いじめや陰口などの人間関係で悩む保育士へ

bsN112_kanashiinamida

どんな仕事を行うとしても人間関係のしがらみは少なからず関わって来ます。それが女性同士の職場になれば、人間関係の問題は切っても切り離せない問題となるでしょう。保育士もそんな職業の1つです。

職場には女性しかおらず、男性が居るのは珍しいでしょう。子供の保護者も女性が多いため、人間関係を良好に保たないと長くは続きません。保育士が転職や退職を考える理由で一番多いのが、この人間関係の問題なのです。

こうした人間関係に悩む人は、どうしたら状況を打開できるのでしょうか?人間関係で悩む保育士の人へアドバイスを送りたいと思います。

人間関係に悩んだら職場を変えるのが最適

人間関係の悪化にはレベルが存在します。
・苦手な相手と少し距離を置いている状態
・裏でこっそり陰口を言われている状態
・いじめなどの直接的な言動で傷けられる

状態の3つです。少し距離を置かれているぐらいの状態であれば、歩み寄ることで解決することもあるでしょう。もしくは業務に支障が出ないので無視してそのまま仕事を続けるのも良いです。

しかし、陰口やいじめが行われている状態なら、改善をするのは難しくなります。不可能とは言いませんが、状況改善には時間と労力が必要になるでしょう。そして何よりも、改善しようと努力しても、それが報われるとは限りません。こうした状況になり悩むぐらいなら職場を変える方が健全だと言えます。

保育士は人材不足を叫ばれているため、就職先に困ることは無いでしょう。人間関係で悩まずに済む保育園に転職する方が、人間関係の問題を打開するには最適なのです。

人間関係の悩みを誰にするのか?

身の回りに話を聞いてくれる人がいるなら、それはとても幸せなことです。愚痴を言えるだけでストレスはかなり軽減されるので、感謝の気持ちを持ちつつも話を聞いてもらいましょう。もし、近くに愚痴を思う存分話せる相手が居ないなら、転職を視野に入れつつ転職求人サイトを活用してみてください。転職サイトにはアドバイザーやコンサルタントが居ることがあり、その人達に悩みを告白するのは効果的です。

保育士の人間関係の悩みは、保育士にしか理解してもらえないのではないでしょうか。そこで活用したいのが、元保育士のアドバイザーが居る転職サイトです。人間関係で悩んでいる人が利用する転職サイトなので、話を聞いてもらうにはもってこいです。

アドバイザーも人間関係の悩みを聞き慣れているため、ゆっくりと話を聞いた上で適切なアドバイスをくれるでしょう。職場の人間関係に改善が見込めるのか、それとも転職する方が良いのか、きっちり判断してくれます。悩みを抱え続けるのは人生のマイナスです。つらい想いは誰かに話して、少しでも気持ちを軽くするようにしてください。

いじめを上司に訴えるのは効果があるのか?

業務に支障が出るレベルならすぐに上司へ訴えましょう。しかし、基本的には問題が解決するとは思わないようにしてください。残酷なことを言いますが、上司が女社会のイジメや陰口を解決するのは難しいです。

そもそも、上司の人が働いている保育士の人を大切に思っているなら、イジメや陰口が蔓延しません。既に人間関係でイジメを受けている時点で、その上司には問題を解決する能力が無い、もしくは問題を解決する意思が無い、と判断するしかないのです。

優秀な上司が居る職場ではイジメなどは起こりませんし、もし何かあればすぐに対処が行われます。必要以上に期待すると傷付くのはあなたです。人間関係の悩みから抜け出すなら職場を変えるのが一番です。

理不尽を受け入れてはいけません

イジメや陰口は理不尽極まりない行為です。例え年度途中であっても、理不尽な思いをするぐらいなら職場を変えるのが賢明です。あなたがどんなに頑張っても、理不尽は何も解消しませんし、今後の将来の悪影響を及ぼすでしょう。

つらいことからは逃げても良いのです。賢く避けて通るのは悪い行為ではありません。職場のイジメや陰口がひどくなったら、人間関係の問題に強い転職サイトに登録して相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動