常識を考えた服装を心掛けるべきです。保護者や周りの職員に嫌な目で見られるかもしれません。

また、異様なイラストが描かれているものも保育士の服装には適していません。そのイラストを見た園児が不安になったりするケースも想定されますから、服装選びはしっかりと行いたいものです。

まとめ

保育士のみだしなみで気をつけることは、保育への支障がないことに加え、印象を良くする点です。大切な子供を預ける保護者にとって保育士は安心の存在でいなければいけません。髪を真っ赤に染め、長いネイルをしている保育士に安心して子供を預けることができますか?胸が見えそうな奇抜な格好をしている保育士が子供と十分に遊んでくれるとは思えません。たとえ良い先生であっても、見た目の印象でかなり損をしてしまいます。

保護者だけでなく、園児も先生の格好をしっかりと見ていますよ。保育園で過ごす時間が長い園児にとって、保育士はお母さんの代わりです。不安になることなく、安心の存在でいたいものです。そのためにも子供からも好感がもてるみだしなみを心掛けたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動