転職の選択肢として企業内の保育所はあり?

646d2f45ad9ba1e1476827b3d09f0b79_s

女性の社会進出が始まったのは非常に良いことですが、実情はまだまだ働きにくいのが現実です。しかし、最近の企業は働く女性の環境を整えるようになっています。その環境整備の1つとして、企業が保育所を併設しているのが挙げられます。事業所内保育所とも呼ばれており、これは働く女性のために企業が保育所を管理しているのです。

子供と一緒に通勤して、子供と一緒に帰る新しい仕事スタイルとして注目を浴びています。保育士の人は、保育園だけが就職先ではないのです。そこで、この事業所内保育所に就職する際に注目するポイントを紹介します。

自分にとって何が大切かを考える

保育士を目指す以上、子供が好きなことが前提になっていますが、それ以外の働く条件が何かを考えてみてください。給料が大事なのか、福利厚生が大事なのか、それとも残業時間が少ないのが良いのかです。それが決まったら、それを満たす職場が無いか探してみるようにしましょう。

保育士の就職先は、保育園や施設が一般的ですが、最近では事業所内保育所の選択肢も出て来ています。転職情報サイトにも事業所内保育所の求人情報に強いサイトが出てきているので、積極的に利用しましょう。

職場選びのポイントで基本となるのが、何を基準に選ぶかなのです。何が大切かを自問自答して書き出してみると良いでしょう。

給料や福利厚生が大切なら事業所内保育所が良い

保育園ではなく企業に就職することになるので、通常よりも福利厚生が充実している場合があります。企業によっては生理休暇があったり、ユニークなものだと失恋休暇、ネイル手当、デート休暇が認められている企業もあるのです。月に1回、エステを無料で受けられるなどのサービスがあったり、保育園では考えられない環境に就職できるかもしれません。

給料の面でもかなり優遇されると考えて良いでしょう。そもそも女性を支援する目的で事業所内保育所を設営しているのですから、保育士の人が無下に扱うことはありません。その会社の基準に合わせて給料が支払われるので、一般的な保育士よりも収入は増える可能性が高いです。子供が好きだけど、給料面や待遇面でつらいと言う人は事業所内保育所を探してみてはいかがでしょうか?

人間関係が良好な職場が良い場合

保育士にとって避けては通れないのが人間関係の問題です。これを解決する方法の1つとして、男性が居る職場に行くのが良いとされています。男性が1人でも職場に居ると、女性は男性の目を気にしてか過剰な嫌がらせや陰湿な態度を取らなくなると言われています。そのため、男性保育士が居る保育園を探すと、人間関係の泥沼を回避できる確率が上昇するでしょう。

また、企業が保育園を併設する事業所内保育所を検討するのも効果的です。企業であれば男性職員が居る確率が高くなるので、職場の人間関係も自然と穏やかになっていくでしょう。事業所内保育所では保育士の人数も少ないですし、園長と呼べる立場の人は企業の社長となります。小さいコミュニティーでは信頼関係を気付きやすいメリットもあるのです。

保育士の理想的環境が見つかる

薄給で労働環境が悪いと言われている保育士ですが、その条件が覆る求人が出て来ています。それが、企業が保育所を設営する事業所内保育所です。通常の保育園よりも高給で福利厚生が充実しており、男性が居ることで人間関係も緩和されています。デメリットを挙げるとしたら、面倒を見る子供が比較的少ない点や庭園が無いので遊びを工夫する必要がある点でしょうか。企業の社長が保育所の知識が不足しており、不便な状況が生まれる可能性もありますが、それを補って余りあるメリットが得られます。

まだまだ求人自体が少ないので、狙うなら事業所内保育所の求人に強い転職求人サイトを利用しましょう。非公開求人になっている場合もあるので自力で探すのは困難です。転職エージェントの紹介がある方が信頼されるので、良い環境で保育士をしたいなら狙ってみてはどうでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動