私のやり方が保護者に理解してもらえなかった

caba351ac04cb969719f34e0d68f20e0_s

転職理由(30代 女性 大阪府)

私は保育士になって10年になります。
1年目は4歳児クラスの担任補助でした。覚えることがたくさんあり大変でしたが、毎日が楽しく、このやりがいにすごく満足していました。
2年目は1歳児の担任補助でした。乳児が大好きで保育士を目指した私にとって、1年目よりも楽しく、子どもがかわいくてかわいくて毎日幸せでした。
3年目になり、4歳児クラスの担任となりました。ここから私の人生が変わることになります。

4歳児の子どもたちは保育園にも慣れていて、自分のことがどんどん自分でできる年齢です。
時には見守り、時には手を貸し、私はそんな保育のやり方をしていました。
園長先生にも、いい心掛けだと褒めていただき、自分なりに試行錯誤しながら頑張っていました。

けれど、保護者の中にはそんな私の保育のやり方に不満を持たれる方もいたのです。
保護者会が行われた日「子どもを放任して、子どもをみていない」とある保護者の方に言われてしまいました。

保護者の方にとって、大切な大切な子どもさんをお預かりしているのです。
怪我のないよう、嫌な気持ちのまま自宅に帰らないよう、明日も元気に園に来てもらえるようやってきました。
けれど、私の「時には見守る」という行動が保護者の方には理解してもらえなかったようです。

私はその日から鬱のような状態になり、その園を退職しました。

今現在は少人数保育の園で保育士をしています。
自然がいっぱいで子どもたちも伸び伸びしていて、私も伸び伸び保育士として働かしてもらっています。
子どもたちとの関係だけでなく、保護者の方とも関係を築かないといけません。
正直難しいことですが、私も理解してもらえるよう、保護者の方の意見も聞かせてもらいながら、保育士として成長していきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動