保育士の履歴書を書く際の3つの注意点

9e2c968dd7159233a004ca513acfe5c4_s

転職活動をするのに絶対不可欠なものとなるのが履歴書です。園長の知人でコネ就職でもしない限り、確実に必要になるでしょう。履歴書は書類選考を追加できるかどうかの判断材料にもなるので、注意点に気を付けて作成しなければなりません。

昔は手書きが当たり前と言うか、それ以外の選択肢がありませんでした。しかし、現代はパソコンで履歴書を作成することも増えています。現代で求められる履歴書の注意点とポイントを把握して、書類選考の通過率を上げましょう。

パソコンと手書きならどっちが良いのか?

まず、履歴書の目的から考えてみましょう。履歴書とは、その本人がどのような場所で仕事してきたのか、どのような理由で保育士として働くのかを知るものです。決して文字の美しさをチェックするための書類ではありません。このように考えると、パソコンで作成しても何も問題は無いでしょう。

パソコンで作成すれば、時間を効率良く使うことができますし、「あー間違えた!」なんてこともないのでストレスも感じません。さらに、パソコン業務ができるアピールにもなります。良いこと尽くめですね。

しかし、現実には手書きでは無い書類に不快感を覚える人事担当も居ます。場所によりますが手書きでないと評価すらしてくれないこともあります。古い職場だと、まだまだパソコンでの履歴書は受け入れ難いのかもしれません。

手書きの履歴書のメリットは文字から人柄が見えてくることでしょう。保育士さんなら子供の様子を連絡帳に書いたりもするので、文字は美しい方が良いですよね。そういったことも人事担当は見ています。

このように両方にメリットがありますが、結局どっちがいいの?って感じですよね。答えは「どちらでもいい」です。考えが古そうな職場かな?と思ったら手書き、新規オープンで考えも新しそうな職場だったらパソコン、など場所によって変えるのもありでしょう。パソコンの履歴書でもOKな場所は意外に多いです。就職活動する際は、保育士求人サイトにいるコンサルタントなどに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

情報は正式名称で記載する

学校名は学科やコースまでしっかりと記載しましょう。大学や専門学校で、どの分野の勉強をしてきたのかは重要な情報となります。

これは資格名についても同様です。保育士の人が注意するポイントは、幼稚園教諭免許の記載です。資格を得ている人は知っていると思いますが、幼稚園教諭免許には第一種と第二種が存在します。幼稚園教諭免許、だけを記載してしまうとどちらを持っているのか判断に困ります。書類選考で不利になるリスクは、1%でも排除しておくようにしましょう。

後は初歩的な注意点として誤字脱字をしないようにするのが大事です。パソコンで作成する場合は漢字の誤変換に気を付けましょう。

適切な文字数で文章をまとめる

自己PRや趣味の欄には、適切な文字数で文章をまとめるように心掛けましょう。面接官に自分自身のことを知ってもらいたいがために、膨大な文字数で長文を書いてしまう人が居ます。膨大な文字数になると文字が小さく、文字の字間も狭くなってしまい、読みにくい文章になってしまいます。一番伝えたいことを簡潔に伝える文章を書くようにしましょう。

保育園で働くとしたら、子供の様子を連絡帳に書くことになります。子供の様子を長文で書くのも良いですが、担当人数分を毎日書くのは大変です。重要な情報を短くまとめられる方がポイントは高くなるでしょう。

履歴書の書き方で必要以上に悩まない

履歴書で悩み過ぎるのは良くありません。確かに、就職や転職活動のスタート地点なので緊張しますが、必要以上に悩むのは時間がもったいないです。仮に誤字が1つあったとしてもそれほど大きなマイナスにはならないでしょう。職歴や志望動機を見て興味を持てば、面接を行ってくれます。

履歴書に自分の何もかもを詰め込むのは不可能です。相手に興味を持ってもらうきっかけなので、悩み過ぎないように作成しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動