同じ仕事量なのに!正職員と臨時(パート)の格差

d88d76e086d61a9934d975508d1497ba_s

現在、どの業界も派遣的な立場やパートなどで働いている人がたくさんいます。希望して働いてる方もいるでしょうが、きっとやむを得ずそのような立場で働いている方も多いはずです。
保育の世界も同じことが言えます。正規職員はどんどん人数が減っていき、臨時的な立場で雇われている保育士が増えているというのが現状ではないでしょうか。でも、忘れてはいけないのは正規職員でも臨時職員でもこどもたちにとっては、同じ「先生」だと言うことです。

臨時職員の悩み

実は、筆者は臨時職員から正規職員へと立場が変わったのでお互いの気持ちを理解することができます。
実際、保育園という職場は時差勤務で成り立っています。朝から夕方までの長時間の保育を、正規職員と臨時職員で細かい時差勤務でまかなっています。正規だけでは保育はできません。短時間の臨時職員も必ず必要です。

パートの先生の中には8時間勤務の本当に正規職員と同じような仕事をまかされる先生がいます。
実際担任ももって、行事もこなし、力量も正規職員と変わらない、そんな方もひとりやふたりではありません。でも給料は正規職員の足元にも及ばないのです。「やってられないわ!」何回この言葉を聞いたか。同じ仕事量で責任もあるのに…と。不満はつのるばかりで結局は辞めることを選択さぜるおえない感じになりすよね。

ボランティアではないのですから仕事に見合った賃金を要求するのは当たり前です。まして保育士の仕事は、パートだからここまででいいよという線引きができない仕事です。
筆者は結婚、出産後、臨時保育士としてすぐに復帰しましたが、保育は正規の先生に負けないようにやろうと思っていました。自分なりに努力したつもりですが、やはり心のどこかで「どうせいくら頑張っても臨時だし」と思ってしまう自分がいました。

割り切って仕事をする…ということは保育士の仕事では中々難しいことです。逆にもっとバリバリに保育したいけど臨時だからやらせてもらえないという悩みもあります。ただこの立場的なことはどうにもならないので自分がその立場で働こうと思うなら、自分でできる精一杯を決めてやり抜くしかありません。担任を持たされたら自分の力量を買われた喜びを誇りに思いながら、サブ的な立場なら自分にしかできない事を考えていく。保育の仕事が好きならどんな立場でも続けられるでしょう。

そして筆者のように正規雇用の道も開けることもあります。

正規職員の悩み

タイミングや運が良かったこともあって正規職員になった筆者ですが、正規職員への心の転換がうまくいかず、実は随分苦労しました。臨時だったころは心のどこかで責任は正規職員がとってくれると思っていました。仕事も自分が中心になってやることもなかったのですが、正規になってみて、仕事量の多さ、責任の重さ、正規職員の少なさを身にしみて感じました。実際保育も何かあったらいけないと思いすぎて臆病になったり、悩んだりして保育を楽しむ余裕がなくなってしまいました。

臨時職員にも「もう少し責任感をもってやってくれたらいいのに」と今までの自分を棚の上にあげて不満もつのりました。人間関係も何だかギクシャクしてしまっていましたね。
逆に今までの正規職員の気持ちもわかりましたので、給料をたくさんもらっているということを頭において今までどおり臨時職員の先生とプライベートでも積極的に付き合って、コミニュケーションをとるようにしました。立場的なことで差別的な態度をとられた経験があったので、臨時の先生は、良きパートナーとして接して決して上から目線の態度は避けました。実際自分より年上で保育経験のある先生もたくさんおられたので臨時の先生を頼りにしながら保育をしていました。

まとめ

立場的なことでプロ集団として良い保育ができないのでは勿体無いですよね。
正規でも臨時でもそれぞれ保育観をもって保育しているのは変わりありません。それを賃金の差が邪魔してしまうのは悲しいことです。現状を受け入れて仕事しているのだから不満を思う前に自分のできる精一杯を探したいですね。ただし、仕事の条件が違ったり、理不尽な扱いを受ける時は自分の権利を主張しましょう。

他の園に勤めている保育士さんと情報交換も必要かもしれないです。参考になりますよ。そして正規も臨時にも配慮があり、気持ちよく仕事ができる環境を整えてくれる園長先生が増えることを心から望みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動