アルバイトとは?保育士アルバイトのメリット・デメリット

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

空いた時間で働きたい人はアルバイトで保育士をするのが最適です。子育て中の空いた時間にアルバイトしたり、旦那や子供が会社や学校へ行っている隙間時間を活用したり出来るでしょう。

週の半分ほど働くだけで、月収10万以上は稼げるはずです。フルタイムで入れば、18万から22万程度を稼ぐことも可能です。生活するには厳しい収入ですが、旦那が働いているのであれば世帯収入は大幅にアップします。

アルバイトのメリットとデメリットを理解して、積極的に保育士の仕事を行ってみましょう。

保育士がアルバイトやパートで働くメリット

アルバイトのメリットは、時間を選べる点です。昼間の4時間だけ、夜勤だけを担当するなど、勤務時間をプライベートに合わせられます。一般的な保育園は夜間は子供を預かっていませんが、院内保育などでは夜勤があります。

夜勤であれば時給も高くなりますし、応募人員も少なくなるので狙い目です。週に3日だけ働くのもありですし、がっつり週に5日アルバイトをするのも良いでしょう。午前中だけの選択肢もあるので、最も働きやすい雇用形態です。

保育士としてのブランクが問題にならないのもメリットです。専門的な知識と資格が必要だと思われている保育士ですが、認可外保育園では資格が無い人も募集しています。デパートの託児所や学童保育などでは、保育士資格が無くても応募できる求人が出ています。そこへ保育士資格を持つ人が行けば、ものすごいプラス評価になるでしょう。ブランクがあることはマイナスにならないのです。

さらに、保育士のアルバイト情報は増加傾向にあるのもメリットです。共働きの家庭が増えた結果、子供を預ける保護者が増えているのです。託児所や小規模保育など様々な形態の保育所が誕生しており、アルバイト求人がたくさん出されています。求人情報を探せば良い求人に巡り会えるでしょう。

保育士がアルバイトやパートで働くデメリット

デメリットは給料が低いことです。これは都内か地方かでも変わって来ますが、時給は800円から1000円前後が相場になっています。昇給やボーナスも無いので、稼げる金額には限界があるでしょう。空いている時間に少し稼ぐ程度なら良いですが、アルバイトで生計を立てるのは厳しいと言わざるを得ません。

保育士資格を持っていない人が職場に居る場合もあるので、考え方がバラバラになりがちです。自分の子育て経験ですべてを語るため、一般的な保育知識を持っていない人も居るでしょう。そうした方針の違う人と一緒に働くことでストレスを感じる場合があります。保育の質が悪いこともあるので、アルバイト先はしっかりと下調べを行ってから応募してください。

保育士のアルバイトだからと言って、子供と触れ合えるとは限りません。部屋の掃除や事務仕事が中心になるかもしれませんし、オムツ交換などの人が嫌な仕事をすることもあるでしょう。子供と楽しく遊ぶだけの楽な仕事ではないのです。

そして、安定した雇用は約束されていません。小さい託児所などでは経営が傾いて閉鎖されることもありますし、いきなりクビになる場合もあります。安定して働き続けられる保証が無いのもデメリットになります。

好きな時間に働けるのがアルバイト

アルバイトを行う最大の理由は、好きな時間に働けるところでしょう。午前中だけ、午後だけ、特定の曜日だけ働くことが出来るので、時間を有効に使えます。その分、給料は下がってしまいますが、子供と触れ合う時間が多い保育士はとても楽しいものです。

近所に託児所などが無いか、ネットで調べてみるのをおすすめします。転職求人サイトでは、地域から求人情報を探して行くと見つけやすいでしょう。未経験でも保育士の仕事が出来るので、子供が好きな人はアルバイトで働いてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動