保育士の人間関係の悩みの原因とその対処方法

54f2cee348b9ab87d5d7e4a48d1815f8_s

保育の世界は女ばかりで人間関係も複雑なのでは?と思われがちですよね。近年、男性保育士も増えていて女性だけの世界ではなくなりつつあるのでしょうが、やはり比重からすると女性が圧倒的です。

実際、どこの職場でも人間関係の難しさはつきもので苦労するところです。

子供が大好きで選んだ保育士の道ですが、人間関係によって精神的な辛さを味わい、やむを得ず挫折してしまう人もいらっしゃいます。そこで、保育士の人間関係でどんなところがしんどくて、さらには人間関係のお悩み解消法を御紹介したいと思います。

保育士の人間関係どんなところがしんどい?

女上司との関係

保育園には保育士が複数在籍していて、そのほとんどが女性です。最近では男性保育士が増えてはきていますが、まだまだ女性主流の社会です。女性が多いと自然と勃発する人間関係に多くの保育士が頭を悩ませているようです。

同僚同士の人間関係のトラブルもありますが圧倒的に多いのが上司の対応による悩みです。女性特有の感情的な怒り方をする上司やその場しのぎの指導をする上司などは、つきあっているだけでストレスを感じてしまう相手です。

「絶対に友達にはならないタイプ」と思いながらも職場の上司なので、泣く泣く関係を継続していかねばなりませんね。そうした上司との人間関係に悩む保育士が増えています。

保護者との関係

保育士の人間関係の悩みは同僚や上司相手のものばかりではありません。上手く付き合っていかなければいけない相手が園児の保護者です。

送迎の際、笑顔で接してくれる保護者もいれば、ちょっとした事にでも口を出してくるクレーマーな保護者だっています。そこで保育士としての誠実な対応が求められ、もしそれができなければダメ保育士のレッテルが貼られてしまうのです。

そうした保護者とのやりとりの中で、保護者の顔色を伺い、気疲れするといった保育士も少なくありませんね。中には子供の降園後にかかってくる電話の音にビクビクしたりと、保護者との関係は一度トラブルがあると後を引いてしまう深刻な問題なのです。

どうすれば人間関係の悩みは解消できる?

人間関係のお悩み解消法としては、苦手な相手とは仕事と割り切って付き合っていく方法があります。「上司との関係は保育園の中だけ!」と割り切り、園の外へ出ると気持ちを切り替え、嫌なことは忘れてしまいましょう。

理不尽に叱られた後には、反省をしているふりをしつつ、「いつかみていろ!」と心の中で誓えばいいのです。あなたが間違っていないことは必ず誰かが見てくれています。

なので、仕事上の悩みをいつまでもひきずり、プライベートにまで持ち込んでしまうと、せっかくの休息の時間までが台無しになってしまいます。嫌いな上司も仕事だけと割り切って付き合っていくことが大切なのです。

保護者との人間関係の悩みを解消する方法は、聞き上手になることです。保護者からのクレームはだまって耐えて聞いてください。言い返してしまうとそこで対立が生じ、事態はさらにややこしくなります。

正確な状況を伝えた後は、保護者からのクレームを聞くことに徹する方法をクレーム対策に掲げている保育園は少なくありません。クレームを言いたい人は聞いてもらえることで大半は気持ちが落ち着くものです。

保護者だって、大切な子供を預けている以上、無理難題はことは言ってこないはずですので、とりあえず保護者の気持ちが落ち着くまでは聞き上手で対応するべきです。

まとめ

こうしてみると保育士の人間関係の悩みは保育園の内外に生じ、とても大変です。しかし、どちらも自分の姿勢をはっきりとし、強い信念をもって接することで解消できるはずです。

子供が大好きで保育士になることを夢みてきた頃を思い出してください。たかが人間関係の問題で夢を終わらせるようなことなく、子供たちの笑顔に囲まれる充実した日々を過ごして頂きたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動