オープニング保育園で働くメリット・デメリット

ef91118ad43affae40245c5dedbd7874_s

保育園へ就職や転職を考える際に、新設される保育園の求人を見かけた経験はありませんか?新しくオープンする保育園と聞くと、作業体制が整っていなかったり、ドタバタしていて忙しいイメージがあったりするかもしれません。

そうしたデメリットを感じてしまう保育士の人は、少し損をしているかもしれません。オープニング保育園で働くメリットを理解した上で、どうするか検討するのが大切なのです。

そこで、オープニングで働くメリットとデメリットの両方を紹介したいと思います。転職を考えている人はオープニングの保育園に秘められた情報をしっかりと吟味してみましょう。

保育園のオープニングスタッフが得るメリット

新しく出来たばかりなので、保育園にあるすべての物がきれいな新品状態です。最新の設備が設置されているので気持ちよく仕事が出来ますし、子供にとっても快適な環境となるでしょう。老朽化による事故の心配が少なくなりますし、保育を行う上で利便性が考慮された作りになっているのも期待出来ます。

職場がきれいだと自然と気持ちも軽やかになりますので、人間関係も悪化しにくいでしょう。疑わしく感じるかもしれませんが、職場のきれいさは人間関係に影響を与えているのです。転職で心機一転したい人なら、オープニングの求人へ応募するのが最適では無いでしょうか?

また、オープニングの保育園はやりがいの宝庫となっています。例えば季節ごとの行事に関する準備などです。去年に使用した物が何も無いので、すべてを1から作る楽しさを味わえます。壁飾りも自分でデコレーションして行くので、個性を出した装飾を出来るでしょう。大変ではありますが、大きな達成感を味わえるはずです。

良好な人間関係を築くメリットも存在しています。保育士全員が同じスタートラインから働き始めるので、お互いに分からないことを相談しやすい空気が出来るでしょう。オープニング直後は多忙を極めるでしょうが、苦しい仕事を乗り切った連帯感や協調性は、親密な関係に繋がります。

給料や待遇も一般的な保育園よりも良くなっていることが多いので、キャリアアップとしても有効です。将来的に保育士の主任や園長を目指す人なら、オープニングで働く経験は貴重な財産となります。

オープニングで働くデメリット

まず真っ先に注意しないといけないのが、非常に多忙だと言うことです。何もかもが初めてになるので、時には試行錯誤しながらの仕事も出て来るでしょう。そうなると工夫を考える時間や、場合によってはやり直しを行うことも出てきます。前例が無い状態なので、お手本や参考にするものが無いのも、仕事のやりづらさとなる恐れがあります。

上下関係が希薄になりやすいため、的確な指示が無いこともあるでしょう。何も出来ずに慌てているばかりでは他の人の足を引っ張ることになります。最低限、自分で考えて行動する能力が求められので、引っ込み思案な人にはつらい職場になるかもしれません。

人間関係についても注意が必要です。オープニングで働く保育士は、基本的にフラットな人間関係を築けるとされています。しかし、それはあくまでも一般的な場合です。もし、お局様的な主任が在籍していれば、その後の人間関係はドロドロと歪んで行くことでしょう。

オープニング時点の人間関係は真っ白です。黒く汚れて行くか、きれいに明るくなって行くかは働く保育士の性質に委ねられています。必ずしも良い人間関係になる訳では無いのはデメリットになるでしょう。

新しくオープンする保育園に向いている人

体力面と精神面、両方が整っている人が向いています。やはり通常の保育園と比べてやることは多くなるので、モチベーションを高く保ち、それを実行する体力が必須となります。

誰かの指示が無いと不安で行動出来ないような人は向いていないでしょう。逆に、自分で考えて行動するのが得意で、イベントや行事の立案を積極的にしたい人には最高の環境だと言えます。保育士の経験が無い人にも、少し過酷な職場となるので覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動