小規模保育とは?働くメリット・デメリット

d8af6f838a124f2acabeed235cfc38cb_s

待機児童が社会問題になり、保育園や保育士の仕事に注目するニュースが増えて来ました。そんな中、現代の社会事情に適応するように、保育園は様々な形態に進化して来ています。

一例に挙げられるのが、小規模保育です。この小規模保育は、都市部の待機児童を大幅に改善できると期待されているのです。

小規模保育の特徴とは?

その名の通り、通常の保育園よりも小規模なのが特徴となります。小規模保育に該当する子供の定員は6人から19人までなのです。年齢も0歳から3歳未満を対象にしており、かなり限られた条件で成り立つ保育園と言えるでしょう。

保育士1人が担当する子供の人数にも違いがあります。一般的な保育園だと、1歳から2歳の子供は保育士1人で6人を担当するのが通常です。ですが、小規模保育では保育士1人で受け持つ子供は3人なのです。受け持つ子供が少ないので、より質の高い保育が行えるようになるでしょう。

また、場所にも個性が表れています。小規模保育が行われるのは、一軒家やマンションの部屋にあることが多いです。庭があって、大きな教室が何個もあるような保育園とはそもそも形態が違っています。このような小規模保育が2015年に国の認可を受けており、今後増えていくことが予測されます。

小規模保育が誕生した理由

待機児童が問題になって居るにも関わらず、小人数しか子供を預かれない小規模保育が誕生したのは不思議に感じるかもしれません。しかし、この小規模保育は実に効果的で、待機児童の減少が期待されているのです。

まず、通常の保育園を開園するには2年から3年の時間が必要だと言われています。広い面積の空き地を探し、自治体や国の認可を受けて、大勢の保育士を雇わなければならないからです。待機児童が多い都市部で、広い土地を探すのは非常に困難なのは容易に想像できるでしょう。

これに対して小規模保育は、早ければ半年以内に開園が可能です。小規模保育はマンションの一室や一軒家で行われるので、都市部でも場所を確保しやすいのです。雇う保育士も少人数なので、開園がスムーズに行えます。

待機児童が多い場所に広いマンションを借りれば、すぐに保育園が開園出来るのです。これによりピンポイントで待機児童の解消を行えるのです。

保育士から見た小規模保育のメリット

最初に言えるのは、担当する子供の人数が少ない点です。1歳から2歳の子供だと、一般的には保育士1人で6人を担当しなければなりませんが、小規模保育では3人となります。そのため、子供の性格を尊重したり興味を持った物で重点的に遊んだりする保育が可能です。

また、低年齢の子供なので体力的な負担が少し軽くなるのもメリットでしょう。会議や行事が少ないので、残業時間も比較的少なめになるのも大きなメリットです。関わる保育士や保護者の人数も爆発的に増えないため、親密な人間関係を築きやすいのもうれしい点です。

保護者からしても、保育士が担当する子供が少ないのは、きめ細かい保育を期待できるのでメリットとなるでしょう。マンションの一室などだと庭がありません。そこで園外保育を行うことになりますが、いろいろな場所を見て回り、遊べるのは子供にとっても良い刺激です。

小規模保育にもデメリットがある

担当する子供が少なくなるので、一人一人の子供にきめ細かい対応が求められます。専門的な知識や子供の感受性を育てる表現力などが高く無ければいけないでしょう。当然、子供の怪我などの責任も重くなります。

また、小規模保育だと、必然的に小さなコミュニティーの人間関係が構築されて行きます。その結果、もし人間関係でトラブルが起きてしまうと距離を置くのが難しいデメリットがあります。庭が無いので園外保育が多くなるので、怪我に細心の注意を払う必要があるのもデメリットと言えなくも無いです。

大規模な保育園よりも仕事の負担は少なくなりますが、保育士としての成長も遅れてしまうでしょう。引率スキルやイベントの開催や運営スキルは身に付けづらくなります。

小規模保育は現代の需要に答えた最適な形

都市部の待機児童が多い場所に、ピンポイントで開園出来る小規模保育は、今後増えて行くことが予測されます。しかし、2015年に認可が始まったばかりなので、まだまだ求人が少ない現状があります。小規模保育の求人を探すなら、複数の転職サイト等に登録して情報を集めるようにするのが良いでしょう。子供を真剣に向き合った保育がしたい人にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動