30代の保育士が転職する際に気をつけるべきポイント

d361952964be3aba5182ca0977fc8c44_s

30代になった保育士は、非常に経験が豊富なことが多いです。結婚や出産で実際に子育てをした30代なら、尚更保育士としての評価が高まることでしょう。

しかし、ゆっくりもしていられないのです。30代になってくると徐々に転職が厳しくなってきます。保育士を募集する側も、体力が豊富な若い人を募集する傾向にあります。経験があるベテランは既に保育園内に居るからです。そのため、30代の後半になって来ると、なかなか転職がうまく行かない状況になるかもしれません。

まずは、30代の保育士が転職する時のポイントを知っておきましょう。

30代の転職はラストチャンスと考える

若い人だと新しい職場にも柔軟に対応できると考えられています。年齢が上がって来ると年齢と職場の上下関係が逆転し、うまく行かないケースがあるからです。主任のポジションが空いていれば良いですが、なかなか都合よく見つかるものでは無いでしょう。30代で転職を行う時は、これがラストチャンスだと言う覚悟で臨むのが良いです。

そこで重要になるのが、保育士として働く際に何を一番大事にするかです。待遇が良い場所で働きたいのか、自分の考え方に合う場所で働きたいのかです。転職が成功したのに、すぐに辞めてしまったら非常にもったいないことになります。そうならないためにも、何を重視して働きたいかを明確にしましょう。そして、その明確になった重視する点を満たす職場を見つけるのがポイントです。

家庭とのバランスを想定しておく

30代の保育士であれば、大抵の人は結婚しているでしょう。子供が居て子育て経験がある保育士も多いはずです。20代で保育士を退職して、子供が小学校になってから復職するのは良くあるパターンです。もし、結婚していて、さらには子供が居るようなら仕事と家庭のバランスを考えておきましょう。

保育士の仕事をすることは、その分家に居る時間が少なくなることを意味しています。掃除や炊事洗濯、夕食の準備などが旦那としっかり分業になっていれば問題ありませんが、そうで無いなら危険です。仕事で残業があり、夕食がコンビニになることが続いたり、掃除や洗濯が疎かになったりすると、夫婦関係が悪化してしまいます。また、自分の子供とのコミュニケーションが減り、寂しい思いをさせてしまう可能性もあるでしょう。

仕事と家庭の両立がうまく出来るか、事前にしっかりと想定した上で転職を行うのが良いです。

広い視野で求人情報を見てみる

保育士の転職先は多岐に渡ります。保育園や幼稚園以外には、学童保育や児童相談所、託児所などがあります。フルタイムでがっつりと仕事するなら深く考えずに、自分がやりたい場所へ行くのが良いでしょう。しかし、家庭と仕事を両立させるのであれば、ある程度自由に使える時間がある就職先を探す方が良いです。

例えば、正社員ではなくパートやアルバイトでデパートなどの託児所で働く場合です。週3日程度にすれば、家での自由時間も多いので仕事と家庭の両立がやりやすくなります。働く時間や曜日も調整できる可能性が高いので、そうした点でもメリットがあるでしょう。

企業が設置した事業所内保育所も魅力的です。薄給で知られる保育士ですが、事業所内保育所は比較的待遇が良いとされています。転職サイトを利用すれば様々な求人を見られるので、視野を広げた上で転職するのがポイントになります。

10年先まで予想してみる

稼ぎたいから給料が高い場所へ転職するのも1つの手段です。ですが、10年後もそこで働き続けているか考えてみましょう。30代後半、40代になれば転職はどんどん難しくなってきます。その職場がとても良い場所だったと想定して、仕事と家庭を両立させられるかを判断基準にしてみてください。

給料が良い場所に1年勤めるよりも、そこそこの給料の場所に10年勤める方が良いケースもあるのです。家族と相談しつつ最適な転職場所を探すようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動