保育士の仕事は家庭との両立は難しい?

b6a40424f7f07de5dc87f55f5ec54669_s
結婚して子育てしながら仕事を続ける。国が子育て支援を推進して「女性も働いて良いのです!」と言われていますが、実際はそんな簡単なことじゃないと思います。主婦としては仕事と家事そして子育て。まるで綱渡りのような生活に毎日ぐったりです。
既婚女性は、家庭の問題がからんでくると必ず「仕事を辞めて家にいたい病」が出てきます。筆者も実は毎日のようにこの病に悩まされておりました(笑)保育士の仕事は勤務時間の定時があってないような仕事です。果てしない仕事量をこなしながら、夕御飯のメニューを考える…そんな毎日でした。

家庭との両立がしんどい理由

保育園は朝大体7時半ぐらいからの受付なので、勤務は早出だと7時ぐらいには職場につかなくてはなりません。そして夕方延長保育のある園だと夜8時までなので、実際家に帰るのは9時ぐらいということになります。これを保育士が時差勤務で対応する訳ですが、どう考えても主婦にとっては勤務時間としてはかなり過酷です。

家庭を持ち、こどもがいると必ず自分を助けてくれる人が必要になります。例えばご主人であったり、父母であったり、近所の方であったり。尚且つ、保護者などへの対応や、次の日の準備で突然、帰れなかったりは日常茶飯事であり、緊急の時に我が子を何とかしてくれる体制をつくらなければなりません。ちなみにベビーシッターに頼んでいた同僚もいました。筆者は自分の親に頼りまくりでした。

体力的にもかなりきついのも事実です。戸外で走って遊んだり、赤ちゃんを抱っこしたり、それと同時に大きな声をだして神経を使う。体を使う仕事ですので健康であることが第一です。一日働くとほんとぐったりで、帰って一旦座ってしまうと疲れが押し寄せてくるので、そのまま勢いで家事をすませるのが日課でした。帰っても我が子の世話や家事に追われ、息つく暇もありません。

休みを言いだしにくい職場です

保育の世界は何か突発的なことが起きて仕事を休みたいと思っても中々言い出しにくい職場でもあります。職員もカツカツの状態で回っていますし、それが行事の前だと這ってでもいかなくてはいけない状態です。
事務的な仕事だと策もとれるでしょうが、待ったなしでの対応が必要です。
今は週休や年休もとれるシステムがあるはずですが、逆に誰かが休んでいるのでほんとに休みがほしい時に休めないといった感じでしょうか

一番困るのはこどもが病気になった時です。万障繰り合わせて病気の我が子を人に託して他人のこどもを保育するという事実に仕事とはいえ、割り切ることができない。「ごめんね ごめんね」と心で繰り返しながら涙をこらえて仕事をしたこともありました。

ただし、休んではいけないということはありません。そこは女性ばかりの職場です。気持ちがわかるだけに協力的でもあります。なんでも頼めるような人間関係を努力して作り、協力してもらったら、感謝の言葉とちょっとしたお礼などを渡していました。感謝の気持ちが伝われば良いのだと思います。

無理をしない環境をつくる

家庭を持ってからの仕事は、自分で見極めて良いと思います。家族関係や経済的な面を考えて正規ではなくても臨時職員でも良いと自分と家族が判断すれば変更するのも良いのではないでしょうか。

実際、時間が短くなれば家事も十分こなせるし、我が子と過ごす時間も多くなります。
もちろん正規で頑張る選択肢もありです。専門職として一生の仕事とし、目標をもつのが理想だとは思いますし、実際この仕事は若ければ良い訳ではありません。子育て経験のある保育士は絶対必要です。どちらにしても保育の仕事には変わりありません。

ただし体や神経的なことで辛くなることもありますよね。年齢を重ねてくると知らず知らずのうちに無理もすることが多くなります。それが体などに病気や痛みなどとして現れてくると保育の仕事は正直難しいと思われます。例えば座ってできる仕事に転職する、時間を短くするなどの選択肢があって良いのではないかと思います。筆者も体力的な面もあり退職したひとりです。健康を害してまでは続けられません。

まとめ

家庭をもって仕事を続ける大変さは、自分自身のことと家族のことです。保育士は、安定した気持ちでこどもたちに接するためにも自分自身が幸せでないとできない職業だと思います。保育が大好きでうまく両立できる場合は問題ないですが、仕事を続けようか迷った時は、自分がこれから何を大切にするのかを考える時なのでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動