児童福祉施設とは?働くメリット・デメリット

b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s

児童福祉施設が何なのか説明出来るでしょうか?漠然としたイメージはあっても、どのような特徴や種類があるのか分からない人も多いでしょう。

児童福祉施設は文字通り、児童の福祉に関わる施設のことです。該当する施設は非常に多く、助産施設、乳児院、保育所や児童養護施設、障害児入所施設などがあります。つまり、児童の福祉に関わる施設、すべてをまとめて児童福祉施設と呼ぶのです。保育園や幼稚園も児童福祉施設の中に含まれています。

そうした広い範囲の施設で働く保育士の人を、施設保育士と呼びます。保育士が働く場所は保育園だけではないのです。転職の先にはいろいろな選択肢があるので、視野を広げて見ることが大切です。

施設保育士の特徴

施設保育士とは、保育園以外で働く保育士です。対象年齢は0歳から18歳、特定の条件を満たしていれば20歳まで子供が対象となります。子供の心身のケアや自立をサポートするような、幅広い分野で活躍しています。

また、保育士と名前が付くことから容易に想像できると思いますが、保育士資格が必須です。他にも持っていると役立つ資格があり、例えばカウンセラーや福祉関係、介護関係の資格も役立つでしょう。

施設保育士と保育士の違いは、必ずしも良い条件で子供を預かれる訳では無い点にあります。保護者による虐待や育児放棄などを受けている子供を保護することも多いのです。時には保護者との真剣な会話や家庭の問題にも触れなければならないでしょう。輝かしい将来が途絶えようとしている子供に、救いの手を差し出すのが施設保育士と言っても過言ではありません。

児童福祉施設で働くメリット

そもそも児童福祉施設とは、かなり大きな枠組みです。乳児院で仕事するのと、障害児入所施設で仕事するのは求められる条件も変わってきます。そこで、ここでは施設保育士となるメリットを紹介して行くことにします。

まず、保育園以外で働くことは自分自身の成長に繋がります。保育園では0歳から5歳の子供を預かることになりますが、場所によっては小学生や中学生が対象になります。様々な年齢の子供とコミュニケーションすることで、人間性や感受性などがより高まることでしょう。

児童養護施設であれば、保護者の虐待から子供を守るケースも出て来ます。つらい思いをしている子供を救い出し、幸せな環境に戻してあげることが出来たなら、それは人生にとってかけがえのない記憶になるでしょう。心に傷を負っている子供と信頼関係を築いていき、心が通じ合った時の喜びは何物にも代えられない宝物になります。

児童福祉施設で働くデメリット

どこに務めるかによりますが、デメリットはいろいろとあります。保育園で行う業務とは違い、炊事洗濯をしたり、宿題などを手伝ったりすることもあるでしょう。お金の管理方法や自立をサポートするなら、一般常識などを教えるため普通の子育てと変わりありません。そのため自然と業務は増えて行きますし求められるスキルも多岐に渡ります。

虐待されている子供を保護している場合は、時に危ないと感じていても保護者の元へ帰さなければならない場面も出て来るでしょう。法律に拒まれる理不尽な状況を目にする時もあるはずです。コミュニケーションが難しい子供と出会い、悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。

正解が分からない、そもそも答えが無い、そんな問題に直面するのがデメリットとなります。しかし、こうしたデメリットをやりがいと感じて、打開することが出来れば一流の施設保育となれるでしょう。

保育園だけが選択肢では無い

保育士の人が求められている職場は、保育園だけではありません。人間関係の心が傷付いてしまい、保育士を辞めようとする人も居るでしょう。しかし、保育園だけが仕事場では無いのです。

少し視野を広げて児童福祉施設を見るようにすれば、転職の選択肢は膨大になります。0歳から5歳とのコミュニケーションがうまく行かなくても、小学生や中学生が相手なら良い関係を築けるかもしれません。転職サイトなどで保育園を探すのではなく、児童福祉施設として幅広く検索してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動