保育士の転職活動はいつから始めるのが良い?

2bcfec0dc9eb29e7b348d5817a9a1f2e_s

保育士の人が転職を行うなら、1月から3月が最適だと言えるでしょう。新学期が始まる前に保育士の体制を整えようと求人が増えるのです。この時期は大学や専門学校を卒業する人が就職活動を行うタイミングでもあるので、やや競争率は上がるでしょう。

しかし、今の保育園の現場は即戦力を求めている場所が多く存在しています。保育士としての経験があれば優遇されるため、就職希望者が多いからと言って尻込みすることはありません。そんな保育士の人にとってベストな転職時期について、じっくりと考えてみましょう。

いつから転職活動を行うのが良いか?

1月から3月に求人が増えると言っても、1月の求人に応募するのと3月の求人に応募するのは全然違ってきます。かと言って、毎日求人情報とにらめっこするのでは時間も労力もたくさん消費してしまいます。そこで役立つのが転職求人サイトへ登録し、転職エージェントを利用することです。転職したいと考えているなら、1月の時点で転職活動を始めましょう。実際に転職するかどうかは後で決めれば良いのですが、いつでも転職できる状況にしておくのが重要です。

転職エージェントに希望する職場を伝えておけば、該当する求人が出たらすぐに連絡をもらえます。良い求人には応募して、面接に受かったら保留にしておくと良いでしょう。3月まで待てば数ヶ所の保育園に内定を貰っている状態になりますし、相手の保育園がどうしても来てほしいと思えば年収アップも出来るかもしれません。特に、個人では交渉しづらい年収アップを、転職エージェントがやってくるのでぜひ利用しましょう。

何歳ごろが適切なのか?

ベテランになればその分、保育士としての経験値が多いので就職は有利になると思いますが、これは一般的な企業の話です。20代後半や30代前半だと、結婚の問題が付きまとうので転職が不利になる危険性が少なからずあります。保育園側としては、雇った保育士には出来る限り長く働いてもらいたいと思うでしょう。しかし、20代後半から30代で独身だと、近い内に結婚して退職してしまうリスクが懸念されます。

そのため、保育士の人が転職するのに最適なのは、25歳前後だと言えます。保育士としての経験が数年あり、結婚を焦る時期でも無いため保育園側は安心できるのが大きなポイントです。

また保育士は意外と体力を使う仕事です。子供の面倒を見たり、机やお昼寝用の布団を出したりと、体をたくさん使います。20代の方が新しい職場に適応するのは早いかもしれません。

30代で再就職を考えるのもあり

結婚して退職した保育士が、30代で再就職を考えるのも良いでしょう。転職サイトによっては保育士専用の研修を用意していることもあるので活用してみてください。保育士の転職には25歳前後が良いと言いましたが、これはあくまでも一般的にはです。能力が高い人であれば年齢に関係なく転職は可能ですし、年齢によって就職を断られるケースも少ないでしょう。

ただし、年齢が高くなれば高くなるほど、職場の人間関係に悩むリスクがあると覚えておいてください。自分よりも若い人が保育士のリーダーをやっていて、指示に従うような場面も出てきます。会話の内容が合わずに苦慮することもあるでしょう。30代の転職では、職場に同年代の人が居るか確認するのが良いです。

人によって転職に最適な時期は違う

結論が、人によって違うと言うのは腑に落ちませんが、これが一番真実に近いのです。最適な転職時期は人それぞれのため、それを自分自身で見極める感覚も必要になってきます。自分では分からないと思っても心配はありません。転職エージェントやアドバイザーに相談すれば、適切な助言をしてくれます。

もしかしたら、今が保育士として転職する最適な時期の可能性もあるのです。転職する気が無くても、転職エージェントに話を聞いてみることで世界が広がるかもしれないので、空いている時間に利用してみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動