リーダー保育士が怖くて仕方ありませんでした

7ad51474322683a08c79405a85a1ba4e_s

転職理由(30代 女性 東京都)

それまで、わたしはすごく恵まれた環境で保育をしていました。自分の保育の未熟さで嫌になることは多々あっても、フォローしてくれる仲間がいました。そうでなくても、一生懸命保育をすることを認めてもらえました。分かち合い、助け合える関係が作られていました。特に前年度は、初めての地域、初めての以上児担任、久しぶりの大きな保育園で不安でいっぱいでしたが、周りに恵まれて保育士としてやっていくことに自信を持てたところでした。

そんな中、勤務が決まったのは、同じ地域内でもとにかく大変だという保育園でした。私は、前年度の保育園から離れたくない気持ちはありながら、ある程度の自信を持てたところでしたし、念願の年長の担当にやる気でした。

…と、一変したのは、まだ顔合わせ程度の職員全員の集まりのときです。私の担当するお子さんは重度の自閉症で、私は初めて接します。クラス内外、前年度の担任がいるので、「助けをもらいながら―」という挨拶の後です。リーダー保育士が渋い顔をしました。私は自分が安易に助けをもらおうとしているような軽はずみな発言、態度だったかと反省もしたものです。

そうして毎日が始まりましたが、私は担当のお子さんとなかなかうまくいきませんでした。他の保育士には付いていくのです。色々と試しても空回りで、どうにもこうにもいきませんでした。クラスには私の他に3人の保育士がいるので相談して助言も受けましたが、うまくいきません。リーダー保育士の目が怖かったです。そんなとき、変な失敗もして、何もうまくいかない気までしました。事務室から園庭の私と同じ立場の保育士を見ながら非難するリーダー保育士たち上の保育士を見て、怖さは増します。2人で話しているだけで泣けることもありました。職場の飲み会でも目も合わせられません。誰とでも仲良くしていたのが、若い保育士とばかりつるんで文句を言い合うようになりました。私は今までできたことのない首ニキビに悩まされ、ストレスに効く胃腸薬が手離せませんでした。節約家だったのに「私が払うから外食しよう」と夫に頼んで平日に高いものを食べに行くことも増えました。

リーダー保育士は保育園内外でもできる保育士として有名でした。だから、リーダー保育士が休みのときに他の保育士が同じような手順で進めても主任に「なんであんなことしたの」「あんな保育をするなんて実習生か」と言われます。作り物を進めていて周りが褒めても、リーダー保育士に「雑だから全部直して」と言われれば、誰も何も言いません。

次年度、希望の保育園に戻ることができたのは本当に運が良かったです。おかげさまで、リーダー保育士の保育を受け継いで、経験を活かした保育ができました。その経験がなければうまくいかなかったと思います。そして、私はまた引っ越しをしました。終わり良ければ…ですが、もう正直きついですね…。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動