転職時にブラックな保育園を避ける方法!

6d21607cbb1d304068d540e343f87825_s

転職を行う際は誰しも職場の環境について不安になるのではないでしょうか?前の職場で不満だった点が、次の職場で改善されるのかは重要なポイントになります。転職した職場がさらに悪い環境だったら目も当てられない状況になってしまいます。

そこで、転職時にブラックな職場を見極める方法を知っておきましょう。危険な雰囲気を感じたら、どんなに甘い言葉を囁かれても断る勇気を持ってください。転職時は焦っていることもあり、すぐに就職を決めてしまいがちですが、つらい思いをしないためにも慎重になりましょう。

若い保育士が多いなら要注意

気になる保育園があったら、まずは勤務している保育士の人の年齢を見てみましょう。若い保育士が多い場合は警戒しなければなりません。なぜなら、若い保育士が多いイコール、ベテランの保育士が少ないと言うことになるからです。これは長期間勤務する人が少ない実情を意味しており、離職率の高さを証明しています。離職率が高いとしたら、職場環境や人間関係などで何かしらの問題を抱えている場合があるのです。3年以上勤めている人が少なかったり、年配の保育士が居なかったりしたら注意です。

ただし、保育園を開園したばかりと言う状況であれば例外になるので、そのようなケースでは気にしなくて良いでしょう。

保育士や不機嫌だったり、子供がつまらなそうなら要注意

転職の候補になっている保育園を実際に見てみるのはとても参考になります。雰囲気が分かるのもありますし、働くイメージを強めることは転職を行う活力を生むでしょう。その時にまず注目したいのが、保育士の雰囲気です。不機嫌そうに、疲れたように仕事していたら危険信号です。

慢性的に疲労が溜まっており、それが職場で隠せずに表れているのは非常に良くありません。険悪な人間関係になりがちですし、心に余裕が無い状態ではサポートも期待出来ないでしょう。逆に、保育士同士が笑顔で会話しており良好な関係を築いているようなら良い職場の可能性が高くなります。

子供の表情や態度にも注目してみましょう。元気な子供は誰に対しても、どこでも同じような態度なので、寂しそうにしている子供が居ないか探してみてください。一人ぼっちになっていたり、つまらなそうにしていたりする子供が何人も居るようなら、教育が行き届いていないのかもしれません。こうした情報を事前に知っておけば、転職を決意するのに役立ちます。

園長や保育士をまとめる人の態度が威圧的なら要注意

これは保育園を外から眺めるだけでは判断が難しくなります。そのため、これは実際に面接を受ける時にさりげなく確認するのが良いでしょう。もし、園長や保育士のリーダーが威圧的な言動をしたり、笑顔を見せなかったりするような人なら要注意です。このような態度を行う人が偉い立場に居ると、職場の雰囲気は悪くなっているでしょう。仕事にはある程度の厳しさも必要ですが、面接を受けに来た人に笑顔を見せないような人は危険です。

有無を言わさない言動にも注意しましょう。例えば、うちの保育士になったらこれをやってもらうから、と言うような決めつけ発言です。保育士の人を配慮する気持ちがあれば、命令するような口調にはならないでしょう。

職場の内部情報は転職エージェントが知っている

事前にブラックな職場かどうか見極めるのには限界があります。そこで活用したいのが転職求人サイトで利用できる転職エージェントです。転職エージェントは職場がどのような雰囲気なのか、残業時間がどれだけあるのかの情報を持っています。

紹介した人がすぐに離職すると転職エージェントに支払われる報酬が少なくなる場合があります。だからこそ、転職者にとって有益な情報を提供してくれるのです。様々な情報を得て、少しでも良い職場に転職できるように行動してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動