40代の保育士が転職する際に気をつけるべきポイント

1c57a86e467346640107393cc95a54eb_s

40代で転職って無理なんじゃないの?って不安になる方も多くいると思いますが、40代の保育士でも転職が可能です。20代からずっと保育士を続けて来た人なら経験が豊富なので、条件が合えば転職出来るでしょう。一度退職して復職を考えている人や40代で保育士を目指すのも不可能では無いのです。

子供が好きだから保育士として働きたい、そのような気持ちを持つ人はとても多いです。その気持ちは20代でも40代でも同じでしょう。ただし、40代での就職や転職に少しリスクが存在しています。40代で保育士になる際に注意したいポイントを見てみましょう。

体力的に不安視されてしまう

40代の保育士であれば、経験は十分にあるでしょう。その点は信頼され、高く評価されることは間違いありません。

問題になるのは体力面です。20代と比べると、40代の体力はかなり下がっています。高齢の保育士は、足腰に痛みを感じている場合が非常に多いのです。そのため、面接を受ける時は働く体力があることや健康をアピールするのが効果的です。

アピールしておけば、少なくともマイナス評価を無くすことが出来るでしょう。ですが、過剰にアピールするのは控えてください。20代には確実に負けるので、強くアピールし過ぎるのは嘘っぽく見えてしまいます。仕事に支障を出さない体力があることを伝えるようにしましょう。

転職時に重要になるのは経験

履歴書の志望動機や面接では、今までの経験をどう役立てるかを語りましょう。転職を希望している保育園や会社の運営方針に賛同し、貢献できるのをアピールするのがポイントです。新卒の保育士には元気さと明るさを求める傾向がありますが、40代には過去にどのような経験があったかを重視しています。他の保育園や児童福祉施設で得た経験を取り入れて、より品質の高い保育を実現したいと思っているのです。今までに経験したエピソードを話せるようにまとめておくと良いです。

また、保護者に安心感を与えられるのをアピールするのも高評価です。子供を預ける保護者は、若い保育士に不安を感じていることがあります。特に子育て経験が無い保育士の人に子供の面倒が見れるのかと考えています。

その点、40代の保育士であれば経験豊富なため、保護者の不安を取り除くことが出来ます。子育て経験があるなら大きな信頼を得ることになるでしょう。子供を預かる職場に多い問題の1つが保護者対応なので、それを軽減できる存在は重要となります。

将来を見据えて仕事しやすい職場を探す

やはり、一番の問題は体力面となります。40代になると身体が思うように動かなくなり、寝ても疲労が取れないことが増えます。そこで重要になるのが働きやすい職場を探すことです。通勤時間が短く、働く時間も短い託児所などに転職するのも良いでしょう。

待機児童が多い現代では、様々なタイプの保育施設があります。マンションの一室を利用する小規模保育がその1つです。他にも、ベビーシッターを仕事にするのも良いかもしれません。今後も働くつもりなら体力が衰えても続けられる職場を見つけておく方が良いでしょう。

40代でも転職は可能ですが、今後は徐々に難しくなって行きます。出来るだけ早く、40代後半、50代になっても仕事を続けられる職場を見つけてみてください。

正社員にこだわらない

出来ることなら正社員になりたいと思っているのではないでしょうか?正社員の方が安定しているので、そう思うのはとても自然です。しかし、そこにこだわり過ぎて就職や転職の機会を見失わないようにしましょう。契約社員だったり、パートやアルバイトであれば職場の幅は広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動