ハローワークはやめよう!保育士の3つの転職方法!

4f3c1d4a1c79b756117f5e1399b25c99_s

今の職場を辞めて、そろそろ違う職場へ転職をしたい方へ。保育士の求人探しの方法について、3つご紹介します。1つ目は自力で探す、2つ目はハローワークを探す、3つ目は転職求人サイトで探す方法です。求人情報を探す目的は同じですが、その過程や結果は極めて大きくなります。自分自身が不利になる求人探しを行わないようにして、転職を成功させましょう。

また、方法によっては落とし穴もあるので注意するようにしてください。大切なのは求人内容が良いかどうかではなく、他と比べて良い内容になっているかを見ることです。良い求人だと感じても、それが一般的には不遇の求人である可能性は捨てきれません。転職には労力が掛かりますし、職場の環境は人生にも大きな影響を及ぼします。求人探しの方法をしっかりと把握して行動を開始しましょう。

自力で求人を探すのは大きな賭けになる

転職で望む目的がはっきりしている人ほど、この自力で探す方法を選んでしまいがちです。通勤時間が短い、残業が無い、給料がいくら以上、目的が決まっているため迷いが少ないのでしょう。非常に素晴らしいことですが、自力で求人を探すのにはデメリットがあります。自力で調べると、どうしても見る求人情報が少なくなり他と比べる手間を省いてしまいます。本人が満足する求人が見つかっているなら良いように感じますが、もっと良い条件が見つかる可能性を破棄しているのはもったいないでしょう。

他にも、職場の雰囲気や離職率を調べずに転職してしまい、失敗するリスクも秘めています。このような情報は求人情報には書かれていません。公表されない情報にこそ価値はあるのです。とは言え、時間もそんなに掛かりませんし、この保育園に行きたいなど明確な意思が固まっていれば最適と言えます。

ハローワークは条件が悪い求人の可能性あり

国が運営しているので安心だと思う人も多いでしょう。インターネットが普及する前はハローワークで就職を探すのは極めて自然なことでした。さらに言うなら、ハローワークでは指定の求人に就職ができると助成金がもらえます。金額も10万や20万と言った金額で、経済的に困窮している人はついつい飛びついてしまうでしょう。

しかし、はっきりと言います。ハローワークの求人情報は給料が低く待遇が悪いものが多いです。実は、ハローワークに求人を掲載すると国から会社へ助成金が出ています。そのため、助成金目当ての質が悪い求人を掲載している会社も存在しているのです。国が運営しているからと言って安心してはいけません。むしろブラック企業の危険性もあるので利用は出来る限りやめておくといいです。

転職求人サイト登録はメリットが多い

転職を行うのには、今ではメジャーになってきている転職求人サイトの利用がおすすめです。全国各地の膨大な求人情報が記載されており、人気の度合いも判別できる場合があります。また、保育士専門の転職求人サイトなら元保育士のアドバイザーが居ることもあるので、転職の悩みが相談できます。デメリットを上げるなら情報が多すぎる点でしょうか。求人数が多く、どれを選んでよいか分からなくなる可能性はありますが、これも転職エージェントに相談すれば解決します。

非公開求人には好待遇な物も多いのでハローワークと比べても良い求人が多いです。転職エージェントやアドバイザーに相談すれば、転職の質はさらに高まります。転職エージェントは長期的で良い就職を本気で望んでいます。相談者が、良い転職が出来なければ、会社などから報酬を得られないからです。自分の生活のためなのですから、親身さは格段に良くなるでしょう。

求人探しは転職情報サイトが1番

時代の変化に伴い、求人探しは転職求人サイトが主流になって来ています。今に時代に求められるのは、良いサイトと悪いサイトを見極める能力と言えるでしょう。不遇な求人情報に応募しないように、情報を得て活用する能力を身に付けてください。例として、転職求人サイトで転職成功者にボーナスを支払っているケースがあります。これはボーナスを売りにしないと応募者が来ないことの裏返しなので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動