働きやすい保育園を選ぶための3つのポイント

c443ceb301d3310efab4ac6519c45e3d_s

いざ転職しようとしても、どうやって転職先を探せばよいのかと、疑問に思う方もいらっしゃると思います。そこで、働きやすい保育園を選ぶためのポイントを大きく3つに分けて紹介したいと思います。

① 保育方針

保育の仕事をするにあたり、最も仕事内容に関わることです。保育方針と言っても、ホームページなどに掲げている文章だけではなく、どのような活動をしているかも大事です。

散歩などの野外活動や、行事を通しての心身の成長、食育、しつけ…さまざまな活動を通して、どのような保育をしているのかは、園によって全く異なります。ですので、ホームページを見たり、見学に行ったりする際は、どのような活動をし、どのようなことに力を入れているかを知ることが必要です。

どのような保育が良いという正解はありません。ですが、自分の考える保育の形と全く異なる活動をしているようでは、園の保育方針とズレが生じてしまうでしょう。ある程度、自分の考える保育の在り方と類似した園を選択しましょう。

② 人間関係

保育園は女性の多い職場です。ですので、特に人間関係は気になるところでしょう。実際のところ、人間関係で転職を考える人も、決して少なくはありません。そこで、人間関係が良い保育園の見極めのポイントをいくつか紹介します。

職員の年齢層

若い先生が多い場合は気を付けましょう。働きやすい職場だと辞める人も少ないので、勤務年数が長くなります。そうすると、自然と年齢層は高めになるのです。

求人広告の頻度

求人でよく見る保育園は、注意が必要です。求人が出ているということは、辞めた人がいたりして欠員が出たということです。職員の産休や退職、増築に伴う人員募集など、理由は様々ですが、頻繁に求人を出しているところには注意しましょう。もしかしたら、辞める原因になる先輩保育士さんがいたりするかもしれません。

先生同士の会話、雰囲気

あらかじめ見学に行ったり、面接の時点で、他の職員に会う機会があると思います。その時の職員の雰囲気や表情を見てみてください。挨拶、笑顔、職員同士の関わり方を見ると、その園の雰囲気がある程度わかると思いますよ。

面接官

試験の面接官は、園長先生や主任の保育士さんの場合が多いでしょう。ですので、面接の際に、喋り方がキツかったり、雰囲気が怖いと感じれば、きっと、職場でもそのような雰囲気なのでしょう。言葉だけでなく、話していて嫌悪感があれば、それはきっと当たっているでしょう。働くうえで付き合っていく人になるので、時には直感も大事にしてみてください。

③ 労働条件

サービス残業

保育園は常に園児がいるので、事務仕事や作り物が進まない時があります。そんな時、仕事が進まずにサービス残業をしている職員は多いのです。もし、転職先の候補が足を運べる距離なら、何度か保育園の閉まる時間に通ってみてください。

子どもは19時で全員帰るはずなのに、夜19時を過ぎても明りの点いている園は、職員が残業しているのでしょう。
しかし、残業禁止という園も多いので、持ち帰って仕事をする職員もいます。ですので、園で残って仕事をしていることだけが、サービス残業というわけではありません。

給与

求人を見たなら、給与は知っていると思いますが、保育士は基本的に給与は15~20万という園が多いでしょう。初任給を見て納得して働いたとしても、長く続けたいのであれば、昇給も気になるところですよね?昇給は能力にも関わってくるとは思いますが、きちんと昇給できる体制が整っているかを確認しましょう。

有給休暇

有給休暇は、働くうえでは正当な権利と言えます。しかしながら、有給が取りにくかったり、嫌な顔をされたり…有給休暇を認めてもらえない園もあるのです。忙しい時期はできる限り有給のタイミングは考えるべきところですが、有給が取れない園はブラックだと考えてよいでしょう。有給休暇について面接時に質問しても良いでしょう。その時の面接官の表情にも注意して見てみてください。

福利厚生

私立の保育園では、健康保険や年金制度、社会保険制度などが整っていない場合があります。国民年金や国民健康保険の支払いをするとなると、そこでまた給与から引かれてしまいます。社会保険の有無を知ることが大切です。

産休

産休を取る時に、代わりの職員がいればよいのですが、臨時で職員の代わりを探すとなると、園の方は大変です。そんな時、妊娠=退職が暗黙のルールという園も少なくはありません。「産休取得実績有り」という言葉を信じずに、確認しましょう。しかし、面接の場面で質問するのであれば、聞き方には注意しましょう。面接で落とされてしまう原因になりかねません。

保育士転職支援サービスの利用

もし、それでも転職活動に不安がある方は保育士転職支援サービスの利用をおすすめします。

求人から就業までサポートしてくれるサービスで、コンサルタントの方がいらっしゃるので相談しやすいでしょう。子育て中・未経験・ブランクありなど、それぞれ働くために悩みがあったり条件があると思います。そんな中で、相談しながら仕事を探すサポートをしてくれるので、何からすればよいのか迷った時は、一度相談してみるのも良いでしょう。自分に合った良い保育園が見つかるかもしれません。

まとめ

転職理由は様々で、何を重視するかによって保育園の選び方は変わってきますが、転職先を選ぶための材料にしていただけたらと思います。
そして、後悔のない転職活動になることをお祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動