卒園した発達障害の子と12年ぶりに会ってわかったこと

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_s

保育士は同じ園に勤めていると、赤ちゃんの時に入園してきた子を小学生になる6歳まで知ることになります。クラスは違っても何らかの関わりがあるので、その成長を感じることができます。「この間までおしめをしていたのに」とお母さんたちと懐かしむことも良くあります。二人目のお母さんみたいなものです。

では、園を卒園してしまった子どもたちのことはどうなのでしょう?気にはなっているし、偶然出会うこともあります。しかし、そんな時以外は中々思い出すことはありません。筆者は先日、12年ぶりに再会したH君とのことで保育士の仕事の素晴らしさを実感しました。

ある卒園した子との思い出

H君は発達障害であり、パニック障害のような傾向もありました。担任をもった当時は、傾向はあったのですが、まだそこまでの難しさもありませんでした。年齢があがってくると同時に心のコントロールができなくなったのでしょうか。発表会の当日、舞台の上でH君はパニックになりました。その日を境に彼は幾度となくパニックを起こし大変なことになりました。そして、筆者とH君の葛藤の日々がはじまりました。

保育室に入ってこない彼に何時間も付き合ったこともあります。パニックになって筆者のエプロンのボタンを噛みちぎり歯が折れたこともありました。彼の気持ちに寄り添ったり、本気で怒ったり…。不安なのはH君のご両親も一緒です。筆者は実はずっと心の中に、彼が発表会にパニックになりその姿を他の保護者の方が知ってしまったことがすごく気になっていました。それを止められなかった自分の力量のなさに情けなくて辛かったです。でも辛いのは家族もH君も一緒。お母さんの不安な気持ちを受け止め、どのようにしたら良いのか一緒に悩みながらの保育が続きました。

実はこのクラスにはH君だけではなく他にも対応の難しい子が何人かいました。筆者の保育士人生の中でもかなりしんどい年になりました。H君にとって、お母さんにとって筆者はどんな存在だったのか?頼りない保育士で申し訳ない。そんな気持ちでした。

感激!H君との再会

H君が卒園して2・3回、偶然にお母さんと出会ったことがありましたが、彼とはまったく会ったことはありませんでした。

今年の4月のことです。10年近くぶりにH君のお母さんと出会いました。再会を喜び、H君のことを聞くとなんと今日が高校の入学式だったということ。そして、偶然知り合いの方から聞いた筆者の話をH君が聞いて筆者に「会ってみたい」と言っていたことを話してくれました。高校生の男子にそんなことはある訳がない!リップサービスだと思っていたらお母さんがH君に連絡して、なんと会いに行くことになったのです。

12年ぶりに会ったH君は、私を見下ろして笑っていました。筆者の手をいつも握っていた小さな手はとても大きくなっていました。あの頃のようにその手を思わず握って…そのあとは言葉になりませんでした。「Hは時々まだ先生の話するよ!忘れてなんかないよ!」そう言ってるお母さんの目も赤くなっていました。そして「H君、先生にあえて良かったね~」と何度も言ってくれました。H君たちにとってどんな存在だったのかなんてそんなことはどうでもいい。会えたことを心から喜んでくれたその気持ちが最高に嬉しかったです。

高校生のH君はとても落ち着いて見えました。お母さんとの関係もとても良い感じです。発達障害は治ることはないので、色々な苦労もあるでしょうが上手く乗り越えているように見えました。自分が保育した子どもたちが、立派に成長した姿が見られる。保育士冥利につきますね。

まとめ

人生の中での出会いは奇跡と良く言われますが、保育士としての子どもや保護者との出会いは特別なものがあると思います。10年以上たっても覚えていてもらえる存在は嬉しいことだけど、ある意味責任のあることだとも思います。子どもたちは保育士の一挙手一投足をよくみています。そして、褒めてもらったこと、叱られたことの心の動きも感じています。その時には響かなくても保育士の一生懸命は必ず伝わるのだな、そしてもしかするとその逆もあるのかもしれないなと思うのです。人の心の中に刻まれていく職業ってすごいですよね。だからこそ手も抜けないし、悩みも大きい仕事なのですね。     

H君との出会いは、保育園の仕事から遠ざかっている筆者だからこそ感じるものも大きかったのでしょうけど、辛かったことを乗り越えてこそ味わえる喜びだったと思います。保育の仕事は大変なことも多いけど、人生でもっとも純粋な時期の人間と関われる幸せな仕事です。筆者も子どもから学んだピュアな精神を忘れないように生きていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動