転職活動は働きながら?退職してから?各々のメリット・デメリット!

61a449ac7930e781d810debac441480b_s

転職をしようと考えた時、それをいつ始めるかが問題になります。保育士として働いている時に転職活動を開始するべきか、それとも退職してから行う方が良いか迷うでしょう。働きながら準備をしつつ、退職してから本格的に活動しようとする人も居ます。

活動時期に明確な意思があるのなら大丈夫ですが、何となくで行動しているなら危険です。転職活動を現職でするのと退職後にするのでは、メリットとデメリットが大きく違ってきます。どのような違いがあるのかをしっかりと把握しておきましょう。

現職時に転職活動するメリット

保育士の仕事をしながら転職活動を行っていると、ゆっくりと時間を掛けて転職先を探せるメリットがあります。少しでも良い職場を探すなら時間は多いに越したことはありません。

現職時に就職先が決まれば退職後の経済的な不安も解消されます。収入が途切れないのも大きなメリットになります。自分の都合で退職すると失業給付が開始されるまでに、待機期間が出来てしまいます。数ヶ月無収入の状態が続けば生活はかなり苦しくなるでしょう。そう言った不安を解消出来るのが現職時に転職活動を行うメリットなのです。

現職時に転職活動するデメリット

デメリットは退職日と入社日の調整になります。保育園であれば3月に辞めて4月に新しい職場に転職する流れがありますが、児童福祉施設であればいつ転職を行っても不思議ではありません。10月に退職予定なのに9月から来て欲しいと言われると困ってしまいます。面接時には就職可能な時期を明確に伝えておく必要があります。

また、現職の仕事を確実に辞められるかの確認も大切になってきます。いざ辞めようとしたら引き止められたり、後任が見つかるまで辞めるのは許さないと言われたり、トラブルになる危険があるのです。退職日と入社日の調整が難しいデメリットがあるので注意しましょう。下手するとせっかく決まった就職先から合格取り消しを言われてしまうかもしれません。

また、働きながら履歴書を作ったり面接対策したりするのは非常に大変です。転職活動は自分一人だけでやらずに、転職求人サイトや転職エージェントを有効に活用すると楽にできます。転職サイトを利用すれば、このデメリットはかなり改善出来るはずです。

退職してから転職活動するメリット

退職後であれば仕事は無いので落ち着いて転職活動を行えます。求人情報をじっくり探し、履歴書や面接対策にもたっぷりと時間を使えます。働きながら求人情報を探して応募し、面接を受けるのは非常に大変です。ですが、退職後であれば重たい負担にはならないでしょう。これが退職後に転職活動するメリットです。

また、資格修得の勉強をしたり、気持ちをリフレッシュさせたりする時間も取れるでしょう。キャリアアップを目指す人は資格修得後に転職活動する方が有利になります。

退職してから転職活動するデメリット

一番のデメリットは収入面です。貯金が十分にある人や実家暮らしの人なら致命的な問題にはなりませんが、一人暮らしだと死活問題です。お金が無いと面接に行く交通費さえ苦しく感じるようになり、転職活動が消極的になってしまいます。

さらに、早く転職先を見つけなければと焦ってしまうのもデメリットです。心の中に焦りがあると、条件があまり良くない求人にも応募してしまうでしょう。そうなると良い転職が行えないリスクがあります。

無職の時間が長くなれば、面接時に何をしていたか聞かれることにもなるでしょう。3ヶ月程度なら良いですが、半年以上になると少し悪い印象を持たれてしまいます。

転職する際には目標を決めておく

キャリアアップなどが目標ならそれを目指して転職活動を行いましょう。もし、今の職場がつらくて転職するのであれば、次の目標を明確にしておくことが大切になります。給料が良い職場を見つけるのか、人間関係が良い職場を見つけるのか、転職時に絶対叶えたい目標を設定するのです。何も目標が無いまま転職活動するのは、無駄に遠回りしてしまうかもしれません。目標が決まっていれば現職時か退職後、どちらが適しているか自然と分かるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動