未経験でも大丈夫?他職種から保育士になる方法

7342abb015a0fc8be04152e5eb86a7bb_s

一度社会に出た後に、子供が好きだから保育士になりたいと思う人が居ます。理由はいろいろとあるでしょうが、保育士を目指すことはとても良いことです。待機児童の問題が騒がれ、保育士不足が騒がれる今こそ、子供が大好きな気持ちが役立つ時です。

このように他職種から未経験で保育士になるためにはどうしたら良いのでしょうか?不透明な部分が多い保育士のになるまでの過程を紹介します。

まずは保育士資格を取得する

保育士になるには、保育士資格を取得しなければなりません。資格を取得する手段としては、大学や短大、専門学校に通うのが最適です。社会人になった後から目指す場所としては、通信制の大学や専門学校が通いやすいでしょう。

基本的に大学や専門学校であれば、卒業と同時に保育資格を得られます。もし、保育士になるまで働いている人は、決まった時間に学校に通うのは困難です。そこで通信制の大学等で自由な時間に勉強を出来るようにするのです。仕事を辞めて保育士資格の取得に注力出来る環境があるなら、一般的な大学や専門学校でも良いです。この方法で保育士資格を得るのが一番確実です。

保育士試験を受けて資格を取得する方法

保育士資格の取得には、保育士試験を受ける方法もあります。大学や専門学校を卒業する人は、保育士試験を受けずに資格を取得できます。しかし、一般的な大学や高校を卒業しただけの人は、保育士試験を受けなければならないのです。

資格の取得には筆記試験と実技試験をクリアする必要があります。どちらかが不合格だと保育士資格は貰えないのです。ちなみに、合格率は毎年10%から20%前後なので、簡単な道では無いのを覚悟しておきましょう。

最速だと1年で保育士資格が取得できます。勉強を始めて、8月に8科目の筆記試験を受けます。そして、10月には実技試験を受けるのです。ここですべてをクリアすれば保育士の資格を得られるのです。ただし、これを実現させるためにはかなりの努力が必要となります。

次に、2年かけて取得するプランです。こちらは1年目で全科目の筆記試験をクリアできなかった人が通る道です。筆記試験で合格した科目は、3年間試験が免除されます。例えば、1年目で5科目に合格していれば、2年目で受ける試験は3科目で良いのです。ちなみに、筆記試験に合格しないと実技試験には行けないので覚えておきましょう。

保育士になる前にアルバイトやパートをしてみる

保育園で働くには保育士資格が必須です。しかし、子供の面倒を見る場所でありながら保育士資格が必要ない場所があります。それが託児所です。デパートの一部などで子供を預かる場所が託児所に該当します。

託児所は保育士資格が不要で、アルバイトやパートを多く雇っています。いきなり保育士を目指すのも良いですが、まずは子供の世話がどのようなものなのか体験してみるのが良いでしょう。楽しくて最高だと思えば保育士を目指すのが良いですし、意外とつらくて大変だと感じるなら検討し直す必要があります。

転職サイトで託児所をキーワードに検索すると、該当する求人情報が出て来るので探してみてください。託児所でもピアノの演奏や絵本の読み聞かせ、乳幼児の保育を手厚くするなど、一般的な保育園と変わらないサービスをしています。社会人から保育士を目指すのは相応の労力を要するので、慎重に行動するようにしましょう。

他職種から保育士になるのは可能

保育士免許され取れば保育士になれます。ただし、最速でも1年掛かるので容易に転職出来る訳ではありません。子供が好きな気持ちと、保育士になる覚悟、両方が強くなければ達成出来ないでしょう。

ですが、困難を乗り越えて保育士になれば、その達成感と充実感は何物にも代えがたい宝物なります。子供たちと楽しい毎日を過ごしたいなら、計画性を持って保育士への転職活動を進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動