転職活動

転職活動は働きながら?退職してから?各々のメリット・デメリット!

61a449ac7930e781d810debac441480b_s

転職をしようと考えた時、それをいつ始めるかが問題になります。保育士として働いている時に転職活動を開始するべきか、それとも退職してから行う方が良いか迷うでしょう。働きながら準備をしつつ、退職してから本格的に活動しようとする人も居ます。

活動時期に明確な意思があるのなら大丈夫ですが、何となくで行動しているなら危険です。転職活動を現職でするのと退職後にするのでは、メリットとデメリットが大きく違ってきます。どのような違いがあるのかをしっかりと把握しておきましょう。

現職時に転職活動するメリット

保育士の仕事をしながら転職活動を行っていると、ゆっくりと時間を掛けて転職先を探せるメリットがあります。少しでも良い職場を探すなら時間は多いに越したことはありません。

現職時に就職先が決まれば退職後の経済的な不安も解消されます。収入が途切れないのも大きなメリットになります。自分の都合で退職すると失業給付が開始されるまでに、待機期間が出来てしまいます。数ヶ月無収入の状態が続けば生活はかなり苦しくなるでしょう。そう言った不安を解消出来るのが現職時に転職活動を行うメリットなのです。

現職時に転職活動するデメリット

デメリットは退職日と入社日の調整になります。保育園であれば3月に辞めて4月に新しい職場に転職する流れがありますが、児童福祉施設であればいつ転職を行っても不思議ではありません。10月に退職予定なのに9月から来て欲しいと言われると困ってしまいます。面接時には就職可能な時期を明確に伝えておく必要があります。

また、現職の仕事を確実に辞められるかの確認も大切になってきます。いざ辞めようとしたら引き止められたり、後任が見つかるまで辞めるのは許さないと言われたり、トラブルになる危険があるのです。退職日と入社日の調整が難しいデメリットがあるので注意しましょう。下手するとせっかく決まった就職先から合格取り消しを言われてしまうかもしれません。

また、働きながら履歴書を作ったり面接対策したりするのは非常に大変です。転職活動は自分一人だけでやらずに、転職求人サイトや転職エージェントを有効に活用すると楽にできます。転職サイトを利用すれば、このデメリットはかなり改善出来るはずです。

退職してから転職活動するメリット

退職後であれば仕事は無いので落ち着いて転職活動を行えます。求人情報をじっくり探し、履歴書や面接対策にもたっぷりと時間を使えます。働きながら求人情報を探して応募し、面接を受けるのは非常に大変です。ですが、退職後であれば重たい負担にはならないでしょう。これが退職後に転職活動するメリットです。

また、資格修得の勉強をしたり、気持ちをリフレッシュさせたりする時間も取れるでしょう。キャリアアップを目指す人は資格修得後に転職活動する方が有利になります。

退職してから転職活動するデメリット

一番のデメリットは収入面です。貯金が十分にある人や実家暮らしの人なら致命的な問題にはなりませんが、一人暮らしだと死活問題です。お金が無いと面接に行く交通費さえ苦しく感じるようになり、転職活動が消極的になってしまいます。

さらに、早く転職先を見つけなければと焦ってしまうのもデメリットです。心の中に焦りがあると、条件があまり良くない求人にも応募してしまうでしょう。そうなると良い転職が行えないリスクがあります。

無職の時間が長くなれば、面接時に何をしていたか聞かれることにもなるでしょう。3ヶ月程度なら良いですが、半年以上になると少し悪い印象を持たれてしまいます。

転職する際には目標を決めておく

キャリアアップなどが目標ならそれを目指して転職活動を行いましょう。もし、今の職場がつらくて転職するのであれば、次の目標を明確にしておくことが大切になります。給料が良い職場を見つけるのか、人間関係が良い職場を見つけるのか、転職時に絶対叶えたい目標を設定するのです。何も目標が無いまま転職活動するのは、無駄に遠回りしてしまうかもしれません。目標が決まっていれば現職時か退職後、どちらが適しているか自然と分かるでしょう。

未経験でも大丈夫?他職種から保育士になる方法

7342abb015a0fc8be04152e5eb86a7bb_s

一度社会に出た後に、子供が好きだから保育士になりたいと思う人が居ます。理由はいろいろとあるでしょうが、保育士を目指すことはとても良いことです。待機児童の問題が騒がれ、保育士不足が騒がれる今こそ、子供が大好きな気持ちが役立つ時です。

このように他職種から未経験で保育士になるためにはどうしたら良いのでしょうか?不透明な部分が多い保育士のになるまでの過程を紹介します。

まずは保育士資格を取得する

保育士になるには、保育士資格を取得しなければなりません。資格を取得する手段としては、大学や短大、専門学校に通うのが最適です。社会人になった後から目指す場所としては、通信制の大学や専門学校が通いやすいでしょう。

基本的に大学や専門学校であれば、卒業と同時に保育資格を得られます。もし、保育士になるまで働いている人は、決まった時間に学校に通うのは困難です。そこで通信制の大学等で自由な時間に勉強を出来るようにするのです。仕事を辞めて保育士資格の取得に注力出来る環境があるなら、一般的な大学や専門学校でも良いです。この方法で保育士資格を得るのが一番確実です。

保育士試験を受けて資格を取得する方法

保育士資格の取得には、保育士試験を受ける方法もあります。大学や専門学校を卒業する人は、保育士試験を受けずに資格を取得できます。しかし、一般的な大学や高校を卒業しただけの人は、保育士試験を受けなければならないのです。

資格の取得には筆記試験と実技試験をクリアする必要があります。どちらかが不合格だと保育士資格は貰えないのです。ちなみに、合格率は毎年10%から20%前後なので、簡単な道では無いのを覚悟しておきましょう。

最速だと1年で保育士資格が取得できます。勉強を始めて、8月に8科目の筆記試験を受けます。そして、10月には実技試験を受けるのです。ここですべてをクリアすれば保育士の資格を得られるのです。ただし、これを実現させるためにはかなりの努力が必要となります。

次に、2年かけて取得するプランです。こちらは1年目で全科目の筆記試験をクリアできなかった人が通る道です。筆記試験で合格した科目は、3年間試験が免除されます。例えば、1年目で5科目に合格していれば、2年目で受ける試験は3科目で良いのです。ちなみに、筆記試験に合格しないと実技試験には行けないので覚えておきましょう。

保育士になる前にアルバイトやパートをしてみる

保育園で働くには保育士資格が必須です。しかし、子供の面倒を見る場所でありながら保育士資格が必要ない場所があります。それが託児所です。デパートの一部などで子供を預かる場所が託児所に該当します。

託児所は保育士資格が不要で、アルバイトやパートを多く雇っています。いきなり保育士を目指すのも良いですが、まずは子供の世話がどのようなものなのか体験してみるのが良いでしょう。楽しくて最高だと思えば保育士を目指すのが良いですし、意外とつらくて大変だと感じるなら検討し直す必要があります。

転職サイトで託児所をキーワードに検索すると、該当する求人情報が出て来るので探してみてください。託児所でもピアノの演奏や絵本の読み聞かせ、乳幼児の保育を手厚くするなど、一般的な保育園と変わらないサービスをしています。社会人から保育士を目指すのは相応の労力を要するので、慎重に行動するようにしましょう。

他職種から保育士になるのは可能

保育士免許され取れば保育士になれます。ただし、最速でも1年掛かるので容易に転職出来る訳ではありません。子供が好きな気持ちと、保育士になる覚悟、両方が強くなければ達成出来ないでしょう。

ですが、困難を乗り越えて保育士になれば、その達成感と充実感は何物にも代えがたい宝物なります。子供たちと楽しい毎日を過ごしたいなら、計画性を持って保育士への転職活動を進めましょう。

ブランクありで不安、保育士の復帰・再就職って難しい?

664068cbd54010cd2ea7d6be6cef9823_s

昔は保育士をしていたのに、今は何らかの理由で休業している方は少なくありません。病気が原因だったり、結婚や出産が理由だったりするでしょう。一度、保育士の現場を離れてしまうと、再就職の時に懸念されるのがブランクです。保育士として働いていない期間が長ければ長いほど、ブランクが気になって来るものです。

ですが、そうしたブランクの心配を補佐する場所があります。保育士の不足が叫ばれている昨今で、保育士の経験がある人は貴重な人材なのです。断言しますが、ブランクはさほど問題にはなりません。再び保育園で働く意思があるのなら、就職活動をしてみるのをおすすめします。

ブランクがあると就職に不利?

ブランクがある人と、ブランクが無い人を比べると、ブランクがある人はやや不利なのが現実です。しかし、それがイコール就職出来ないことには繋がりません。ブランクがあっても正しい対処をすれば、保育士の仕事に就けるのです。

まず、ブランクがあることを不安視し過ぎないことが大切です。ブランクがある人は、新しい保育知識や保育園の状況の変化に対応出来ないことに不安を感じています。他にも、技術や知識を忘れてしまっていたり、体力的な心配もあるでしょう。そうした不安は理解出来ますが、そのようなことはどうにでもカバー出来るのです。

不安になり過ぎて行動しないのが一番の問題点です。勇気を出して行動しないと、保育士として再就職する道は遠ざかってしまいます。

ブランクがある人OKの求人も出ているので、求人サイトなどで探してみるのが良いでしょう。求人、転職サイトにはブランクがある保育士の人向けに勉強会を開いていたり、就職支援実習を開催していたりします。こうしたシステムを有効活用するのが重要になるのです。

就職面接の時は正直で謙虚に話す

良い求人情報を見つけて応募したとしましょう。書類選考が通れば面接を行うことになります。

この面接が非常に大切になります。ブランクがある人が面接を受けたら、100%ブランクがある理由を聞かれます。病気が原因なのか、結婚等が理由なのかは正直に話しましょう。そして、なぜブランクがあるのに再び保育士を目指したのかを話せるようにしておいてください。

ブランクの理由が人間関係の悪化によるものだとしたら、それも正直に言う方が良いです。保育園では人間関係の悪化は良くあることです。下手に隠すと不自然なブランクだと見られてしまうので注意しましょう。

ブランク状態から再就職する理由ですが、ここでは少し工夫が必要なのでアドバイスします。お金のためであっても、それは隠す方が良いです。経済的に切迫している事情は絶対に言わないようにするのがポイントです。生活が苦しいので再就職を考えたと言えば、それは渋々、嫌々保育士をやるように見えてしまいます。雑な仕事や十分な保育を行うやる気が無いと判断されてしまうでしょう。

子供が好きだから、あるいは働く保護者の手助けをしたいから、そのような就職動機を語るのが良いです。

年下にも敬意を示すのがポイント

ブランクがある人が再就職すると、年下の上司が居る場合もあるでしょう。職場の上下関係と年齢がちぐはぐになると、人間関係が悪化しやすくなってしまいます。

そこで重要になるのが、ブランクがある人が謙虚な姿勢を見せることです。相手が経験不足による言動をしても、暖かく見守りながらそれをサポートするのが良いです。時にはプライドが傷付き反論したくなることがあると思いますが、謙虚の姿勢を貫き反感を買わないようにしましょう。下手に過去の経験などを基準に話すと、扱いにくい部下のレッテルを貼られてしまいます。謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。

ブランクがある保育士をサポートする転職サイトが良い

転職サイトの中には、最新の保育事情を説明したり、昔と変わった保育知識を重点的に説明したりするところがあります。保育士専門の転職サイトでは、ブランクがある人にも手厚いサポートを行っているので活用しましょう。

ブランクがあっても就職は可能です。保育士は不足しているのですから、積極的に行動してみてください。

保育士転職の強い味方!コンサルタントの上手な利用方法

08e1511de4111682f10494099b9812cf_s

転職サイトには様々なサポートが備わっています。その中でも有効活用したいのが、転職コンサルタントやアドバイザーなどです。サイトによって呼び方は変わりますが、こうした存在は転職を大幅に有利にしてくれます。

転職コンサルタントを上手に利用して、希望の条件を満たした転職が行えるようにしましょう。

転職コンサルタントの良し悪しを見極める

良い転職を行うには、良い転職コンサルタントに巡り会わなければなりません。たまたま合ったコンサルタントが優秀だとは限りませんので注意が必要です。

まず、複数の転職コンサルタントを利用しないように言って来る相手は危険です。より良い転職をするには複数のコンサルタントと話すのは至極当然です。しかし、それを利用しないように勧めて来るコンサルタントは、自分の利益を優先していることが考えられます。

他には、あなたの希望を無視した転職先を紹介してくるコンサルタントも要注意です。人気の求人があります、確実に転職できる求人があります、このような言葉には警戒しましょう。コンサルタントが言う人気の求人は、コンサルタント側が儲かる求人であり、確実に転職できる求人は人気が無いものです。

良いコンサルタントは、残業時間や給料、人間関係に配慮した求人を探してくれます。時には年収が下がっても、人間関係の良い職場を紹介してくれるので覚えておいてください。

コンサルタントからしか得られない情報を積極的に得る

せっかく転職コンサルタントを利用するのですから、そこでしか得られない情報を得るようにしましょう。例えば、職場の雰囲気や本当に残業が少ないのかと言った情報です。転職コンサルタントは、多くの転職希望者から情報を得ており、保育園内の実情に詳しいのです。

他にも、園長が交代して園内で揉め事が起こっている、と言った情報も手に入ります。面接時や電話などで積極的に聞いてみてください。給料や福利厚生の有無は求人情報を見れば分かります。それよりも、園長の性格や方針を聞く方が、転職コンサルタントを上手に利用していると言えます。

まずは転職サイトに登録してみる

転職コンサルタントを利用するには、転職サイトに登録しないといけません。無料ですし、広告メールは配信停止に出来るので気になる転職サイトがあれば登録してみましょう。転職コンサルタントも無料で利用できるので、今の自分がどこへ転職できるか相談してみるのもありです。人間関係や給料の不満を話せば、どれだけ不遇な状況なのかを第三者から教えてもらえます。

将来を見据えた人生設計にも役立つので、転職コンサルタントにキャリアアップの相談をするのも良いでしょう。
元保育士のコンサルタントも居るので、そうした人であれば悩みに共感してくれます。
転職を成功させるためにも、転職コンサルタントは上手に利用してください。

給料安すぎ!保育士さんが給料アップのためにできる事は?

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

保育士の平均年収は約310万円です。これは決して高い額ではなく、むしろ低いですよね。ハードな仕事にも関らず、低い給与に多くの保育士が悩んでいます。保育士を10年続けているベテランでさえ、手取りの給料が20万以下の人も少なくありません。

経験も積んで優秀な保育士さんが薄給の上、残業も多くプライベートが無い状況には、ある種の切なさが漂います。その上で福利厚生も少ないのなら、将来に不安を感じるのは当然です。

やりがいだけで頑張り続けるには限界があります。確かに、仕事のやりがいは大切ですが、優れた対応を行っているならそれに見合った対価を欲しいと感じるはずです。

そこで何とか給与をアップさせたいと思うけれど、なかなかその方法がわからないと思うのが実情ではないでしょうか。保育士の給与をアップさせるには、どうすればよいか探ってみましょう。

まずは上司へ相談

給与が低い悩みを上司に相談したことはありますか?上司に話したところで給与がアップするはずがないと多くの人が決めつけていることでしょう。

確かに給与支払うのは、民間の保育園の場合は経営母体の企業です。公立の保育園の場合は地方自治体です。ですから園長に話したところで、給与アップは見込めないと初めから諦めてしまっている人もいると思います。

しかし、年収には給与だけではなく、賞与も含まれますよね。賞与の査定って上司である園長が行うことを忘れてはいけません。

誤解があってはいけないので言っておきますが、給与が低い悩みを上司へ相談したからといって賞与の査定が良くなるといったことではありません。上司への相談では「もっと自分にできることはありませんか?」といった様にやる気をアピールするのです。

すると、意欲をもって仕事に従事しているイメージを与えることができるので、査定に影響する可能性があります。

給与アップを見込んだ転職

「保育士の仕事は好きだから続けたい」「でももっと高い給与が欲しい」そんな人は転職をしているケースが多いですね。しかし、保育士の転職にはいくつかの気をつけなければいけない点があります。

転職が必ずしも給与アップとは限らない

今の保育園では給与が低すぎると嘆かれている人は、給与アップを期待して転職をします。では、転職をすれば必ず給与がアップするのでしょうか。それは大きな間違いです。

転職をしたからといって、必ずしも給与がアップするとは限らないからです。ある程度の勤務経験がある人ならまだしも、保育士としての経験が少ない人が転職をすると給与体系は低いところからスタートです。

給与アップを見込むどころか、逆に給与がダウンするといったこともあります。「今よりも給与がアップする!」と飛びついてしまっては後で後悔することにもなりかねませんね。一大決心をして転職をしたにも関わらず、給与がアップしないとなると果たしてその転職は成功であったのかどうか、悩むところですね。

好条件の求人は非公開

保育士の求人情報の中で好条件のものは一般に公開されないケースが多いです。給与アップのために転職を考えていても、好条件の求人を見つけられないのであればいつまでたっても転職できませんよね。

では、どうすれば非公開とされる好条件の求人情報をキャッチすることができるでしょうか。おすすめは保育士専門の求人サイトの利用です。保育士専門の求人サイトであれば一般には公開されない好条件の求人情報を多数取り扱っています。保育園を経営する母体企業とも信頼関係があるケースが多いので、交渉次第では雇用条件が変わったりもします。

転職活動をする場合にハローワークを利用する人も多いようが、実はハローワークへ求人情報を掲載する企業にはある特徴があります。それは人材確保にお金をかけないといった点です。ハローワークに求人情報を掲載するのは実は無料で行うことができるのです。それはひっくり返せば人材確保にお金をかけない=人件費の比重が低いといったこともわかります。

先ほど紹介した保育士専門の求人サイトでは、保育士を紹介し、就職が決まれば紹介料が保育園からサイト側へ支払われる仕組みです。優秀な人材確保のために人件費をかける保育園では、職員への給与も見込めるといった感じですね。

給料アップの交渉と転職をするなら、どちらが楽か?

保育園には主任になる条件が明示されている場合があります。その条件を満たしていれば昇進して給料アップなどの待遇改善が行えるかもしれません。しかし、保育園内で昇進するのはかなり難しいのが現状です。開園したばかりの保育園なら別ですが、そうでなければベテランの主任が上に居座っておりポジションが空きません。そうなるとキャリアアップは絶望的になるので、転職するのが手っ取り早くなります。

今の年収が300万であれば、それを350万にする転職が出来ないか探してみましょう。保育士さんの待遇改善をしようと努力している保育園も出て来ているので、諦めないで探すのが重要です。探してみれば年収400万以上の求人も見つかりますし、主任や園長の募集もあるのです。職場で頑張るよりも、新しい環境で自分らしさを発揮する方が良い場合もあるでしょう。

待遇改善ですぐに実行できるものは、上司や園長に相談することでしょう。ですが、保育園にも経営がありますし、要望に応えて給料を上げてばかりも居られません。しかし、保育士さんにとっては今の生活がありますし、将来の貯蓄も重要なのです。

給料アップの交渉はデリケートで、控え目な人は上司に相談することも出来ないのではないでしょうか?理解の上司が上に居るなら、その程度の能力で給料アップなんておこがましいと罵られる危険さえあります。

では、転職ならどうでしょうか?転職活動で給料アップの交渉をするのは自然な流れですし、転職エージェントを活用すれば自分で話す必要もありません。希望の年収を伝えて後は待って居れば良いのです。雇用主と直接給料交渉をしないで済むので、誰でも気軽に利用できるでしょう。

現状の待遇に不満があるなら我慢しない

待遇に満足しているなら問題はありませんが、不満があるならそれを解消するようにしましょう。不満を持ったまま仕事をしていると、些細なことでストレスが溜まって行きます。快適なプライベートと保育士の仕事を両立出来れば、環境は大きく変わるでしょう。我慢せずに積極的に高待遇の求人を探してみてください。

プライベートを重視したい保育士のための求人の探し方

90faf38802e980efc37c3a15020611aa_s

プライベートの時間は心の休養になりますし、また仕事をがんばろうと思うためにも大切です。そんな人生を充実させるには休日をしっかり取れなければなりません。しかし、保育士さんの中にはプライベートの時間が取れずに悩んでいる人も多いでしょう。

連日のサービス残業や休日保育で出勤を余儀なくされることもあるはずです。プライベートが無くなると心の余裕も無くなり、仕事を続けるのがつらくなって行くでしょう。こうした問題を解決するには、プライベートを大切に出来る職場へ転職するのが最善です。ライフワークバランスを重視する方に向けて、ポイントを紹介します。

休日保育をしていない保育園を探す

土日に保育園を開園していない場所を探すのはとても有効です。これなら研修が無い限り土日は休めるでしょう。求人情報を見る時に土日休みの文字を見るのではなく、土日に保育園を開園しているかを見てください。すべての土日が休みだと書いてない限り信用しない方が良いでしょう。

また、土日が休みになっていても、イベントや行事が多い保育園だとプライベートが無くなります。土日に家で飾りを作ったり事務処理をしないと仕事が終わらないこともあるので、休みかどうかを確認した後に、仕事量についてもチェックするのが大事です。

事業所内保育所に転職する選択肢もあり

一般企業が設営する事業所内保育所(企業内保育所)は休みがかなり安定しています。企業の勤務体制が土日休みなら、保育所も土日休みが確約されるでしょう。ちなみに、企業が平日休みで土日営業しているようなら、休みは平日になるので覚えておいてください。

2015年現在では、事業所内保育所の数はまだまだ少ないですが、今後はどんどん増えて行くでしょう。女性の社会進出が増え、地位の向上が叫ばれているので、保育所設置を前向きに考えている企業は多いです。

事業所内保育所の求人を探すなら、転職サイトが望ましいです。インターネットで自力で検索するのも良いですが、環境が良いのか見比べるのが大変です。転職サイトであれば給料や環境を比較しやすいですし、転職エージェントのサポートも受けられます。

事業所内保育所なら有給休暇の取得もしやすい

日本人の有給休暇の取得率は先進国の中ではかなり低くなっています。これが意味するのは、日本人は仕事を頑張り過ぎなのです。あるいは、所属する企業から過多な作業量を押し付けられているとも言えるでしょう。保育士も同様です。有給休暇をすべて使いきれて居るでしょうか?使いきれて居ないなら、それは本来得るべき利益を捨てていることになります。

そんな状況を解決するには、事業所内保育所に転職するのが効果的です。事業所内保育所は一般企業が設営しているので、有給休暇の取得も積極的に推進している場合があります。

休みが無いのはつらくて当たり前です。新人だから土日が無くても仕方ないと考えられる風潮は明らかに間違っています。
仕事とプライベートの両方を充実させるためにも、土日に休める場所へ転職を行いましょう。

プライベートを守る意思が大切

仕事が遅いから残業をしなければいけない、そう思っているなら危険です。休日に休むのは誰もが平等に得るべき権利なのです。仕事が終わらないなら、その原因を排除するのが会社側の義務です。作業量が多いのなら従業員を増やして作業分担をするべきですし、本人の作業能力が低いのであれば指導を行うのが普通です。とにかく終わらせろと強要されるのは、会社から理不尽な扱いを受けています。

プライベートをしっかりと取りたいと考えるなら、その意思を強く持ちましょう。今の保育所が休日を取れない状態なら、事業所内保育所への転職を考えてみてください。まずはどんな求人が出ているのか、事業所内保育所の求人を扱っているサイトで確認することから始めましょう。



行事の準備がつらい保育士の求人探しのポイント

f2c144e0a22c37da3836bbbb8fd55bca_s

保育園では運動会やお遊戯会などの大型イベントから、季節を楽しむ行事も行われます。イベントや行事があることは楽しくて良いと感じますが、それを準備する保育士さんの負担はかなりのものになります。行事の企画から始まり、壁の飾り付けや保護者への連絡などをしなければなりません。

準備に専念できるなら問題はありませんが、通常の業務にプラスされると心身共に疲弊してしまうでしょう。サービス残業して飾りつけを行う日々が連日のように続けば、つらいと悩むのも理解できます。

行事やイベントが好きという方には良いかもしれませんが、保育士さんの中にはそうでない方もいます。そんな方は思い切って行事やイベントがない求人を探してみましょう。求人探しのポイントについて、いくつか紹介します。

行事やイベントが少ない保育園へ転職する

求人を見てみるとイベントを積極的に開催していない保育園も多いです。条件に合う場所を探してみましょう。そもそも、近年では父の日や母の日と言ったイベントが廃止される傾向にあります。片親の保護者に対する配慮でそうなっているようです。他にも、土日で休みが取れない保護者も増えているので、イベントの開催を少なくする保育園も増えています。

保育園ごとに特色は違うので、自分が無理なく働ける場所に転職するようにしましょう。無理を続けて体調が悪くなってしまうと、保育士を続けられなくなります。また、悩みを抱え続けるのも良くないので、必ず誰かに相談するようにしてください。

事業所内保育所はイベントが少なめ

一方で企業が社員のために設営した保育所では、行事やイベントが極端に少ない傾向があります。運動会や季節行事が無いので、長時間の残業が発生しにくいメリットがあるでしょう。預かる子供がそんなに多くないので、壁の飾りつけなども必要最低限で済みます。イベントや行事の多さに悩んでいる保育士さんは、事業所内保育所がおすすめです。

しかし、この事業所内保育所を探す場合はいくつかの点に注意しましょう。まず、事業所内保育所がどのような形態なのかを見てください。企業専用の保育所なのか、複数の企業で共有されている保育所なのかです。1つの企業が運営していると、子供を持つ女性が少なくなれば保育所は無くなってしまいます。複数の企業で共有されている方が、継続的に保育士として働いて行けるでしょう。

また、企業の女性従業員の人数も重要です。女性が50人のケースと、女性が300人のケースでは状況が異なってきます。保育所を利用するのは子供が居るけど働き続けたい人です。子供が出来て退職してしまう人も居るのを考えると女性の人数は少しでも多い方が、保育所で長く仕事が出来ます。

企業が設営する事業所内保育所が保育士を救う

給料体系や福利厚生など、通常の保育園よりも待遇が良いとされているのが事業所内保育所です。イベントや行事が少なく、休みも安定しているので忙しさで悩んでいる保育士を救う環境だと言えます。こうした事業所内保育所の求人は、転職サイトで探すのが一番でしょう。非公開求人になっている場合もあるので、事業所内保育所を専門に取り扱うサイトが有効です。



残業がない求人は事業所内保育所が狙い目?

89e0f0d1e5fc8641c5c4917d4695445b_s

保育士は事務処理が片付かず家に持ち帰ってサービス残業したり、各種イベントの準備で遅くまで残ったりと何かと残業が多くなりがちですよね。また、厄介なのが決められた時間までに子供を迎えに来ない保護者です。子供を放って帰宅する訳にはいかないので、残業を行うしかなくなってしまうでしょう。

残業時間の悩みは非常に根深い問題をかかえています。保育士の離職率が高いのも、この残業時間が原因の1つになっているのです。残業は少なめと書いてあった求人に応募したのに、毎月の残業時間が100時間を超えるケースも存在しています。

では、保育士は残業するのが当たり前で、回避するのは不可能なのでしょうか?答えはNOです。残業が限りなく少ない保育士の職場は存在しています。

すごく残業が少ない保育園を探す

保育園には稀に、残業が極端に少なくて済む場所があります。月の残業が10時間未満の職場があれば、かなり魅力的に映るのではないでしょうか?なぜこんなにも残業時間が少ないかと言うと、保育園の経営方針にあります。保育士の待遇を大切に考える保育園であれば、残業はほとんど発生しなくなるでしょう。転職サイトで残業時間が少ない場所を優先的に探せば、希望の職場が見つかる可能性は高くなります。

この時、求人情報を鵜呑みにするのではなく、転職エージェントやアドバイザーに本当なのか聞いてみましょう。求人情報は目安と見て置くのが重要です。

事業所内保育所・託児所を探す

残業時間に関しておすすめなのが事業所内保育所です。事業所内保育所とは、一般の企業が働く女性をサポートするために、社内に保育所を設置したものです。企業で働く女性は、子供を保育所に預けて出社する手間が無いので非常に便利です。帰りも社内で子供と合流できるので徐々に事業所内保育所を設置する企業は増えています。

ブラック企業だと残業時間は果てしなく増えて行きますが、保育所を設置するような企業はクリーンな業務体系になっているでしょう。そうなれば残業する社員は皆無になるので、時間通りに子供を迎えに来てくれます。子供が時間通りに預けられ、時間通りに迎えに来てくれるなら、保育士の残業時間は自然と減っていくでしょう。また、大きなイベントがなく、そういった準備などの時間も必然的になくなるので、そういった意味でも残業時間が減ってきます。

残業時間の短縮だけでなく、給料アップや福利厚生の充実がある

事業所内保育所は、設置した企業の給与や福利厚生が適応されます。そうなると薄給で有名な保育士でも、高い給料を手にするチャンスは増えるでしょう。福利厚生も充実しているため、一般的な保育園よりも遥かに心地よく感じるはずです。

残業時間に困っている保育士さんは、事業所内保育所の求人を探してみてください。ちなみに、人間関係に悩んでいる場合にも効果的な選択肢となります。保育園は女社会で人間関係にストレスが溜まりがちですが、事業所内保育所には男性が多く出入りしています。男性の目があるだけで女性のドロドロしたイジメや陰口は一気に減る傾向があるので、人間関係が安定する可能性が高いでしょう。

まだまだ事業所内保育所の求人は少ないですが、徐々に増えて来ているのは確かです。既に事業所内保育所に焦点を当てた転職サイトも出て来ているため、保育士さんは調べて見てください。

残業を強制される日々から解放される

残業が完全にない職場はないかもしれませんが、残業がほとんどない職場は存在します。残業で日々悩んでいる保育士さんは求人情報を探してみてください。きっと、今よりも充実した保育士生活が送れるでしょう。



キャリアパスで悩んでいる保育士へ転職を薦める理由

580b3720f5770b5ecb7ea999b8435be5_s

キャリアパスについて、悩んでいる保育士は多いと思います。そして、キャリアアップしたいと考えていても、どのようにすれば分からない人も多いでしょう。例えば、転職でキャリアアップするのは、良いのか悪いのか疑問ですよね。しかし、転職は保育士がキャリアアップをするのに一番適している方法だと言えます。

保育士の主任になったり、さらに上の園長を目指すのは簡単なことではありません。親族経営で世襲制なら、その保育園でキャリアアップするのは不可能でしょう。他にも、勤務年数が長い主任が居れば、その人が退職しない限りポジションは空きません。また、保育園で明確に昇格の条件が示されていないことも多いでしょう。

キャリアアップをするには、転職が良い理由を紹介して行きます。

そもそも保育士の役職は少ない

一般的な会社であれば、役職は無数にあります。事務担当、営業担当、開発担当、企画担当、それぞれの部署に主任がおり、全体を管理するマネージャーが居たりします。当然、役職を得るキャリアアップも行いやすくなるでしょう。

しかし、保育士にはそもそも役職が少ないのです。保育園には園長が1人、主任が1人が基本です。新人時代から比べればクラス担任も役職と言えますが、これは保育士の基本的な立場なのでキャリアアップとは呼ばないでしょう。

さらに、役職に空きが出ることも稀となります。既に結婚している年配の人が上のポジションに居るなら、キャリアアップは絶望的になるでしょう。だからこそ、転職によってキャリアアップをはかるのです。新しく開園する保育園があるなら、そこに行けばキャリアアップの確率は上がります。

キャリアアップの勉強をする時間が少ない

保育士は残業などで多忙な日々を送っています。そうなると自然とプライベートの時間が無くなり、勉強を行う時間も取れなくなってしまうのです。園長を目指すのであれば、経営の勉強もしなければ話になりません。主任になるとしても、全体の管理方法や保育の知識も多く持っている必要があるでしょう。

勉強の時間が無いのはキャリアアップを目指す保育士にはマイナスになります。本気でキャリアアップを目指すなら、一度退職して勉強してからキャリアのポジションに転職を行うのが良いでしょう。多少のリスクはありますが、勉強会や研修を受けてみたり、最新の科学を応用した保育手法を知ったりするきっかけが出来ます。大きなプラスになるのでタイミングを見て学ぶのはありです。

キャリアアップを相談する相手

1人でキャリアアップの勉強や手段を学ぶのも良いですが、どうせなら利用できるものはとことん利用しましょう。転職サイトには保育園の園長の求人も掲載されています。転職エージェントを利用して、キャリアアップの相談をするのも良いでしょう。場合によって知識や経験が無くても、園長候補として就職を行える可能性もあります。

園長の募集は保育園の今後が不安になるため、表立った募集は行いません。非公開求人になっていることがほとんどで、転職サイトでしか見つけられないのです。キャリアアップのアドバイスを受ける方が、選択肢は広がります。複数の転職サイトで情報を集めるなどしながら、確実な道のりを歩んでください。

転職でキャリアアップに成功した人は多い

園長や主任に転職するのはハードルが高いので、誰でも成功する訳ではありません。しかし、キャリアアップを給料アップだと考えれば成功している人は非常に多いです。どんなキャリアアップのビジョンを持っているかは人によって異なりますが、誰の手助けも無い状態はつらくなります。アドバイスをしてもらったり、悩みを聞いてもらえたりする存在が近くに居る方が良いでしょう。そうした意味でも、転職サイトのアドバイザーやエージェントは無料で利用できるので、積極的に関わってみてはいかがでしょうか?

保育士が転職を成功させるために気をつけたい3つの注意点

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s

保育士が転職活動を行う時、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?給料が高い場所、残業時間について、人間関係の雰囲気、どれも必要な情報になります。しかし、本当に注意しなければいけないのはもっと根本的な部分にあるのです。

転職を行うのは非常に労力を使います。新しい環境や人間関係には、普段の何倍もの負担が掛かりますし、転職の費用もバカになりません。なるべくなら次の転職を最後に安定した保育士生活を送りたいと考えるでしょう。

そうした希望を実現させるために、以下の3つの注意点を守るようにしてください。

注意点1:転職する理由と目的を明確にする

転職する時は、必ずどうして転職したいのか、どんな目的で転職するのかを明確にしましょう。それも漠然としたくくりでは無く、かなり深く分析しておかないといけません。何度も自問自答して問題点を洗い出すようにしてください。

転職する理由ですが、つらいから辞める、と言う大雑把な理由なら危険です。つらいのは転職を考える動機としては十分ですが、何がつらいのかをしっかりと認識しなければいけません。給料が少なくてつらいのか、人間関係がつらいのか、それとも子供を預かる責任感がつらいのか、明確にする必要があります。

全部つらいと思っても、順位付けをするようにしましょう。何が一番つらくて、何が次につらいのか順位付けするのは転職に大きな指標を作ります。

次に転職の目的です。給料がいくら以上の場所へ行きたいのか、人間関係が良い場所へ行きたいのか、それを考えてみてください。目標をはっきりさせずに転職活動をすると、ここも良さそう、あそこも良さそうと目移りしてしまいます。その結果、転職で一番大切にしたい目的が蔑ろにされる可能性があります。自分が何を望んでいるのか考えて転職するのが重要です。

注意点2:転職サイト選びは重要

今では転職サイトが膨大な数になっています。どこも無料で登録できる上に、膨大な求人情報や各種サポートを行っているので、登録する場所に悩むかもしれません。この時に注意しないといけないのが、何に特化した転職サイトかを見極めることです。

保育士専門の転職サイトの場合、人間関係の問題解決に特化したサービスをしているのか、それともただ単に求人情報の多さだけが売りなのかを見てみましょう。中には、都内の求人に特化している転職サイトもあるので、そう言った場所で地方の求人を探すのは適切ではありません。目的に合わせて転職サイトを選ぶようにしましょう。

求人情報の雑誌やホームページで直接探すのも良いですが、転職サイトには非公開求人も記載されています。非公開求人には非常に好条件なものがあるので、積極的に探してみると転職が大成功するかもしれません。

注意点3:転職エージェントが優秀かどうかを見極める

転職サイトにはエージェント、アドバイザー、コンサルタントなどの名称で、転職を支援してくれる人が居ます。こうした人達は利用者の転職を手助けする目的で仕事をしており、非常に頼もしい存在です。しかし、必ずしも良い人ばかりでは無いと覚えておきましょう。サービスの質が悪い転職エージェントは少なからず居るのです。

例えば、あなたの悩みを理解せずに、とりあえず片っ端から求人に応募させようとするのはダメです。これは就職さえすればどこでも良いと考えているエージェントなので、今すぐ見切りを付けましょう。転職を焦らせる発言をしてくるエージェントも要注意です。

エージェントは求人を出している会社へ1人就職をさせるごとに、100万近い報酬を受け取っています。そのために転職者の都合を無視して、とにかく就職を急がせる場合があるので注意してください。

3つの注意点を守れば転職成功率は上がる

転職する理由と目的がはっきりしていれば、それに合った転職サイトに登録することが出来るでしょう。後は、転職エージェントの支援を受けつつ、信頼できる人なのかを見極めながら転職活動を進めてください。これを守れば転職の成功率は格段上がるでしょう。給料や残業時間などの待遇が良く、人間関係も落ち着いた職場に行けるように行動をしてみてください。

保育士転職の不安と悩みとその解決方法

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s

いざ転職をしようと思い立っても、実に様々な不安と悩みが付きまといます。ただでさえ少ない給料が今よりも下がったらどうしようか?次の転職先でも残業がひどかったらと考えたり、人間関係がうまく行くかと悩んだり、不安は大きくなるばかりでしょう。

こうした問題は保育士に限らず、どんな職業でも出て来る不安です。決して、保育士の人だけが悩んでいる訳では無いのです。不安な気持ちから逃れるために現状の職場で我慢するのは、あなたの人生にとってマイナスになります。転職しまくれば良い訳ではありませんが、現状の不満を心に貯め続けるのはダメです。誰もが向き合う不安には、便利な解決方法があるので紹介したいと思います。

便利な転職サイトを活用する

昔の時代は終身雇用で転職を繰り返すのは悪印象でした。ですが、今の時代は合わない職場で働き続けるよりも、早々に転職するのが賢いとされています。保育士専門の転職サイトなら、次の仕事も見つけやすいですし、条件も絞りやすくなるでしょう。

終身雇用の時代は終わりかけていると言えます。今の時代に則した転職方法を、強いて言うなら生き方をするのが正しい姿ではないでしょうか?給料に対する不安、残業時間に関する不安、人間関係の不安、これらの不安は転職サイトのアドバイザーに相談すれば、その多くを解決できるようになるでしょう。

保育園の体制は園長によって180度異なります。保護者の生活を少しでもサポートしようと遅くまで子供を預かる場所もあれば、親と子供が一緒に居る時間を増やそうと時間を延長して預からない場所もあるのです。自分に合った職場を見つけるためにも、情報は積極的に取り入れて行きましょう。

次の職場に対する漠然とした不安は解消できる

転職を考えた際、次の職場でやって行けるかを不安に感じるのではないでしょうか?特に人間関係は入社するまではっきりと分かりません。しかし、こうした情報は先に入手することが出来るのです。

転職サイトのアドバイザー、エージェントは職場の給料や残業時間、人間関係についても詳細な情報を持っています。あそこは人間関係で辞めて行く人多いとか、あそこはサービス残業が多くて大変とか言う情報を、事前に知ることが可能です。

アドバイザーの人達は、あなたが就職に成功して長続きしないと求人を出している会社から報酬を貰えません。だからこそ真剣にあなたの就職をサポートしてくれるのです。

体力面での不安も解消できる

30歳以降になると腰や膝に痛みを感じたり、腱鞘炎に悩まされる心配が出てきます。保育士はかなりの体力勝負です。子供の世話は好きでも、肉体労働はしんどいこともあるでしょう。

こうした不安を転職に抱えているなら、肉体労働が少なめの保育園を探したり、子供の世話を中心に行える保育園を探しましょう。条件の検索により求人を探すのも良いですし、アドバイザーに理想の職場を伝えて探してもらうのもありです。

高望みするのは無料です。少しわがままを言っても罰は当たりません。ダメ元で理想の環境を求めて転職活動を行うも良いでしょう。

どんな悩みも相談しなければ解決しない

自力で解決してしまう人も居るでしょうが、そんなのは一部の限られた人だけです。多くの人は悩みながら日々を過ごして居ることでしょう。そうした人が持つ悩みは、誰かに相談しなければ解決しません。

家族や友人に相談するのも良いですが、所詮は素人の意見です。心を軽くする効果はあっても、具体的な転職には繋がりにくいでしょう。転職支援のプロを頼ってみれば、悩みが一気に解消する可能性は十分にあります。

転職の選択肢として企業内の保育所はあり?

646d2f45ad9ba1e1476827b3d09f0b79_s

女性の社会進出が始まったのは非常に良いことですが、実情はまだまだ働きにくいのが現実です。しかし、最近の企業は働く女性の環境を整えるようになっています。その環境整備の1つとして、企業が保育所を併設しているのが挙げられます。事業所内保育所とも呼ばれており、これは働く女性のために企業が保育所を管理しているのです。

子供と一緒に通勤して、子供と一緒に帰る新しい仕事スタイルとして注目を浴びています。保育士の人は、保育園だけが就職先ではないのです。そこで、この事業所内保育所に就職する際に注目するポイントを紹介します。

続きを読む

保育士の転職活動はいつから始めるのが良い?

2bcfec0dc9eb29e7b348d5817a9a1f2e_s

保育士の人が転職を行うなら、1月から3月が最適だと言えるでしょう。新学期が始まる前に保育士の体制を整えようと求人が増えるのです。この時期は大学や専門学校を卒業する人が就職活動を行うタイミングでもあるので、やや競争率は上がるでしょう。

しかし、今の保育園の現場は即戦力を求めている場所が多く存在しています。保育士としての経験があれば優遇されるため、就職希望者が多いからと言って尻込みすることはありません。そんな保育士の人にとってベストな転職時期について、じっくりと考えてみましょう。

いつから転職活動を行うのが良いか?

1月から3月に求人が増えると言っても、1月の求人に応募するのと3月の求人に応募するのは全然違ってきます。かと言って、毎日求人情報とにらめっこするのでは時間も労力もたくさん消費してしまいます。そこで役立つのが転職求人サイトへ登録し、転職エージェントを利用することです。転職したいと考えているなら、1月の時点で転職活動を始めましょう。実際に転職するかどうかは後で決めれば良いのですが、いつでも転職できる状況にしておくのが重要です。

転職エージェントに希望する職場を伝えておけば、該当する求人が出たらすぐに連絡をもらえます。良い求人には応募して、面接に受かったら保留にしておくと良いでしょう。3月まで待てば数ヶ所の保育園に内定を貰っている状態になりますし、相手の保育園がどうしても来てほしいと思えば年収アップも出来るかもしれません。特に、個人では交渉しづらい年収アップを、転職エージェントがやってくるのでぜひ利用しましょう。

何歳ごろが適切なのか?

ベテランになればその分、保育士としての経験値が多いので就職は有利になると思いますが、これは一般的な企業の話です。20代後半や30代前半だと、結婚の問題が付きまとうので転職が不利になる危険性が少なからずあります。保育園側としては、雇った保育士には出来る限り長く働いてもらいたいと思うでしょう。しかし、20代後半から30代で独身だと、近い内に結婚して退職してしまうリスクが懸念されます。

そのため、保育士の人が転職するのに最適なのは、25歳前後だと言えます。保育士としての経験が数年あり、結婚を焦る時期でも無いため保育園側は安心できるのが大きなポイントです。

また保育士は意外と体力を使う仕事です。子供の面倒を見たり、机やお昼寝用の布団を出したりと、体をたくさん使います。20代の方が新しい職場に適応するのは早いかもしれません。

30代で再就職を考えるのもあり

結婚して退職した保育士が、30代で再就職を考えるのも良いでしょう。転職サイトによっては保育士専用の研修を用意していることもあるので活用してみてください。保育士の転職には25歳前後が良いと言いましたが、これはあくまでも一般的にはです。能力が高い人であれば年齢に関係なく転職は可能ですし、年齢によって就職を断られるケースも少ないでしょう。

ただし、年齢が高くなれば高くなるほど、職場の人間関係に悩むリスクがあると覚えておいてください。自分よりも若い人が保育士のリーダーをやっていて、指示に従うような場面も出てきます。会話の内容が合わずに苦慮することもあるでしょう。30代の転職では、職場に同年代の人が居るか確認するのが良いです。

人によって転職に最適な時期は違う

結論が、人によって違うと言うのは腑に落ちませんが、これが一番真実に近いのです。最適な転職時期は人それぞれのため、それを自分自身で見極める感覚も必要になってきます。自分では分からないと思っても心配はありません。転職エージェントやアドバイザーに相談すれば、適切な助言をしてくれます。

もしかしたら、今が保育士として転職する最適な時期の可能性もあるのです。転職する気が無くても、転職エージェントに話を聞いてみることで世界が広がるかもしれないので、空いている時間に利用してみると良いでしょう。

転職時にブラックな保育園を避ける方法!

6d21607cbb1d304068d540e343f87825_s

転職を行う際は誰しも職場の環境について不安になるのではないでしょうか?前の職場で不満だった点が、次の職場で改善されるのかは重要なポイントになります。転職した職場がさらに悪い環境だったら目も当てられない状況になってしまいます。

そこで、転職時にブラックな職場を見極める方法を知っておきましょう。危険な雰囲気を感じたら、どんなに甘い言葉を囁かれても断る勇気を持ってください。転職時は焦っていることもあり、すぐに就職を決めてしまいがちですが、つらい思いをしないためにも慎重になりましょう。

若い保育士が多いなら要注意

気になる保育園があったら、まずは勤務している保育士の人の年齢を見てみましょう。若い保育士が多い場合は警戒しなければなりません。なぜなら、若い保育士が多いイコール、ベテランの保育士が少ないと言うことになるからです。これは長期間勤務する人が少ない実情を意味しており、離職率の高さを証明しています。離職率が高いとしたら、職場環境や人間関係などで何かしらの問題を抱えている場合があるのです。3年以上勤めている人が少なかったり、年配の保育士が居なかったりしたら注意です。

ただし、保育園を開園したばかりと言う状況であれば例外になるので、そのようなケースでは気にしなくて良いでしょう。

保育士や不機嫌だったり、子供がつまらなそうなら要注意

転職の候補になっている保育園を実際に見てみるのはとても参考になります。雰囲気が分かるのもありますし、働くイメージを強めることは転職を行う活力を生むでしょう。その時にまず注目したいのが、保育士の雰囲気です。不機嫌そうに、疲れたように仕事していたら危険信号です。

慢性的に疲労が溜まっており、それが職場で隠せずに表れているのは非常に良くありません。険悪な人間関係になりがちですし、心に余裕が無い状態ではサポートも期待出来ないでしょう。逆に、保育士同士が笑顔で会話しており良好な関係を築いているようなら良い職場の可能性が高くなります。

子供の表情や態度にも注目してみましょう。元気な子供は誰に対しても、どこでも同じような態度なので、寂しそうにしている子供が居ないか探してみてください。一人ぼっちになっていたり、つまらなそうにしていたりする子供が何人も居るようなら、教育が行き届いていないのかもしれません。こうした情報を事前に知っておけば、転職を決意するのに役立ちます。

園長や保育士をまとめる人の態度が威圧的なら要注意

これは保育園を外から眺めるだけでは判断が難しくなります。そのため、これは実際に面接を受ける時にさりげなく確認するのが良いでしょう。もし、園長や保育士のリーダーが威圧的な言動をしたり、笑顔を見せなかったりするような人なら要注意です。このような態度を行う人が偉い立場に居ると、職場の雰囲気は悪くなっているでしょう。仕事にはある程度の厳しさも必要ですが、面接を受けに来た人に笑顔を見せないような人は危険です。

有無を言わさない言動にも注意しましょう。例えば、うちの保育士になったらこれをやってもらうから、と言うような決めつけ発言です。保育士の人を配慮する気持ちがあれば、命令するような口調にはならないでしょう。

職場の内部情報は転職エージェントが知っている

事前にブラックな職場かどうか見極めるのには限界があります。そこで活用したいのが転職求人サイトで利用できる転職エージェントです。転職エージェントは職場がどのような雰囲気なのか、残業時間がどれだけあるのかの情報を持っています。

紹介した人がすぐに離職すると転職エージェントに支払われる報酬が少なくなる場合があります。だからこそ、転職者にとって有益な情報を提供してくれるのです。様々な情報を得て、少しでも良い職場に転職できるように行動してみてはいかがでしょうか?

あなたの職場は大丈夫?ブラックな保育園の見極め方

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s

有名な会社の無謀な勤務状態が明らかとなりブラック企業だと騒がれるニュースがありますが、保育士にとってこれは他人事ではありません。なぜなら、保育士の職場はブラックである危険性が付きまとっているからです。

どの業界でも仕事が忙しい時や、つらい経験はあるものですが、どこからがブラックなのかは判断しづらいものです。そこで、保育士におけるブラックな職場について紹介したいと思います。

ブラックレベル1、サービス残業の多さ

保育士の職場では残業の多さが問題視されています。子供の世話をする傍らで処理できなかった作業を自宅に持ち帰る人も多いでしょう。そもそも、法律で残業して良い時間は決められているのです。1週間で時間外労働が40時間まで、しかも1ヶ月でも45時間とされています。年間では320時間と決まっています。

しかし、実情はこの時間を超過して残業している人がほとんどではないでしょうか?月の残業が100時間を超える場合は精神的な病になるリスクや自殺のリスクが高まるので、ブラック企業と見て良いでしょう。

また、残業時間が多くなる問題を解決する姿勢が職場にあるかどうかも判断基準になります。少しでも残業が減らせるような対策を行っている保育園は良心的なので、職場環境が改善させる見込みはあります。ですが、仕事だから、みんなやっている、と言う発言で現状を改善する姿勢が見られない場合はブラックの危険性が高まります。

本来なら違法であるため職場の上司に改善を訴えるのが良いのですが、職場のルールは簡単には変わりません。むしろ待遇に不満を言うめんどうな奴というレッテルを張られて嫌がらせを受ける危険があるので止めましょう。不満があるなら残業が少ない職場へ転職するのが最も良い解決策です。

ブラックレベル2、子供への雑な対応

保育士の労働条件だけがブラック企業の判断材料になる訳ではありません。子供への対応や教育方法がしっかりしているかも見極めるようにしましょう。

忙しいのを理由に子供を放置したり、過剰に叱りつけるような保育士が居たりするならば、その保育園はブラックかもしれません。保育士の問題だと思うでしょうが、そのような人を放置している保育園側に問題があると判断するのが妥当です。大切な子供への対応や教育が雑な保育園は利益目的のため、職場環境や保育士の待遇改善は見込めないでしょう。

ブラックレベル3、経費を保育士へ要求する

エプロンやちょっとした小物は保育士が自腹で用意してもさほど問題にはなりませんが、職場によっては様々な経費の負担を強いられる場合があるのです。

例えば、壁に飾る装飾品をすべて、担当保育士が自腹で準備するように強要されたり、楽譜やその他の教材を購入させられたりしたら、確実にブラックでしょう。

薄給なのが問題になっている保育士に、さらに負担を強いる保育園は最低な部類に入ります。年間の出費が数十万に及ぶなら一刻も早く転職を行う方が良いでしょう。

ブラック企業は一秒でも早く辞めるべき

ブラック企業がなぜ成り立つのかを知っているでしょうか?それは、つらい職場環境に我慢して働く人が居るからです。ブラックな職場での勤務は、体力的にも精神的にも重たい負担が掛かります。保育士の人はもちろん、子供の教育にも悪影響を及ぼしかねません。何か大きなトラブルになる前に、環境の良い職場へ転職するようにしましょう。年度途中であれ、すぐにでも転職サイト等で準備を始めることをおすすめします。

転職活動