年齢別転職のポイント

40代の保育士が転職する際に気をつけるべきポイント

1c57a86e467346640107393cc95a54eb_s

40代で転職って無理なんじゃないの?って不安になる方も多くいると思いますが、40代の保育士でも転職が可能です。20代からずっと保育士を続けて来た人なら経験が豊富なので、条件が合えば転職出来るでしょう。一度退職して復職を考えている人や40代で保育士を目指すのも不可能では無いのです。

子供が好きだから保育士として働きたい、そのような気持ちを持つ人はとても多いです。その気持ちは20代でも40代でも同じでしょう。ただし、40代での就職や転職に少しリスクが存在しています。40代で保育士になる際に注意したいポイントを見てみましょう。

体力的に不安視されてしまう

40代の保育士であれば、経験は十分にあるでしょう。その点は信頼され、高く評価されることは間違いありません。

問題になるのは体力面です。20代と比べると、40代の体力はかなり下がっています。高齢の保育士は、足腰に痛みを感じている場合が非常に多いのです。そのため、面接を受ける時は働く体力があることや健康をアピールするのが効果的です。

アピールしておけば、少なくともマイナス評価を無くすことが出来るでしょう。ですが、過剰にアピールするのは控えてください。20代には確実に負けるので、強くアピールし過ぎるのは嘘っぽく見えてしまいます。仕事に支障を出さない体力があることを伝えるようにしましょう。

転職時に重要になるのは経験

履歴書の志望動機や面接では、今までの経験をどう役立てるかを語りましょう。転職を希望している保育園や会社の運営方針に賛同し、貢献できるのをアピールするのがポイントです。新卒の保育士には元気さと明るさを求める傾向がありますが、40代には過去にどのような経験があったかを重視しています。他の保育園や児童福祉施設で得た経験を取り入れて、より品質の高い保育を実現したいと思っているのです。今までに経験したエピソードを話せるようにまとめておくと良いです。

また、保護者に安心感を与えられるのをアピールするのも高評価です。子供を預ける保護者は、若い保育士に不安を感じていることがあります。特に子育て経験が無い保育士の人に子供の面倒が見れるのかと考えています。

その点、40代の保育士であれば経験豊富なため、保護者の不安を取り除くことが出来ます。子育て経験があるなら大きな信頼を得ることになるでしょう。子供を預かる職場に多い問題の1つが保護者対応なので、それを軽減できる存在は重要となります。

将来を見据えて仕事しやすい職場を探す

やはり、一番の問題は体力面となります。40代になると身体が思うように動かなくなり、寝ても疲労が取れないことが増えます。そこで重要になるのが働きやすい職場を探すことです。通勤時間が短く、働く時間も短い託児所などに転職するのも良いでしょう。

待機児童が多い現代では、様々なタイプの保育施設があります。マンションの一室を利用する小規模保育がその1つです。他にも、ベビーシッターを仕事にするのも良いかもしれません。今後も働くつもりなら体力が衰えても続けられる職場を見つけておく方が良いでしょう。

40代でも転職は可能ですが、今後は徐々に難しくなって行きます。出来るだけ早く、40代後半、50代になっても仕事を続けられる職場を見つけてみてください。

正社員にこだわらない

出来ることなら正社員になりたいと思っているのではないでしょうか?正社員の方が安定しているので、そう思うのはとても自然です。しかし、そこにこだわり過ぎて就職や転職の機会を見失わないようにしましょう。契約社員だったり、パートやアルバイトであれば職場の幅は広がります。

30代の保育士が転職する際に気をつけるべきポイント

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s

30代になった保育士は、非常に経験が豊富なことが多いです。結婚や出産で実際に子育てをした30代なら、尚更保育士としての評価が高まることでしょう。

しかし、ゆっくりもしていられないのです。30代になってくると徐々に転職が厳しくなってきます。保育士を募集する側も、体力が豊富な若い人を募集する傾向にあります。経験があるベテランは既に保育園内に居るからです。そのため、30代の後半になって来ると、なかなか転職がうまく行かない状況になるかもしれません。

まずは、30代の保育士が転職する時のポイントを知っておきましょう。

30代の転職はラストチャンスと考える

若い人だと新しい職場にも柔軟に対応できると考えられています。年齢が上がって来ると年齢と職場の上下関係が逆転し、うまく行かないケースがあるからです。主任のポジションが空いていれば良いですが、なかなか都合よく見つかるものでは無いでしょう。30代で転職を行う時は、これがラストチャンスだと言う覚悟で臨むのが良いです。

そこで重要になるのが、保育士として働く際に何を一番大事にするかです。待遇が良い場所で働きたいのか、自分の考え方に合う場所で働きたいのかです。転職が成功したのに、すぐに辞めてしまったら非常にもったいないことになります。そうならないためにも、何を重視して働きたいかを明確にしましょう。そして、その明確になった重視する点を満たす職場を見つけるのがポイントです。

家庭とのバランスを想定しておく

30代の保育士であれば、大抵の人は結婚しているでしょう。子供が居て子育て経験がある保育士も多いはずです。20代で保育士を退職して、子供が小学校になってから復職するのは良くあるパターンです。もし、結婚していて、さらには子供が居るようなら仕事と家庭のバランスを考えておきましょう。

保育士の仕事をすることは、その分家に居る時間が少なくなることを意味しています。掃除や炊事洗濯、夕食の準備などが旦那としっかり分業になっていれば問題ありませんが、そうで無いなら危険です。仕事で残業があり、夕食がコンビニになることが続いたり、掃除や洗濯が疎かになったりすると、夫婦関係が悪化してしまいます。また、自分の子供とのコミュニケーションが減り、寂しい思いをさせてしまう可能性もあるでしょう。

仕事と家庭の両立がうまく出来るか、事前にしっかりと想定した上で転職を行うのが良いです。

広い視野で求人情報を見てみる

保育士の転職先は多岐に渡ります。保育園や幼稚園以外には、学童保育や児童相談所、託児所などがあります。フルタイムでがっつりと仕事するなら深く考えずに、自分がやりたい場所へ行くのが良いでしょう。しかし、家庭と仕事を両立させるのであれば、ある程度自由に使える時間がある就職先を探す方が良いです。

例えば、正社員ではなくパートやアルバイトでデパートなどの託児所で働く場合です。週3日程度にすれば、家での自由時間も多いので仕事と家庭の両立がやりやすくなります。働く時間や曜日も調整できる可能性が高いので、そうした点でもメリットがあるでしょう。

企業が設置した事業所内保育所も魅力的です。薄給で知られる保育士ですが、事業所内保育所は比較的待遇が良いとされています。転職サイトを利用すれば様々な求人を見られるので、視野を広げた上で転職するのがポイントになります。

10年先まで予想してみる

稼ぎたいから給料が高い場所へ転職するのも1つの手段です。ですが、10年後もそこで働き続けているか考えてみましょう。30代後半、40代になれば転職はどんどん難しくなってきます。その職場がとても良い場所だったと想定して、仕事と家庭を両立させられるかを判断基準にしてみてください。

給料が良い場所に1年勤めるよりも、そこそこの給料の場所に10年勤める方が良いケースもあるのです。家族と相談しつつ最適な転職場所を探すようにしましょう。

20代の保育士が転職する際に気をつけるべきポイント

9172a121100b066ed8dd68692798b2ec_s

一般的な会社では、20代の会社員は働き盛りです。20代後半にもなれば管理職への昇進も見えて来ますし、大きなプロジェクトを任せることにもなるでしょう。そんなバリバリ仕事する20代ですが、保育士にとっては人生の大きな分岐点になります。

それは結婚や出産です。子供が欲しいと思っている保育士さんは、20代で結婚や出産により保育士を辞めて行くのです。結婚せずに働き続ける人も居ますが、1つの分岐点になっていることは間違いありません。年齢別に見た保育士の人数でも、27歳から34歳は極端に人数が少なくなっています。これは、結婚や育児で保育士を辞めた人が、30代半ばに復職してくる結果を表しているのです。

このような人生の分岐点に差し掛かる20代の保育士転職のポイントを紹介します。

20代の転職は保育士経験をアピールするのが効果的

保育士経験が3年以上あるなら、その経験をアピールする方が転職を有利にします。今までどのような業務を行い何を感じて来たのかを、具体的なエピソードを交えて紹介しましょう。この時重要なのは、その経験をどのように活かせるか伝えることです。新卒ではなく転職者を雇う場合、即戦力を期待して雇うことがほとんどなのです。そのため、保育士の経験をアピールするのが効果的となります。

元気さや明るさも大切なポイントですが、20代の後半であれば歳相応の振る舞いをするのが良いです。また、子供が大好きなのは大前提です。転職時には子供が好きな理由を話せるように、自分の気持ちをまとめておきましょう。

結婚や出産の予定を考えておく

前述した通り、20代後半からは結婚や出産により退職する保育士が増えて来ます。雇用する側からすれば、雇ったのにすぐ辞めてしまうリスクがあるのです。面接時には結婚や出産の予定があるかどうか聞かれるので、将来のプランは考えておきましょう。

例えば、結婚の可能性があるなら、その後に働き続けるかどうかを決めておく方が良いです。結婚しても何も変わらず保育士の仕事を続けるつもりなら、その意思をはっきり伝えるのが好印象です。もし、結婚と同時に辞めるつもりでも、それは伝えない方が良いです。ただし辞めるとしても、最低限迷惑が掛からないように退職のタイミングは配慮するようにしましょう。

出産については、子供は欲しいけど予定は決まっていないと答えるのが無難です。2年以内に子供が欲しいと思っていると答えれば、それは2年以内に辞めて行く可能性が高くなります。わざわざすぐに辞めて行く人を雇うことはしないので、転職の成功確率は下がってしまいます。出産の予定は無難に濁しておくのが良いでしょう。

キャリアアップを視野にいれるかどうか


通常の保育士を続けるのか、それとも主任や園長などの管理や経営側に回るのか、将来のビジョンを考える必要があります。
将来のビジョンによっては資格が必要になりますし、経営の知識も必要になって来るでしょう。さらに、キャリアアップが可能な職場に転職するか、最初から主任や園長として転職するかも重要になります。

子供達の世話をする一般的な保育士を続けるのであれば特に悩む必要は無いでしょう。今後、キャリアアップをしたいと思っているなら、主任候補や園内に明確な昇格基準がある職場を探してみてください。既に実績を積み、万全の態勢を整えているなら園長の求人に応募するのが最適です。

これらは個人で判断するのは非常に難しいものです。転職サイトに在籍するコンサルタントにアドバイスを受ける方が良いでしょう。園内でキャリアアップを狙う人は、事前に内部の情報を調べておかないと後悔してしまいます。職場がどのような体制になっているのかを、コンサルタントなどに聞いて確認しましょう。

20代の転職は将来に関わる分岐点

現状のまま仕事を続けるのか、キャリアアップを狙うのか、結婚や出産で退職するのか、3つの分岐があります。どの道を選ぶかで今後の人生は劇的に変わるでしょう。自分がどのような人生を歩みたいかをじっくり考えた上で、転職活動に臨んでください。どれが良いか分からない場合は、周囲の人に相談するのも良いです。キャリアアップについては、転職サイトのコンサルタントに相談した方が的確なアドバイスが貰えるでしょう。

転職活動