事業所内保育所に転職するメリット・デメリット

ed941390d5d4bdda7c2dda7c5fbb8e74_s

事業所内保育所って御存知ですか?今、保育士の転職先として非常に注目されています。転職した人からは「普通の保育所よりかなり働きやすい」といった声が聞かれます。

なぜ、ここまで事業所内保育所が人気なのか、特徴と転職する上でのメリットとデメリットについてご紹介します。

そもそも事業所内保育所ってなに?

事業内保育所は企業に勤務する従業員の子供が入所をする保育所です。企業内やその近隣に設置されることが多く、企業内保育所とも呼ばれています。事業所内保育所に入所する子供は従業員の子供のみで、外部からの入所はできません。企業の規模によって保育を必要とする子供の数は異なりますが、市町村の保育所に比べると預かる子供の数が少なく、小規模で運営されていることが多いようです。

ひと昔前では事業所内保育所といえば、病院など医療機関に設けられていた保育所を指しました。しかし、今はワーキングマザーが増加している中で一般企業の中にも保育所の設置を求める声が多く、近年では多くの企業が事業所内保育所を設立しています。

事業所内保育所の特徴

事業所内保育所といっても保育士の仕事は一般の保育園の仕事とは大きく異なりません。お迎えの時間は企業の定時の時間が多く、企業内に設置された保育所ですからお迎えもスムーズに行われます。場所によりますが事業所内保育所では保育士の残業はほとんどなく、定時に仕事を終えられるところも特徴のひとつです。

また、保護者との連絡が容易に取れることも特徴のひとつです。常に近くで勤務をしているので、保育時間中に具合が悪くなった子供がいれば、すぐに連絡を取ることができます。

事業所内保育所のメリット

子供が少なくゆとりをもてる

一般の保育園を退職する理由にあげられるのがハードな勤務状況です。保育士1人に対して数十名の子供を担当するといった過酷な労働環境の保育園もあります。保育士への負担が大きくなると、子供へ目が行き届かなくなり、思わぬ事故へつながることもあります。そうした事態に直面した保育士は自分を責め、保育の仕事を続けられない程の傷を負い、退職の道を選んでしまいます。

「もっとゆとりをもって子供と接したい」そうした想いを抱かれている人には事業所内保育所が合っているかもしれません。事業所内保育所では少人数で経営されていることが多いので、ゆったりした保育を行ることができます。子供ひとりひとりへ十分に目が行き届き、保育士自身もイキイキと仕事ができます。

行事が無い!

一般的な保育所には運動会や発表会などの行事がありますよね。そのたびに保育士は残業をして行事の準備を行います。事業所保育所では運動会やその他の行事が無いところが多く、開催されたとしても簡略化されています。

企業内に作られた保育所ですから園庭もありませんし、もちろん体育館などの施設もありません。となると行事を行うスペースも保育室の小さなスペースとなりますから、準備を任される保育士の負担も軽減されます。

魅力的な福利厚生

事業所内保育所に勤める保育士はその企業に属するケースがほとんどです。よって、給与など福利厚生は企業の従業員に準ずるものとなります。大企業の中にある事業所保育所であれば、保育士も大企業の一従業員となるわけですから、高待遇が期待できます。

事業所内保育所に勤める保育士の給与は一般的に18〜21万円といったところですが、大企業内にある保育所となるとさらに高給与となり、24〜25万円が支給されるケースもあります。

さらに正社員で雇用されると賞与や昇給も期待ができ、長く働き続けるメリットもあります。また、休日は土日の企業が多いので、必然的に事業所内保育所で働く保育士も土日が休日となります。

人間関係が良い

一般的な保育園は女性社会と言われており、時に人間関係がギスギスしていることがあります。実際に保育士が転職を決断する理由でもっとも多いのが人間関係です。企業内保育所や病院内保育所では、一般の保育園と比べ職員が少ないので、派閥など人間関係がギスギスすることが少ないです。

こちらの転職体験談では、実際に保育園を人間関係で辞めて、事業所内保育所に転職し、成功しています。

事業所内保育所へ転職するデメリット

事業所内保育所への転職は様々なメリットがあります。しかしデメリットがあることも知っておく必要があります。それは一般の保育所で働いた経験がある人にとっては若干の物足りなさを感じる点です。運動会や発表会などの子供たちの成果を発表する場がありませんし、少人数の保育ではつまらないと感じる人もいらっしゃるかもしれません。しかし、全ての人がそのような物足りなさを感じる訳ではありません。人によっては事業所内保育所での仕事が「ちょうどいい」と感じる人もいます。

事業所内保育所へ転職するためには

保育士の資格を生かすことができ、勤務条件などが魅力的な事業所内保育所は人気の求人です。競争率が高く、転職へのハードルは高いかもしれません。最近は事業所内保育所を専門にしている転職求人サイトもあります。上手く活用すれば、良い求人を紹介してくれるかもしれません。

保育士求人サイトには、コンサルタントという転職のサポートをしてくれるスタッフがいます。登録をすることで担当のコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれます。数々の保育士の転職をサポートしてきたスタッフは今までの経験談をもとに適切なアドバイスをしてくれます。

例えば、残業が嫌な方は残業がない保育所はないか、相談してみましょう。イベントや行事をしたくない、土日休みたいなど細かい相談も乗ってくれます。無料で登録ができるので、気軽に相談してみるのもいいでしょう。

まとめ

働く女性が増え、子供を預ける保育所が求められている時代です。事業所内保育所へのニーズはこれからも増えると思われるので、そこで働く保育士への求人も今後さらに多くなるでしょう。一般の保育所とは異なり、メリットがたくさんある事業所内保育所。一般的な保育園に疲れてしまった人はピッタリな職場かもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

転職で失敗しない保育士求人サイトの選び方

「求人サイトって数が多すぎてどれがいいかわからない」
「おすすめの求人サイトって?」
「口コミや評判って信用して良いの?」
「自分に合った求人サイトって?」

など求人サイトを選ぶポイントをご紹介します。

失敗しない選び方を見る

転職活動