仕事の悩み

保育士電話応対の基本!クッション言葉を上手く使おう!

6992e68e9775dfcb9947b50db80ceb19_s

保育園では保護者と話をするタイミングが限られています。ほとんどの保護者が仕事をされているので送迎の時に少し会話を交わす程度でしょう。

となると、どうしても伝えないといけないことは電話応対となるわけですが、保育士は意外と電話でのやりとりを苦手と感じているようです。考えてみると、保育の勉強はしてきていても電話応対のレクチャーって受けませんよね。

電話応対の良し悪しで保護者との関係がぎくしゃくしたりもします。保護者との良好な関係を築くためにも電話応対における気をつけるポイントを御紹介しましょう。

否定的な応対はNG

電話応対でまず第一に心掛けるポイントは「何を伝えたいのか」を明確にするところです。世間話をする為にわざわざ電話をかけているのではありませんので、伝えたいことはハッキリと伝えるべきです。

しかしここで注意が必要です。ハッキリと伝えるべきではありますが、その内容を決して否定したものにしないことです。

「最近○○クンに落ち着きがなく、様子が気になるのですがお家で何かありましたか?」
保育士から聞かされる我が子の保育園の様子に保護者はビックリされることでしょう。

そこで注意をしなければいけないのは、○○クンを悪く言わないことです。我が子の様子を聞いて保護者は不安になっているところに、追い打ちをかけるのはよくありませんよね。

「○○クンの為に周りの皆が困っています」などとマイナスな言い方をするのは良くありません。○○クンを否定をするのではなく、「どうしたのでしょうか」と保護者と一緒になって考える雰囲気が大切です。

もし電話で話が進まないようであれば、一度面談の場を求めてみるのも良いでしょう。電話では保育士と保護者、お互いの思いがぶつかってしまうこともありますので、顔を見て話す機会を持つのが良いと思います。

気配りは忘れず

園児が保育中に具合が悪くなり、保護者へ電話をするケースもあるでしょう。そんな場合には仕事中である保護者への気配りを忘れてはいけません。

「熱があるので今すぐに迎えに来てもらわないと困ります!」
保育士にとっては状況を正確に伝えているだけと思うかもしれませんが、その言い方では保護者への印象はかなり悪いですね。

迎えに来てもらうのは当然のことです。しかし、命令口調にならないように注意が必要です。

「申し訳ないのですがお迎えの時間を早めて頂けますか?」
そう言われると、仕事をしている自分の事情も考慮してくださっているなと感じることができるではないでしょうか。同じ内容を伝えているにもかかわらず、保護者への気配りが有るか無いかで随分と印象が変わります。好感がもてる先生になる為には電話応対でも気配りを忘れてはいけないのです。

ここで便利なのがクッション言葉です!

先ほどの「申し訳ないのですが」のように本題の前にいれることで印象を和らげる言葉をクッション言葉と言います。よく使うクッション言葉をご紹介します。

「失礼ですが」
「お手数おかけしますが」  
「よろしければ」
「差し支えなければ 」
「お忙しいところ、申し訳ございませんが」
「恐れ入りますが」
「申し上げにくいことなのですが」
「申し訳ございませんが」

よく使うのは大体この8つですね。電話で名前が聞き取れないときなど、「恐れ入りますが、もう一度お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。」などよく使う文言は覚えておくとスムーズです。

電話は保育園の顔

電話はこちらからかけるだけではありません。保育園へかかってきた電話には保育士が出て応対をします。その際に心掛けておかなければいけないのは、電話を出た人が保育園の印象を決めかねないといったところです。

無愛想な応対をしてしまうと保育園全体の印象が悪くなってしまいます。よって、電話に出る際には少し大げさかもしれませんが、保育園の看板を背負っているといった緊張感をもつべきです。

緊張感といってもガチガチな話し方ではかえっておかしな感じですよね。電話口では明るい対応を心掛けておけば十分です。

「○○ちゃんのお母さんですね。こんにちわ。」と明るく話し、「どうされましたか」と耳を傾ける姿勢が大切です。体調が悪くて保育園をお休みする連絡であれば、「お大事にしてくださいね」の一言を忘れずかけましょう。

事務的なやりとりだけで終わってしまうと、後で「あの先生って冷たいね」なんて言われてしまったりします。

良い保育士=話しやすい保育士です。顔を合わせてじっくりと話せない保護者とは電話で話しやすい雰囲気を作ることが大切ですね。またお休みなどの事務的な連絡の電話であっても、保護者が電話を切った後に「いい先生だね」って思わず思うことってあります。電話応対は基本なので慣れるようにがんばりましょう!

保育士の悩みの一つ!絵本の読み聞かせのコツとは?

caba351ac04cb969719f34e0d68f20e0_s

保育士の仕事の中で絵本の読み聞かせは欠かすことができない大切なもののひとつです。そして、それは園児たちがとても楽しみにしている時間でもあります。読み聞かせといってもその方法ひとつでかなり違ったものになるようです。

毎日の読み聞かせに頭を悩ましている保育士さんも少なくないと思います。そこで、園児たちが夢中になる上手な読み聞かせの方法を御紹介します。

いくつかのポイントが分かれば、今まで苦手だった絵本の読み聞かせがスムーズに行うことができるはずです。

まずは絵本選びから

絵本の読み聞かせは題材に選ぶ絵本が重要です。どんな絵本を選ぶかによって、園児たちの態度が変わってしまうことを知っておく必要があります。

絵本に夢中になる日もあれば、飽きてしまって席を立ってウロウロする子が続出と、その違いはやはり読み聞かせに選ぶ絵本にあると思います。

読み聞かせの絵本選ぶで最も大切な点は子供の視点を重視した本選びをするところです。

よくオススメの絵本といった紹介がありますが、そのほとんどは大人目線で選んだものです。大人が読んでみて面白い!と感じて子供に読み聞かせている本です。大人目線で選らんだ絵本は大人が読めば確かに面白いでしょう。

しかし、それが必ずしも子供にとっても面白い絵本であるかは分かりません。実際のところ園児が面白いを思う絵本は大人にはわからないものなのです。

子供が面白いと思う絵本は、ストーリーよりも面白い登場人物が出てきたり、文章に一定のテンポがあるものです。

同じセリフの繰り返しや「どんどこどん」など同じ音を重ねるだけでも子供はユーモアを感じるのです。絵本の読み聞かせをすると子供たちは創造力をもって、絵本の世界を自分の中で作り上げていきます。

複雑なストーリーの絵本よりも分かりやすいストーリーで登場人物が面白く、文章にテンポがある絵本が良いと思います。

説明は加えない

絵本の読み聞かせをする時は、園児たちが絵本の世界にどっぽりと浸れるように努めなければなりません。

園児から質問があった場合には答える必要がありますが、それ以外には保育士からの説明は必要ありません。あくまでも絵本の世界を大切にすることを心掛けます。

保育士の説明次第では園児が描く絵本の世界がガラっと変わってしまうこともありますので、保育士からの説明は最小限にとどめましょう。

もちろん保育士のアドリブもNGです。オーバーな表現も好ましくありませんね。保育士の表現次第で絵本のイメージが変わってしまいますので注意しなければなりません。

座り方にも工夫を

絵本の読み聞かせをする際には園児たちの座り方もひと工夫しましょう。絵本をもつ保育士に相対して扇状の形に園児を座らせます。

1列目の子供が座り、2列目は前の子供と子供の間に座らせるようにするのが良いですね。そうすれば前の子供の頭に邪魔されることなく、絵本に集中することができます。

人数が多い場合には後方の列の園児にも見えるように、大きめの絵本を選ぶようにします。紙芝居を用いる保育園も多いようですね。多くの紙芝居で使われている枠は、実は紙芝居に集中できるための工夫だそうですよ。

おわりに

絵本の読み聞かせは子供の創造力を高め、心身の成長にプラスとなります。それと同時に「自分のために絵本を読んでくれている」と幸福感を得るものでもあります。

保育園に通う子供のお父さんやお母さんは仕事をしていらっしゃるので家庭で十分に読み聞かせができているかと聞けば、残念な答えが返ってくるかもしれません。

それならば一日の大半を過ごす保育園で絵本の読み聞かせを楽しみ、そして幸せな気持ちになって欲しいですよね。その為にも保育士さんには園児たちが絵本に夢中になる上手な読み聞かせを行って頂きたいです。

お昼寝をなかなかしてくれない園児を寝かしつける方法とは?

ccef218f3ddccaaad048cce0b32c42d8_s

保育士に悩みのひとつに寝かしつけがあります。園児が寝ている間にも保育士には仕事がありますから、早く寝てくれたらいいのに思うようにいかないこともしばしばです。

なかなか寝てくれない子がいると、せっかく眠りについた園児をも起こしてしまいますので、何とかして寝かしつけたい!とやきもきすることでしょう。

そこで、多くの保育士が悩み続けきた寝かしつけについて、ようやく解決方法が見つかりました。それは多くの保育士が実践し、称賛する上手に寝かしつける方法です。

やってみると驚くことに大半の園児がすぐに眠ってしまうのです。

優しくボディータッチ

どうしても寝ない子供は優しくボディータッチをしてみましょう。効果があるのは頭や背中です。頭は頭のてっぺん部分に向けて優しくマッサージをするように触ります。

一度だけでなく、何度か繰り返していくうちに自然と眠りにつくことができるでしょう。大人でも美容室で頭皮マッサージをうけると眠くなることがありますよね。子供だって同じです。

背中トントンは保育士の間では結構ポピュラーな寝かしつけの方法です。さする程度の力よりは、もう少し強めに叩く方が効果があるようです。

保育園では寝かしつけに効果がある背中トントンに独自のネーミングをつけて、園全体で取り組んでいるところもあります。

おやすみモードへチェンジ

眠たくない子供でも周りがおやすみモードになると自然と眠くなってくるものです。お昼寝の時間になると照明を暗くし、決まったオルゴールのBGMを流すなどの習慣つけも寝かしつけの方法です。

保育園によってはメトロノームの音で眠りを誘うところもあるようです。みんながお布団に横になったら絵本を読み始めるのも良いですね。お布団にゴロンしたら絵本を読んでもらえるといった喜びにもつながります。

保育士も一緒にお布団に横になるのも良いですね。「みんな一緒に寝るんだ」といった意識になりますので、「じゃ僕も寝よう」につながると思います。添い寝をしてもらえると子供は安心するものです。

安心して眠りにつけるように雰囲気作りはとても大切なのです。

保育士の気持ちのモチベーションが大切

大人の気持ちに子供たちはとても敏感です。それはママだけでなく、一緒に過ごす時間が長い保育士の気持ちだって同じで、子供は敏感に感じ取っています。

お昼寝をしない子供に対して保育士がイライラしていると、そのイライラ感は子供は察知します。そうなると余計に寝ないといった状況になってしまうのです。

そこでどうしても寝ない子を無理に寝かしつけるのはやめてはいかがでしょうか。周りの子がお昼寝をしている時に大声を出して騒いだりするのは良くありませんが、静かにしているのであればそうっとしてあげてもいいでしょう。

パーテーションなどで仕切りを作って、静かにしていると自然と眠くなる可能性もあります。無理に寝かそうとすると返って逆効果もありますから、保育士はゆったりした気持ちで園児に接することが大切ですね。

家での寝かしつけについて聞いてみる

色々な方法を試してみてもなかなか寝ない子供は、家ではどのようにして寝かしつけをしているのかをお家の人に聞いてみるといいですね。

寝る前に必ず決まった何かをするといった習慣をもっている子供もいますし、お気に入りのぬいぐるみが無いと眠れない子供もいるでしょう。

そうした子供のルールについて、お家の人に聞いてみることが園での寝かしつけにつながります。

日々の寝かしつけに悩んでいる保育士さんは一度試してみてください。悩みがひとつ解消されるかもしれませんよ。

保育士のエプロン選びのポイントとは?使いやすさ?親しみやすさ?

58360cf685e065492c86bd48a8fe8e5b_s

保育士の必需品のひとつでもあるエプロン。保育士さんのエプロン平均所持枚数は約5枚です。中には10枚以上のエプロンを持っている保育士さんもいます。

エプロンは保育士にとっていわば制服です。制服とは本来、仕事のしやすさを重視して作られているものです。だから保育士のエプロンも保育がしやすいエプロンを選ぶべきなのです。

では、保育士さんはどんな点に配慮をし、エプロンを選べば良いのでしょうか。エプロンを選ぶポイントをご紹介します。

使いやすさを重視

やっぱり、何といっても使いやすさ重視です。使いやすさで選ばれているエプロンは肩ヒモが太いものです。

ラン型エプロンとも呼ばれ、肩ヒモは後ろやサイドでボタンで留める形になっています。ラン型エプロンならば、肩ヒモが太めなので保育中にずれ落ちてくることがありませんし、ボタンで留めてあるので紐結びのようにほどける心配がありません。

後ろで結んだ蝶々結びがほどけて、結びなおしている間に園児のとっさの行動に対応できなかった・・・といったことにならないように肩ヒモはボタンで留めるタイプの方が好ましいですね。

汚れたらすぐに着替えることができる点も重視すべきです。保育士が自身の身支度に時間を費やしていてはいけません。さっと着て、さっと脱ぐといったようにエプロンの着脱がしやすいものがいいですね。

そして、使いやすいエプロンに欠かすことができないのがポケットです。ポケットティッシュなどの小物を入れてあったり、拾ったゴミをとりあえずは入れておくこともできます。大きなポケットは大変便利ですし、小さめのポケットが2〜3つあるエプロンも使いやすいと思います。

親しみやすさを重視

エプロン姿は子供に安心感を与えます。エプロンをつけている女性に男性が心を惹かれやすいのと同様に、子供からみてもエプロンは安心できる材料のひとつなのです。

そこで、さらに子供が安心できる様、子供たちが親しみを感じるキャラクターのエプロンを選ぶのも良いですね。人気はアンパンマン、ディズニー、妖怪ウォッチなどでどれも子供に馴染みがあるものです。

泣いている子供でもアンパンマンを見て泣き止んだといった話も耳にします。となると、エプロンのキャラクターも保育には必要なアイテムなのです。色は暖色系が好ましいですね。黒っぽい色は園児が不安になってしまう可能性もありますから、温かみがある色合いを選ぶべきです。

保育の現場では今、男性保育士が増えています。しかし、「保育園の先生は女の先生」とイメージが強い子供たちにとって男性保育士を不安に感じるかもしれません。そこで子供たちの不安を少しでも和らげるためにと男性保育士がディズニーやミッフィーのエプロンをつけることも珍しくありません。

狙いはずばり子供たちに親しみを感じてもらうことです。ドクロマークのついたエプロンを選んでいては子供は寄り付いてこないでしょうね。なので子供たちが安心できる大好きなキャラクターのエプロンを選ぶことを忘れてはいけません。

エプロンでも遊んじゃおう!

エプロンは子供たちを楽しませるアイテムにだってなります。いつもつけているエプロンで人形劇ができるエプロンシアターです。エプロンを人形劇の舞台に見立てて、ポケットに入れておいたお人形でお話が始まります。エプロンシアターができるエプロンはとても人気があり、保育士さんなら1枚はもっておきたいアイテムです。

おわりに

こうしてみるとエプロン選びは簡単ではありませんね。機能性、デザイン性、親しみやすさを考えた上でエプロンを選ぶべきなのです。

「エプロンはこんなタイプがいいよ」なんて誰も教えてくれないと思います。なので、保育士として実際に働いてみた上で、「こんなエプロンがあれば便利だな」と思ったエプロンを探してみるといいですね。

保育士の超基本!身だしなみについて

6b4fdbe2372ec201f64b3b09bab972dd_s

みだしなみはどんな職業でも気をつけないといけないポイントです。特に人と接する機会が多い職業であれば好感がもてるみだしなみを心掛けなければいけませんね。「保育士は小さな子供相手の仕事だから、みだしなみはどうだっていい」なんて思っていませんか?小さな子供と接する時間が長いからこそ気をつけなければいけないみだしなみもあります。

そして、保護者が抱く保育士のイメージは、みだしなみの良し悪しによって左右されます。それでは、これだけは気をつけたいみだしなみのポイントについて御紹介しましょう。

顔まわりはスッキリ!

人の印象ってまずは顔ですよね。美人や美人ではないといった話ではなく、印象の良し悪しが大きなポイントなのです。保育士の場合、好感がもてる印象を心掛ける必要がありますので、まずは真っ先に目がいく顔まわりの印象を良くしたいものです。

前髪が顔に垂れている髪型はあまり良いイメージではありませんね。顔の半分が髪で隠れていると子供たちは怖いイメージをもってしまい、不安になります。顔まわりはできるだけスッキリとすることを心掛け、長い前髪の場合にはピンを留めましょう。前髪だけでなく、サイドの髪や後ろ髪も束ねておくのがよいですね。

保育士って髪を二つ分けにしてサイドでくくったり、三つ編みのおさげにすることが多いですよね。そこには園児をおんぶをした場合、髪が園児の顔にかからないようにといった配慮があります。束ねた髪にも園児への細やかな心遣いが感じられますね。

髪の色はナチュラル系

保育士は髪の色も気をつけたいところです。当たり前ですが金髪やパープル系の派手なカラーリングは避けるべきです。カラーリングがNGといった訳ではありませんので、色目に注意をする必要があります。できれば自然な髪の色に近いナチュラル系が好ましいですね。奇抜な色合いは園児を不安にさせたりする心配がありますので避けるべきです。

ネイルはNG

今やお洒落アイテムに欠かせないネイルですが、保育士は残念ながらNGです。長い爪をしていては保育に支障がありますし、何よりも園児にケガをさせてしまう危険があります。若い保育士さんならネイルに憧れる気持ちもわかりますが、ネイルをするなら休日だけと決め、仕事に取り組む姿勢が必要です。

服装には細心の注意を

保育士さんってよくジャージを着てますよね。子供と走りまわることも多く、保育士にとって動きやすい服装がベストであると思われます。そうなるとやはりジャージが最も適していますね。保育園によっては指定のポロシャツやエプロンがあり、保育士の服装が統一されている園も少なくありません。

服装は自由といった保育園も多く、その場合には毎日の服装には細心の注意を払わなければなりません。保育士の服装で気をつけたいポイントは、露出を控えることです。前が大きくあいたTシャツや極端に丈が短いTシャツはNGです。前かがみになったりすると胸元や背中が露出することになりますから、好ましくありません。子供相手の仕事だからと軽く考えるのではなく、常識を考えた服装を心掛けるべきです。保護者や周りの職員に嫌な目で見られるかもしれません。

また、異様なイラストが描かれているものも保育士の服装には適していません。そのイラストを見た園児が不安になったりするケースも想定されますから、服装選びはしっかりと行いたいものです。

まとめ

保育士のみだしなみで気をつけることは、保育への支障がないことに加え、印象を良くする点です。大切な子供を預ける保護者にとって保育士は安心の存在でいなければいけません。髪を真っ赤に染め、長いネイルをしている保育士に安心して子供を預けることができますか?胸が見えそうな奇抜な格好をしている保育士が子供と十分に遊んでくれるとは思えません。たとえ良い先生であっても、見た目の印象でかなり損をしてしまいます。

保護者だけでなく、園児も先生の格好をしっかりと見ていますよ。保育園で過ごす時間が長い園児にとって、保育士はお母さんの代わりです。不安になることなく、安心の存在でいたいものです。そのためにも子供からも好感がもてるみだしなみを心掛けたいですね。

女性上司が苦手!職場で孤立しない方法とは?

d5f3d4eea292dea2c83757f086820b49_s

どんな職場でも人間関係の悩みはついてまわります。もちろん保育士も例外ではなく、女社会の人間関係ですから職場で孤立してしまったりと事態は深刻になりがちです。

子供が大好きで選んだ保育士の道ですが、人間関係によって精神的な辛さを味わい、やむを得ず挫折してしまう人もいらっしゃいます。そこで、保育士の人間関係でどんなところがしんどくて、さらには人間関係のお悩み解消法を御紹介したいと思います。

保育士の人間関係どんなところがしんどい?

女性上司との関係

保育園には保育士が複数在籍していて、そのほとんどが女性です。最近では男性保育士が増えてはきていますが、まだまだ女性主流の社会です。女性が多いと自然と勃発する人間関係に多くの保育士が頭を悩ませているようです。

同僚同士の人間関係のトラブルもありますが圧倒的に多いのが上司の対応による悩みです。女性特有の感情的な怒り方をする上司やその場しのぎの指導をする上司などは、つきあっているだけでストレスを感じてしまう相手です。

「絶対に友達にはならないタイプ」と思いながらも職場の上司なので、泣く泣く関係を継続していかねばなりませんね。そうした上司との人間関係に悩む保育士が増えています。

また女社会にはつきものの派閥の問題もあります。保育士にも○○先生派と△△先生派といった風な派閥があります。派閥問題がこじれていじめにつながってしまうと仕事にも支障を及ぼしてしまいますね。

職場で孤立しないためには

職場で孤立をしてしまうと、園児へ保護者への対応などで悩みがある時にも誰にも相談する相手がいません。となると、自分ひとりの考えで動き、その結果が不十分な対応であるといったケースも少なくありません。

ひとりで悩みすぎて精神的に追い込まれてしまっては、保育ができる状態ではありません。保育園における悩みはやはり同僚や上司に相談をし、解決したいところです。相談する相手がいない孤立した状態は何とか回避したいものです。

そこで、職場で孤立しないためにはどうすればよいのでしょうか。人間関係のお悩み解消法としては、苦手は相手とは仕事と割り切ってうまく付き合っていきましょう。「上司との関係は保育園の中だけ!」と割り切り、園の外へ出ると気持ちを切り替え、嫌なことは忘れてしまいましょう。理不尽に叱られた後には、反省をしているふりをしつつ、「いつかみていろ!」と心の中で誓えばいいのです。

あなたが間違っていないことは必ず誰かが見てくれています。ひとりだけでも良いので自分の悩みを相談できる相手をつくっておくことが大切です。どんな仕事でも職場の仲間の協力は不可欠です。それは保育士でも例外ではありません。職場で孤立をしないためには自分を理解してくれる人、そして理解してあげることができる人が必要です。

派閥の問題もできるだけ中立な立場がとれるといいですね。派閥に属さないと仕事がやり辛いといったこともあるでしょう。しかし、どっぷりと派閥に入ってしまうと自分の意見も言えなくなってしまいます。
「どちらかといえば○○先生の考えに共感します」といったようなやんわりとした立場でいたいものです。派閥からいじめ、といったことになってしまうと精神的な苦痛を背負ってしまいます。それでは子供たちに対して十分な仕事ができません。あくまでも保育士の目は子供へ向けることが大切なのです。

まとめ

こうしてみると保育士の人間関係の悩みは仕事のやり辛さにつながるとても深刻な問題です。悩みにどっぷりとつかってしまうと目の前の子供に対して十分なケアをすることができません。子供が大好きで保育士になることを夢みてきた頃を思い出してください。たかが人間関係の問題で夢を終わらせるようなことなく、子供たちの笑顔に囲まれる充実した日々を過ごして頂きたいです。

保護者との円滑な人間関係を築くためにすること

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s

保育士の仕事には園児の保育はもちろんのこと、その保護者への対応も含まれています。実はこの保護者対応こそが保育士にとって深刻な悩みにもなっているのです。保護者対応が上手くできるコツさえつかめばきっとお悩みは解消され、日々の仕事もやりやすくなるでしょう。

まずは印象が大切

「あの保育士さん、どんな先生かな・・・」と思った時、大きく影響するのが見た目の印象です。人の印象ってまずは外見から決まってしまいますので、保育士にとっても外見の印象はとても大切なのです。
保育園に来る保護者は大半が母親です。ですので、女性から好感をもってもらえる髪型や服装、メイクを心掛けなければなりませんね。

下着が透けるようなスケスケのTシャツや胸元が大きく空いた服装などは保育に不向きですし、何よりも母親の反感を買います。たとえ優れた先生であっても、そうした見た目の印象は実際に話をするまでは拭えないのが実情です。保護者対応を上手くする為にはまずは保育士としての身だしなみを整え、印象をよくするべきです。

自分からコミュニケーションをとるようにする

保護者対応が上手くできている保育士は保護者との関係作りがとても上手です。人と人との関係作りって1日でできる訳ではありません。保護者と保育士の関係は日々の積み重ねによって作られるものですから、日頃から保護者とコミュニケーションを図る工夫が必要ですね。「担当の保育士さんと話がしたいな」と思っている保護者は意外と多いようです。

しかし、忙しそうな保育士には保護者の方からはなかなか声が掛けられないといった声も耳にします。そこで、保育士の方から保護者に声をかけ、子供の様子などを伝えるようにしましょう。保護者は子供のちょっとした事でも教えてもらえると嬉しく思います。「そんな小さな事まで先生は見てくれているんだ」と保育士への評価もアップするでしょうね。

保護者へのコミュニケーションでは注意すべき点もあります。急いで帰られる保護者をわざわざ引きとめて、わざわざ話をすることは避ける方が良いですね。どうしても伝えなければいけない内容であれば別ですが、そうでなければ連絡帳など別の手段で連絡しましょう。

トラブル発生!保護者への対応

小さな園児が集団で過ごす保育園。トラブルは日常茶飯事です。トラブルが起こった際の保護者への対応も保育士の腕のみせどころですよね。しかし、トラブル対応を間違ってしまうと保育士の悪い評判が広がり、今後の保育活動に支障を及ぼしてしまうことも・・・トラブルが発生した時には次のポイントに気をつけ、保護者対応を切り抜けましょう!

意見を一貫させる

園児同士のトラブルでよくあることが、保育士が保護者へ伝える内容がその場しのぎで変ってしまうことです。

A君とB君がケンカがしたとしましょう。保育士はどちらの保護者に対しても同じ内容を伝えなければなりません。A君の保護者には「B君から手を出してきた」と伝えたにもかかわらず、B君の保護者には「A君がきっかけです」なんて言ってしまうと話は支離滅裂です。保護者同士は意外とつながっていますし、トラブルが起きた際には双方の親が話しをすることだってあります。そこで先生からの報告につじつまが合わないとなると「結局、先生は知らなかったんだ」といった事になってしまいますから、事実は正確に伝えるべきです。

批判ではなく、同感

保護者は自分の子供がトラブルに関係していると気持ちがいいものではありません。それがお友達にケガをさせたり、嫌な思いをさせるものならなおさらです。きっと我が子が起こしたトラブルに申し訳なさを感じていることでしょう。

そこで、さらに保育士が輪をかけるように園児を批判してしまうと、保護者をさらに追い詰められます。よって、保護者に対しての対応は事実を伝えた後、批判をするのではなく、なぜそうなったのかを考え、同感をする必要があるのです。

「きっとA君は仲良くするきっかけを作りたかったのでしょう」「お母さんのお気持ちは分かります」といった様に園児や保護者の気持ちに同感を表すことがとても大切です。そうすると、理解をしてくれる先生につながり、トラブルも大きくならずに上手く解消できるでしょう。

まとめ

保護者対応はとても難しいものです。しかし、普段から良い関係を築けていればトラブルが起きた場合でも問題が大きくならずに済みます。その為には日頃から保護者とコミュニケーションを図り、保護者と保育士の円満な関係が大切なのです。大切な我が子を保育士へ預けて保護者は仕事へ向かいます。保護者から信頼される保育士になる為にも保護者対応を上手く行いたいものですね。

モンスターペアレントの悩みを解決する手段はある?

be805ff5b2718c5c64fbd263e5d9a952_s

保護者と関わる職業の人は多かれ少なかれ、モンスターペアレントの問題を抱えています。常軌を逸したクレームで喚き立てたり、保育士の範疇を超える業務を強要してきたりされるのは苦痛です。

多くの子供が集まる保育園ですから、実に多様な性格の保護者が集まるのは仕方ないことでしょう。特に入園を許可してしまった後は退園を迫ることも出来ないので、ストレスは溜まる一方です。保育園側がモンスターペアレントから守る姿勢を見せてくれるなら良いですが、放置されては居場所が無くなりかねません。

モンスターペアレントの被害がひどいようなら、安全な場所に転職するのが良いでしょう。保護者のストレスに悩む保育士のために解決方法と転職時の求人の探し方についてご紹介します。

モンスターペアレントの無茶な要望

ここではモンスターペアレントのあり得ない要望を紹介したいと思います。まずは、風邪を引いた子供の親からの常識外れな要望からです。子供が熱を出しているが保育園に行きたいと言っているので連れて行きます、と言うものです。風邪が他の子供にうつる危険性を無視し、病気の子供を保育園に連れて来るのは非常識極まりないです。

他にも、行動が乱暴な子供を退園させろと迫ってくるケースもあります。お遊戯会の配役を変えろと言う要望も多いですし、対応するのは大変です。

こうしたモンスターペアレントは自分が誰よりも正しいと思い込んでいるので、こちらの言い分は聞き入れません。自分がいかに正しいかを周囲に認めてもらいたいため、誇張した表現で周囲にも言い触らします。中にはそれを真に受けてしまう人もおり、不快な思いをする場合もあるでしょう。

モンスターペアレントの解決方法

残念なことに明確な解決方法が無いのが実情です。殴られるなどの暴力や度を超えた名誉棄損が無ければ対処のしようがありません。子供が卒園するまで我慢するか、じっくり対応するしかないでしょう。

まず、モンスターペアレントの要望には同意の意思を示しつつ、出来ないことはなぜ出来ないかを丁寧に説明してください。過度の不安からモンスターペアレントになっていることもあるので、不安を取り除けば普通の保護者になる場合もあります。

一人で対応しないのも一定の効果が見込めます。二人以上で対応すればフォローし合えますし、客観的な意見も出しやすいでしょう。

事業所内保育所にはモンスターペアレントが居ない

モンスターペアレントに二度と関わりたくないと思うなら、事業所内保育所に転職するのも良いでしょう。事業所内保育所は企業が運営する保育所なので、利用する保護者も一般常識を持っています。また、子供が預ける保護者は企業で働いているので、周囲の目を気にして度を超えた行動はしません。

ルールを破るような言動も考えられませんし、もし何が強い要望があるなら保育士ではなく企業の上層部へ提言するでしょう。直接、厄介なクレームを言いつけられることは少ないと考えられます。待遇も保育園と比べて良いので、事業所内保育所は快適な職場です。

モンスターペアレントに悩まないで

真面目な保育士さんなら自分の能力不足が原因で保護者の信頼を得られないと感じるかもしれません。しかし、そうした気持ちとはまったく関係なく、モンスターペアレントは生まれるのです。どんなに優秀な保育士さんが対応してもクレームを付けて来ると思いましょう。

モンスターペアレントの対応を学ぶのも解決方法の一つではありますが、それはかなり難しい道のりになります。ある程度の対応力は必要ですが、無理に頑張り過ぎるのは負担が重過ぎます。ただでさえ大変だと言われている保育士の仕事に、モンスターペアレントの対応まで含まれると、対処しきれなくなってしまいます。



いじめや陰口などの人間関係で悩む保育士へ

bsN112_kanashiinamida

どんな仕事を行うとしても人間関係のしがらみは少なからず関わって来ます。それが女性同士の職場になれば、人間関係の問題は切っても切り離せない問題となるでしょう。保育士もそんな職業の1つです。

職場には女性しかおらず、男性が居るのは珍しいでしょう。子供の保護者も女性が多いため、人間関係を良好に保たないと長くは続きません。保育士が転職や退職を考える理由で一番多いのが、この人間関係の問題なのです。

こうした人間関係に悩む人は、どうしたら状況を打開できるのでしょうか?人間関係で悩む保育士の人へアドバイスを送りたいと思います。

人間関係に悩んだら職場を変えるのが最適

人間関係の悪化にはレベルが存在します。
・苦手な相手と少し距離を置いている状態
・裏でこっそり陰口を言われている状態
・いじめなどの直接的な言動で傷けられる

状態の3つです。少し距離を置かれているぐらいの状態であれば、歩み寄ることで解決することもあるでしょう。もしくは業務に支障が出ないので無視してそのまま仕事を続けるのも良いです。

しかし、陰口やいじめが行われている状態なら、改善をするのは難しくなります。不可能とは言いませんが、状況改善には時間と労力が必要になるでしょう。そして何よりも、改善しようと努力しても、それが報われるとは限りません。こうした状況になり悩むぐらいなら職場を変える方が健全だと言えます。

保育士は人材不足を叫ばれているため、就職先に困ることは無いでしょう。人間関係で悩まずに済む保育園に転職する方が、人間関係の問題を打開するには最適なのです。

人間関係の悩みを誰にするのか?

身の回りに話を聞いてくれる人がいるなら、それはとても幸せなことです。愚痴を言えるだけでストレスはかなり軽減されるので、感謝の気持ちを持ちつつも話を聞いてもらいましょう。もし、近くに愚痴を思う存分話せる相手が居ないなら、転職を視野に入れつつ転職求人サイトを活用してみてください。転職サイトにはアドバイザーやコンサルタントが居ることがあり、その人達に悩みを告白するのは効果的です。

保育士の人間関係の悩みは、保育士にしか理解してもらえないのではないでしょうか。そこで活用したいのが、元保育士のアドバイザーが居る転職サイトです。人間関係で悩んでいる人が利用する転職サイトなので、話を聞いてもらうにはもってこいです。

アドバイザーも人間関係の悩みを聞き慣れているため、ゆっくりと話を聞いた上で適切なアドバイスをくれるでしょう。職場の人間関係に改善が見込めるのか、それとも転職する方が良いのか、きっちり判断してくれます。悩みを抱え続けるのは人生のマイナスです。つらい想いは誰かに話して、少しでも気持ちを軽くするようにしてください。

いじめを上司に訴えるのは効果があるのか?

業務に支障が出るレベルならすぐに上司へ訴えましょう。しかし、基本的には問題が解決するとは思わないようにしてください。残酷なことを言いますが、上司が女社会のイジメや陰口を解決するのは難しいです。

そもそも、上司の人が働いている保育士の人を大切に思っているなら、イジメや陰口が蔓延しません。既に人間関係でイジメを受けている時点で、その上司には問題を解決する能力が無い、もしくは問題を解決する意思が無い、と判断するしかないのです。

優秀な上司が居る職場ではイジメなどは起こりませんし、もし何かあればすぐに対処が行われます。必要以上に期待すると傷付くのはあなたです。人間関係の悩みから抜け出すなら職場を変えるのが一番です。

理不尽を受け入れてはいけません

イジメや陰口は理不尽極まりない行為です。例え年度途中であっても、理不尽な思いをするぐらいなら職場を変えるのが賢明です。あなたがどんなに頑張っても、理不尽は何も解消しませんし、今後の将来の悪影響を及ぼすでしょう。

つらいことからは逃げても良いのです。賢く避けて通るのは悪い行為ではありません。職場のイジメや陰口がひどくなったら、人間関係の問題に強い転職サイトに登録して相談してみましょう。

保育士が妊娠報告する際に気をつけたい3つのポイント

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

保育園は、子ども好きの人が集まる職場と思われがちですが、自分がいざ妊娠・出産となると気にしてしまうのが周りの同僚たちの反応ではないでしょうか。

保育士は体力勝負の職種です。シフト制の勤務体制や、行事前ともなると残業は当たり前。1人休みが出るとそのカバーで周りが大変な思いをするということもよくあることです。そのため、つわりが出て勤務が出来ない、子ども達を抱っこすることや、思い切り走り回って遊んであげることが出来なくなったらどうしたらいいのかという不安が出てくるでしょう。

周りの力も借りつつ、上手に妊娠期間を乗り切るにはどうしたらいいのでしょうか。そこで周りから“祝福される”妊娠の報告の仕方について3つのポイントを紹介します。

妊活前の相談

結婚した夫婦が子どもを作ろうとすることはごく当たり前のことです。それをいちいち何故報告をしなければいけないのか。というのは今後の人事にあなたの妊娠やその後の産休等が関わってくるからなのです。何も堅苦しく相談するのではなく、日常の上司との雑談や飲み会の席などで『そろそろ子どもが欲しい』という意思をさりげなくアピールする程度でもOKです。

職場の人事を考える側としても、クラス担任編成などを考える時にあなたを複数担任のクラスに配属するなど“いつ子どもを授かっても良い”ように配慮してくれるでしょう。

誰にいつ報告するか

妊娠が分かった喜びで、つい仲のいい同僚から話してしまうこともあるかもしれませんが、あまりお勧めは出来ません。何故なら妊娠が発覚する妊娠初期は、まだまだお腹の中で無事に赤ちゃんが育っていくのかリスクが大きい時期だからです。安定期に入るまでは大々的に知らせてしまうことは避けた方が無難です。

とはいっても妊娠初期は無理をしてはいけない大切な時期です。早い人ではつわりが来て妊娠に気が付くケースもあります。まずは職場の長に報告し、その他の同僚にはどのようにお知らせするのかを相談してみましょう。

まわりに上手に助けてもらう

妊娠は病気ではありませんが、つわりや腰痛など個人差はあるものの体調の変化は絶対に出てくるものです。妊婦さんが以前いたことがある職場でも、妊娠期間中の体調の変化は個人差が大きいので『分かってくれるはず』という考えはNGです。
 
自分の身体、お腹の中の赤ちゃんと相談しつつ上手に周りの力を借りることが必要となってきます。重たいものを持つことや、運動量の激しい遊び等は保育士の仕事をしていたら当然求められることです。“これは出来るけど、あれは出来ない”ということを明確に伝えつつ、助けてもらいましょう。もちろんやってもらうことばかりではなく、少しでも相手の仕事を手伝うことで感謝の気持ちを伝えることも忘れずに。

まとめ

以上が周りから“祝福される”妊娠報告のポイントです。そこまでしなくても良いんじゃない、と思われる方もいると思います。しかし、1人1人の保育士の動きが大きく現場を左右してしまう職場では、自分のタイミングだけですすめてしまうことで周囲の人たち達の負担を大幅に増やしてしまうでしょう。こうしたポイントを押さえることによって、自分にとってもより働き易い環境を作ることができますね。

意外と多い⁈保育士さんの職場での出会いのチャンス

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s

彼氏がほしい、でも良い出会いがないと思っている保育士さんは多いのではないでしょうか。職場では男性の保育士が増えたとはいえまだまだ女性が中心です。かといって飲み会や合コンへ行くのにも時間とお金がかかる割には、収穫が少ないなんてこともありますよね。

そこで、『出会いがない』と嘆いている保育士さんに朗報です。あえて職場内での出会いのチャンスに目を向けてみませんか。保育士歴9年の筆者が実際に体験した、保育園での彼氏との出会いを3つ紹介します。どんなきっかけで恋へ発展していくのか、ポイントを押さえれば、あなたも職場内恋愛上手になれるでしょう。

教材の窓口から開く恋

1つ目は保育教材を扱う業者の営業さんとの出会いです。保育教材と一言で言っても、色画用紙・折り紙等の紙製品系から跳び箱や机などの大物の教材、日常に使う消毒用の薬品の業者など様々な業種に分かれています。

筆者の場合は教材係を担当していた年に何人かの業者の方と仲良くなり、一緒にご飯に行きました。保育園の教材の窓口として、購入したい商品の相談や値段の交渉などから会話を増やし、少しずつプライベートな話題にも触れていきました。相手は営業さんというだけあって、こちらから話を振れば100%の確率で話を膨らまして盛り上げてくれます。どんな会社に勤めているかがはっきりしているので身元の保証がばっちりなのが安心ですね。

消防署見学で消防士さんのことも見学

次にお勧めなのが地元の消防署の消防士さんです。子ども達は消防車と消防士さんが大好きです。筆者もよく園児との散歩で消防署を訪れ、時間があるときは消防車との写真を撮らせてもらうなどお世話になっていました。何度も遊びに行き、防災の行事等で交流する中で顔見知りになり、そこから一気にプライベートでの交際にも発展しました。

消防士もほとんど男性のみの職場のため、常に出会いの機会を求めているのでとても積極的です。但し、女性に積極的過ぎてかなり軽いノリの男性が多いのも確かです。真剣にお付き合いしたいのならば、相手はよく吟味して選びましょう。

園外の研修は二次会こそが本番

最後にお勧めなのが小学校の先生です。筆者の勤めていた地域では、幼稚園・保育園・小学校の先生が集まる連携会議というものが定期的に開かれていました。もちろん会議ではしっかりと子ども達の問題について話し合いをしますが、終わった後の二次会が良い勉強の場、出会いの場でもありました。

定期的に開催される会議で、且つ1年を通して同じメンバーが参加するので自然と同世代同士で集まります。それに同じ“子ども”に携わる職業ということで会話もはずみ、距離も近くなりやすいのがポイントです。疲れているから、と誘いを断らずにこうした異業種との交歓会にも進んで参加してみましょう。

まとめ

以上が保育士の職場での出会いのチャンスです。一般の企業のように常に男性の同僚が多くいる職場ではありませんが、こうした出会いのチャンスは意外と多くあるものです。合コンなどの短時間で相手を見極める必要もなく、お相手の働きぶりもチェックしつつ徐々に知り合っていけるのも職場での出会いの利点ですね。

また、恋する相手がいるとなると毎日の通勤今よりももっと楽しくなるでしょう。とは言え職場ではまず自分の仕事をきちんとこなすのが最優先です。真摯に子ども達に向き合っているあなたのことを、もうすでに未来の王子様が見つけていてくれるかもしれませんよ。

卒園した発達障害の子と12年ぶりに会ってわかったこと

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

保育士は同じ園に勤めていると、赤ちゃんの時に入園してきた子を小学生になる6歳まで知ることになります。クラスは違っても何らかの関わりがあるので、その成長を感じることができます。「この間までおしめをしていたのに」とお母さんたちと懐かしむことも良くあります。二人目のお母さんみたいなものです。

では、園を卒園してしまった子どもたちのことはどうなのでしょう?気にはなっているし、偶然出会うこともあります。しかし、そんな時以外は中々思い出すことはありません。筆者は先日、12年ぶりに再会したH君とのことで保育士の仕事の素晴らしさを実感しました。

ある卒園した子との思い出

H君は発達障害であり、パニック障害のような傾向もありました。担任をもった当時は、傾向はあったのですが、まだそこまでの難しさもありませんでした。年齢があがってくると同時に心のコントロールができなくなったのでしょうか。発表会の当日、舞台の上でH君はパニックになりました。その日を境に彼は幾度となくパニックを起こし大変なことになりました。そして、筆者とH君の葛藤の日々がはじまりました。

保育室に入ってこない彼に何時間も付き合ったこともあります。パニックになって筆者のエプロンのボタンを噛みちぎり歯が折れたこともありました。彼の気持ちに寄り添ったり、本気で怒ったり…。不安なのはH君のご両親も一緒です。筆者は実はずっと心の中に、彼が発表会にパニックになりその姿を他の保護者の方が知ってしまったことがすごく気になっていました。それを止められなかった自分の力量のなさに情けなくて辛かったです。でも辛いのは家族もH君も一緒。お母さんの不安な気持ちを受け止め、どのようにしたら良いのか一緒に悩みながらの保育が続きました。

実はこのクラスにはH君だけではなく他にも対応の難しい子が何人かいました。筆者の保育士人生の中でもかなりしんどい年になりました。H君にとって、お母さんにとって筆者はどんな存在だったのか?頼りない保育士で申し訳ない。そんな気持ちでした。

感激!H君との再会

H君が卒園して2・3回、偶然にお母さんと出会ったことがありましたが、彼とはまったく会ったことはありませんでした。

今年の4月のことです。10年近くぶりにH君のお母さんと出会いました。再会を喜び、H君のことを聞くとなんと今日が高校の入学式だったということ。そして、偶然知り合いの方から聞いた筆者の話をH君が聞いて筆者に「会ってみたい」と言っていたことを話してくれました。高校生の男子にそんなことはある訳がない!リップサービスだと思っていたらお母さんがH君に連絡して、なんと会いに行くことになったのです。

12年ぶりに会ったH君は、私を見下ろして笑っていました。筆者の手をいつも握っていた小さな手はとても大きくなっていました。あの頃のようにその手を思わず握って…そのあとは言葉になりませんでした。「Hは時々まだ先生の話するよ!忘れてなんかないよ!」そう言ってるお母さんの目も赤くなっていました。そして「H君、先生にあえて良かったね~」と何度も言ってくれました。H君たちにとってどんな存在だったのかなんてそんなことはどうでもいい。会えたことを心から喜んでくれたその気持ちが最高に嬉しかったです。

高校生のH君はとても落ち着いて見えました。お母さんとの関係もとても良い感じです。発達障害は治ることはないので、色々な苦労もあるでしょうが上手く乗り越えているように見えました。自分が保育した子どもたちが、立派に成長した姿が見られる。保育士冥利につきますね。

まとめ

人生の中での出会いは奇跡と良く言われますが、保育士としての子どもや保護者との出会いは特別なものがあると思います。10年以上たっても覚えていてもらえる存在は嬉しいことだけど、ある意味責任のあることだとも思います。子どもたちは保育士の一挙手一投足をよくみています。そして、褒めてもらったこと、叱られたことの心の動きも感じています。その時には響かなくても保育士の一生懸命は必ず伝わるのだな、そしてもしかするとその逆もあるのかもしれないなと思うのです。人の心の中に刻まれていく職業ってすごいですよね。だからこそ手も抜けないし、悩みも大きい仕事なのですね。     

H君との出会いは、保育園の仕事から遠ざかっている筆者だからこそ感じるものも大きかったのでしょうけど、辛かったことを乗り越えてこそ味わえる喜びだったと思います。保育の仕事は大変なことも多いけど、人生でもっとも純粋な時期の人間と関われる幸せな仕事です。筆者も子どもから学んだピュアな精神を忘れないように生きていきたいと思います。

保育士になるにはピアノが弾けないと難しい?

a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_s

保育士志望の方から一番よく聞かれるのが「保育園の先生ってピアノが弾けないとなれないんだよね?」と言う質問。気になる返答は「弾けないよりは弾ける方がいいかな?」です。実はピアノだけじゃありません。できないよりはできた方が良いことが保育士の身につけておきたい能力としてたくさんあります。できない人はどのように克服するか、対応するかご紹介したいと思います。

絵や工作が不得意だった筆者の大変身の理由は?

筆者は、ほんとに絵が嫌いでした。というか絵心というものがまったくないために下手だし、下手だから描かないしの悪循環。しかもブキッチョさんだったため工作がこれまた大嫌い。多分今から思えばとくに図形の認識とかがすごく弱かったのでしょう。理解できず、幼少時代も折り紙は先生の説明ではまったく折れなかったし、切ったらいけないところを切って泣く泣く工作した思い出もあります。

学生時代の友達は私が保育士になると聞いたとき、びっくりしていました。「あんなに絵が下手なのによく保育士になれたね?」それぐらいひどかったのです。最初はもちろん壁面などを作るときも自分の作ったものが何の動物かわからないこともありました(笑)ですが、必要に迫られ、やらなくてはいけなくなると不思議と少しずつ上達していくのを実感してきました。絵が書けないなりにサンプルの画像を写したり、真似したりしているといつの間にかまともな絵が出来上がるようになっていました。

保育園では絵を使った保育のための準備や壁面作りや手作りおもちゃ等の工作、手作りの小物をミシンや手縫いで作ったりとかなりの細かい造形の作業があります。経験したことのないものは作り方もわからないので大変です。「これ作って!」と頼まれると青くなってしまいますよね。そんな時は、得意な方に助けを求め、そして作り方を習います。できないより絶対できた方が良いことなので、最初から「自分は無理」ではなく何事も経験でチャレンジ精神をもってやってみる。これは保育士の絶対的に必要な能力のひとつです。

もしもピアノが弾けたなら保育の幅も広がるの?

どちらかと言うと克服が難しいのはピアノです。ピアノ技術は、小さい頃からの積み重ねがありますから、保育士の中でも弾ける人と弾けない人に2分されます。筆者はピアノを弾くのは大好きで保育の得意分野は音楽でした。ですが、ピアノが弾けなくても歌は子どもたちに十分教えられます。口伴奏で旋律だけを伝えても子どもは覚えてくれますし、実際わらべうたなどはピアノは必要ありません。歌のCDを使うという手もあります。要は歌を歌う楽しさが伝われば良い訳なので。

一番困るとすれば発表会などの行事かもしれません。そのような時はやはり得意な人に頼みます。伴奏を録音してもらったり、助っ人でピアノを弾いてもらったりして協力してもらいます。実際、合奏などの楽譜も作らなければいけないので、やはりこちらも色々な音楽を聴いたり、できれば演劇などを観賞したりして興味をもっておくことが必要ですね。

不得意分野があるとどうしても仕事が行き詰ってしまいます。自分は保育士に向いてないのかな?と思ってしまうこともありますよね。今は、園によっては保育園の「売り」を全面にだしているところも多いので、自分の得意分野に力を入れている園を見極めるのも必要ですね。

まとめ

保育士はある程度、オールマイティーさが必要なので色々なことに興味をもって経験しておくことが大事かもしれません。もちろん自分の得意分野は保育に大いに使いましょう。それは大きな武器ですから。興味のあることを勉強して自分の得意分野にする人もいます。好きなことも努力がないと極められないですよね。

保育士同士の連携も大切です。得意、不得意をカバーし合ってそれぞれの能力が発揮できて成り立っていくのだと思います。頼りすぎなんて思わなくてよいと思います。とくに保育士さんは頼られることがうれしい人が多いですからね(笑)もちろん自分のできる分野でお返しすることもお忘れなく。

実は子供が嫌いかも・・?保育士の悩み

a717321c11cb43f0e96aed5fdc4864a5_s

「先生 おはよう~」朝、保育園の門をくぐるとこどもたちが近寄ってきます。小さな手が自分のうでに絡みついてくる時、本当に幸せを感じました。今日も一日頑張ろう!そんなパワーを子どもたちからもらっていました。筆者は子どもが大好きで保育士になりました。子どもたちと遊んで、笑ったり、泣いたり、驚いたり。保育士の仕事は自分にとっては大好きな仕事だったと思います。ですが、子どもと向き合うのは、すごくエネルギーのいることです。いつ頃からこのエネルギーが切れはじめたのかは、わかりませんが「私ってほんとに子ども好きなのかな?」と思い始める自分がいました。

集団生活が難しい子どもが増えている現在

筆者が保育士の初心者マークだった頃と今とは確実に子どもたちを取り巻く環境が大きく変わっています。パソコンやゲームもなく、外で友達と戯れて遊ぶことが一般的だったあの頃と家の中でひとりでも十分楽しめるものがそろっている現在。保育の仕事は、集団をつくることです。色々な遊びを通して友達と一緒が楽しいと感じ、友達に影響されて共に育っていく。その人間関係を勉強するお手伝いをしていくのが仕事のひとつです。

色々な要素から最近の子どもたちの集団作りはとても難しくなっています。集団遊び(鬼ごっこなどのルールのある遊び)をするとあっちこっちでトラブルが起きます。自分の気持ちをコントロールできにくい子どもが多いことが原因です。「じゃあ もうやめようか」と子どものように保育士も言いたくなることが普通になってきています。

発達障害を抱えるこどもたちへの配慮

今、保育士をされている方が一番対応に悩んでいるのが発達障害を抱えている子どもたちに対してではないでしょうか。どうしたら生活がしやすくなるのか、対人関係がうまくいくようになるのか、毎日悩みますよね。発達障害の子の対応に追われ実際の保育が思うように進まないこともあります。療育センターなどと連携はとっていくのですが、日々の保育の中では中々活かしきれていないのも現実です。

発達障害に関しては、かなり勉強する機会も多くなり、色々な支援の仕方もわかるようになりました。研修などで学んだことをすぐに実行している同僚をみていると、すごいなと思う気持ちと逆に何もできない自分に焦ってしまう気持ちがありました。勉強不足を感じて落ち込んでしまったこともあります。

クラスの運営がうまくいかなくなると保育園でもクラス崩壊が起きてしまいます。怪我やトラブルも増えて、保護者からの苦情も出てきます。心療内科に通院していたり、うつ病と判断され病休をとる同僚も増えてきていました。精神的に追い込まれてしまうのですね。

私が行った対応方法

「私って子供が実は嫌いなのかな?」怒ってばかりの自分に毎日反省して後悔して、自分の力量のなさを悔やんで。まさしく保育士を辞めたいと思う時です。
園長や主任のサポートも必ずあるとは思うのですが、自分の目指している保育と別のアドバイスをされると余計しんどくなりますが、良きアドバイスになることも多くありました

筆者が保育でしんどかった時、主任の先生が本を貸してくれたことがありました。題名などは忘れてしまったのですが、「困った子だな~と思う子をキムタク(木村拓哉)だと思って保育しよう!」みたいな内容でした(笑)難しい保育論じゃなくて逆に心に残って、次の日から「キムタク キムタク!」と思いながら保育したのを覚えています。

行き詰ったら必要なのは発想の転換です。保育は自分が楽しくないと子どもも楽しめません。例えば子どもが部屋を走ってばかりで怒らなければいけないのなら、子どもたちの動線を考えた走らせない保育室の模様替え。クラスの子が興味をもっている玩具の取り揃え。次に何をしたら良いのかを示す絵カードなどの用意。まずはできることはやってみます。落ち着かないクラスの子どもたちを変えるのではなく自分の考えを変えることが必要です。それはクラス担任の自分にしかわからないことだと思います。

まとめ

難しい子への対応は絶対、日々の積み重ねで焦らないことだと思います。その子をよく観察して何を要求しているのかを知ることができるようになるまでじっくりと関わるしかありません。簡単なことではないですよね。忍の一文字です。

それでも、保育の仕事は辛さ以上の喜びも経験できる仕事です。それも保育士を経験した方ならみんなわかっているはずです。だから子どもたちのために何とかしなくちゃと思う自分がいるのです。その気持ちがあるうちはきっとまだ保育士を続けて良いのだと思います。

保育士の仕事は家庭との両立は難しい?

b6a40424f7f07de5dc87f55f5ec54669_s
結婚して子育てしながら仕事を続ける。国が子育て支援を推進して「女性も働いて良いのです!」と言われていますが、実際はそんな簡単なことじゃないと思います。主婦としては仕事と家事そして子育て。まるで綱渡りのような生活に毎日ぐったりです。
既婚女性は、家庭の問題がからんでくると必ず「仕事を辞めて家にいたい病」が出てきます。筆者も実は毎日のようにこの病に悩まされておりました(笑)保育士の仕事は勤務時間の定時があってないような仕事です。果てしない仕事量をこなしながら、夕御飯のメニューを考える…そんな毎日でした。

家庭との両立がしんどい理由

保育園は朝大体7時半ぐらいからの受付なので、勤務は早出だと7時ぐらいには職場につかなくてはなりません。そして夕方延長保育のある園だと夜8時までなので、実際家に帰るのは9時ぐらいということになります。これを保育士が時差勤務で対応する訳ですが、どう考えても主婦にとっては勤務時間としてはかなり過酷です。

家庭を持ち、こどもがいると必ず自分を助けてくれる人が必要になります。例えばご主人であったり、父母であったり、近所の方であったり。尚且つ、保護者などへの対応や、次の日の準備で突然、帰れなかったりは日常茶飯事であり、緊急の時に我が子を何とかしてくれる体制をつくらなければなりません。ちなみにベビーシッターに頼んでいた同僚もいました。筆者は自分の親に頼りまくりでした。

体力的にもかなりきついのも事実です。戸外で走って遊んだり、赤ちゃんを抱っこしたり、それと同時に大きな声をだして神経を使う。体を使う仕事ですので健康であることが第一です。一日働くとほんとぐったりで、帰って一旦座ってしまうと疲れが押し寄せてくるので、そのまま勢いで家事をすませるのが日課でした。帰っても我が子の世話や家事に追われ、息つく暇もありません。

休みを言いだしにくい職場です

保育の世界は何か突発的なことが起きて仕事を休みたいと思っても中々言い出しにくい職場でもあります。職員もカツカツの状態で回っていますし、それが行事の前だと這ってでもいかなくてはいけない状態です。
事務的な仕事だと策もとれるでしょうが、待ったなしでの対応が必要です。
今は週休や年休もとれるシステムがあるはずですが、逆に誰かが休んでいるのでほんとに休みがほしい時に休めないといった感じでしょうか

一番困るのはこどもが病気になった時です。万障繰り合わせて病気の我が子を人に託して他人のこどもを保育するという事実に仕事とはいえ、割り切ることができない。「ごめんね ごめんね」と心で繰り返しながら涙をこらえて仕事をしたこともありました。

ただし、休んではいけないということはありません。そこは女性ばかりの職場です。気持ちがわかるだけに協力的でもあります。なんでも頼めるような人間関係を努力して作り、協力してもらったら、感謝の言葉とちょっとしたお礼などを渡していました。感謝の気持ちが伝われば良いのだと思います。

無理をしない環境をつくる

家庭を持ってからの仕事は、自分で見極めて良いと思います。家族関係や経済的な面を考えて正規ではなくても臨時職員でも良いと自分と家族が判断すれば変更するのも良いのではないでしょうか。

実際、時間が短くなれば家事も十分こなせるし、我が子と過ごす時間も多くなります。
もちろん正規で頑張る選択肢もありです。専門職として一生の仕事とし、目標をもつのが理想だとは思いますし、実際この仕事は若ければ良い訳ではありません。子育て経験のある保育士は絶対必要です。どちらにしても保育の仕事には変わりありません。

ただし体や神経的なことで辛くなることもありますよね。年齢を重ねてくると知らず知らずのうちに無理もすることが多くなります。それが体などに病気や痛みなどとして現れてくると保育の仕事は正直難しいと思われます。例えば座ってできる仕事に転職する、時間を短くするなどの選択肢があって良いのではないかと思います。筆者も体力的な面もあり退職したひとりです。健康を害してまでは続けられません。

まとめ

家庭をもって仕事を続ける大変さは、自分自身のことと家族のことです。保育士は、安定した気持ちでこどもたちに接するためにも自分自身が幸せでないとできない職業だと思います。保育が大好きでうまく両立できる場合は問題ないですが、仕事を続けようか迷った時は、自分がこれから何を大切にするのかを考える時なのでしょう。

転職活動